« 年賀状 | トップページ | 森からのたより  »

2009年12月13日 (日)

神戸市立森林植物園 

Dsc_0034

ロウバイが咲き始めた、との情報が植物園のHPにあったのでDSCと行ってきました。途中、六甲山から神戸の海がキラキラと輝いている光景がヘルメットのシールド越しに飛び込んできました。思わずバイクを止めて写真を撮りました。少し霞が掛かっていたので海と空との境がはっきりしません。それゆえに船が空を飛んでいるような不思議な光景でありました。

Dsc_0004 Dsc_0010

今日は久しぶりにゴミ問題に遭遇しました。折角の写真に大きなゴミが写り込んでいます。悲しい・・・ ゴミ対策を講じた憧れのD90、価格コムでは67,000円弱まで値段が下がってきています。先日、尼崎の貯金箱博物館で貰った貯金箱をそっと開けてみましたら500円玉貯金の成果が27,000円となっていました。う~ん、まだ先は遠そうです。

植物園に到着するとメタセコイアの枯葉の絨毯が素敵に広がっています。サンタさんとトナカイもいます(冒頭写真)。クリスマスムード一杯の植物園です。

Dsc_0030 Dsc_0028

いつもは長谷池まで行って帰るショートコースですが、今日はロウバイが「うさぎのくに」で咲いているとのことで、外周の大回りコースを選択します。

森林展示館からあじさい坂を下って行きます。いつもなら真っ直ぐに行くコースを右に舵を取りさくら園へと向かいます。桜の季節にここを忘れていたことを思い出しました。来年の4月にはここにも来てみたいと思います。ススキの原を見下ろしながら先を進みます。アジア区に入るとすぐに「うさぎのくに」の看板が目に入ります。ウサギが大きな小屋の中で飼われています。フウの木が聳えています。その隣に目的のロウバイがありました。まだチラホラとしか咲いていませんがあの可愛い姿を見ることが出来ました。

その後、西門経由で日本の針葉樹林区を周ります。青葉トンネルを抜けずに展望所まで山を上っていきます。なんとここから海が見えるのです。再度山の横にキラキラと光る神戸港が見えます。一旦、長谷池に出てもう枯葉も枝に着けていないもみじを見上げながら香りの道を進みます。途中ここでも素敵なロウバイの木を見つけました。三脚を立ててロウバイと向き合うと素敵な表情を見せてくれます。長谷池辺りには人もいますが、この辺りを歩く人は殆ど居ません。もう少し季節が良いと違うのかもしれませんが、今日は森を独り占めです。天津の森に辿り着くといつものロウバイに挨拶します。こちらはまだ殆ど蕾の状態でした。

Dsc_0041 Dsc_0057 Dsc_0075 Dsc_0074 Dsc_0071 Dsc_0079 Dsc_0084 Dsc_0085 Dsc_0087 Dsc_0091 Dsc_0096 Dsc_0110 Dsc_0103 Dsc_0112 Dsc_0119 Dsc_0139 Dsc_0142 Dsc_0149 Dsc_0151 Dsc_0156 Dsc_0160 Dsc_0165 Dsc_0188 Dsc_0196 Dsc_0194 Dsc_0198Dsc_0226 Dsc_0237 Dsc_0242 Dsc_0244 Dsc_0247 Dsc_0259 Dsc_0265 Dsc_0272 Dsc_0293 Dsc_0376Dsc_0407 Dsc_0414 Dsc_0433 Dsc_0421 Dsc_0447 Dsc_0452 Dsc_0467 Dsc_0463 Dsc_0472 Dsc_0480 Dsc_0508 Dsc_0533 Dsc_0541 Dsc_0542   

|

« 年賀状 | トップページ | 森からのたより  »

コメント

冬の植物園 寒いけれどもいいですよね
もっとも真冬になると日陰の部分の路面が凍っていたりしますから ちょっと怖くていけないですが・・

香りの道 夏に歩くものではないですわ
暑くてあつくて たまりませんでした
ブットレアだったかが咲いていると歩いたのですが参りました

ロウバイがもう咲いていたのですか
やはり今年は咲くのが早いですね

カモシカ君 健在ですね
寒いときのほうが元気そうですね

投稿: TOSSY | 2009年12月14日 (月) 16時07分

大回りコースは上り下りがもっとキツイと
思っていましたが、意外と楽チンでした。
でも夏の季節は一寸しんどそうですね。

ロウバイ、マクロレンズで花たちに近付いて
撮るのですが、甘い香りに気持ち良くなりました。
蝶や蜂たちの気持ちが良く分かりました(笑)

カモシカたちは最初見えない位置にいたのですが
出てきて~と祈りましたら本当にちょっぴり
だけ出てきてくれました。
写真を撮り終えましたら再び寝蔵へと
帰っていってしまいました。
時々、こんな風に願いが叶います。
嬉しい瞬間です。

投稿: tetsu | 2009年12月14日 (月) 21時14分

年を越す前に蝋梅ってさくのですね!
知りませんでした。
そしてカモシカ君がいるというのも
びっくりです!
今後ろを通った嫁さんが
「このカモシカ名前教えたろか?
『あきこ』っていうねんで♪」
と言って立ち去りました。
(嫁さんはしってたようです(笑))

冬というかいっそう深まった秋の感じの
森林植物園、いいですね。
最後の0542のお写真、僕好きです

投稿: kazuh | 2009年12月29日 (火) 12時27分

僕もkazuhさんと同じく新春の花と
思っていましたが、植物園のHPにロウバイが
咲き出しました、とあったので観に行った
次第です。

奥様との会話、ほのぼのとしていていいですね~
カモシカは3頭いるらしく柵に3頭の名前と性別、年齢が書いてありました。
一頭はあきこさんなんですね。
どうもありがとうございました。
奥様にもくれぐれもよろしくお伝えくださいませ(笑)

植物園は四季それぞれに素敵な姿を魅せて
くれます。白い雪に包まれた植物園も
素敵だと思いますが、バイクではそんな時
行けそうもありません。

投稿: tetsu | 2009年12月29日 (火) 22時37分

最新情報です。
嫁さんは年1度くらい遠足で園児を引率して
植物園に行っているらしいのですが、
「そういえば最近行ったとき名前かわっとったわぁ(笑)」
あきこさんはどうなってしまったのか...
悲しいかもしれない情報を明るく告げる
嫁さんでした(苦笑)

投稿: kazuh | 2009年12月29日 (火) 23時33分

もしかしたら名前も撮っているかも、
と思い写真を見直してみました。
檻の処に『六助1988年5月14日生雄』
『アキコ2号1983年6月10日生雌』
『あやめ1992年5月11日生雌』と
3頭分のネームプレートがありました。
悲しい情報が真実ならプレートは無いか
植物園の方が取り外すのを忘れているか
どちらかですね。
僕が見たのは2頭だけ、ちょっと気になります。
ネームプレートの横には平成19年9月に
アキコ2号が飼育されているニホンカモシカの
最高齢とのことで表彰状が一緒に貼られて
いました。

投稿: tetsu | 2010年1月 3日 (日) 19時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/47011591

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸市立森林植物園 :

« 年賀状 | トップページ | 森からのたより  »