« 熊野本宮大社  | トップページ | ホテル浦島 ~忘帰洞~  »

2009年12月19日 (土)

熊野速玉大社 

Dsc_0205

本宮を出て次の目的地『熊野速玉大社』へと向かいます。途中、あの仙人風呂に入った川湯温泉を右手にしながらです。また川を堰き止めて作った仙人風呂に入りたいと思いました。狭いことが売り物の三角部屋の宿も懐かしく思い出されます。

168が42号線に交差したところで北に向かうと間もなく速玉大社に到着です。熊野川が太平洋に注ぎ込む場所に新宮の町はあります。新宮の名は神倉山に祭られていた神々をここ速玉大社に新たに遷したことから付けられたと云われています。

参道を歩いていると一本の大きな梛(なぎ)の木が見えてきます。1159年、平清盛、重盛父子が戦の勝利を祈願してご神木である梛の葉を鎧に挿して勝利を収めたことから重盛自らの手で境内に植えられたと伝えられています。

本宮大社の厳粛な感じと異なり、速玉大社は開放感のある明るい感じに思えました。大社に隣接するように佐藤春夫記念館や川原家横丁があります。川原家は熊野川が氾濫した際に家をパタパタッと折り畳んで引き揚げ、氾濫が治まればまたパタパタッと家を建てるように出来た折り畳み建物です。住宅の専門家でない家に住む人自らが手がけられるそれは現在のプレハブよりも凄い技術です。

Dsc_0181 Dsc_0190 Dsc_0196 Dsc_0208 Dsc_0219 Dsc_0238

|

« 熊野本宮大社  | トップページ | ホテル浦島 ~忘帰洞~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/47071021

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野速玉大社 :

« 熊野本宮大社  | トップページ | ホテル浦島 ~忘帰洞~  »