« 六甲山への道 | トップページ | 六甲山 氷の祭典Ⅱ »

2010年2月12日 (金)

六甲山 氷の祭典 Ⅰ

Dsc_0106_2 

『六甲山 氷の祭典』は今年第6回目を迎えます。この大会は第1回目の時から知っていますが、その殆どが天気に恵まれず中止になった回もあります。そこで打ち出されたのが天井のある駐車場での開催です。今までは天井の無い駐車場での開催でした。これで天候に左右されることはなくなりましたが、写真を撮る立場からは暗闇の中に浮かぶ光り輝く氷像を撮る事が出来なくなり、駐車場の無骨な骨組みがそのバックにある難しいシチュエーションとなってしまいました。その為に氷像全体を撮る事よりも氷の中で様々な表情を魅せてくれる色たちが遊ぶ姿を撮る事が多くなりました。

路面状況に注意しながらやっと辿り着いた会場の駐車場。車から一歩降りるとそこには厳寒の世界がお出迎えです。用心のために持参した滑り止め付きの軍手を装着し出陣です。辺りの木々が氷に中に包まれて会場以外でも氷の祭典が催されているようです

今宵の出費 駐車場500円、入場料(当日に限り出入り自由)500円

会場は大きくありません。氷像を陳列している列(その左右に氷像があります)が2本、温かい軽食が取れる店が並ぶ列が1本あるだけです。夜の闇に浮かぶ氷像をイメージして夕方に来ましたが天井付きの駐車場ではあまりその違いも出そうにありません。帰り道を考えると道が目視できるうちに帰った方が良さそうです

混雑の状況ではなかったので三脚(久しぶりにスリック713の登場、やっぱり気持ちいい使い勝手に嬉しくなります)を立てさせて貰います。

小さい子向けの氷の滑り台や、有馬温泉の足湯などもありました。

Dsc_0034 Dsc_0048 Dsc_0037 Dsc_0036 Dsc_0045 Dsc_0065 Dsc_0061 Dsc_0062 Dsc_0070 Dsc_0075 Dsc_0087 Dsc_0084 Dsc_0113 Dsc_0116 Dsc_0118 Dsc_0135 Dsc_0137 Dsc_0142 Dsc_0154 Dsc_0168 Dsc_0178 Dsc_0176 Dsc_0182 Dsc_0188 Dsc_0196 Dsc_0208 Dsc_0222 Dsc_0230 Dsc_0240 Dsc_0254 Dsc_0256 Dsc_0259

|

« 六甲山への道 | トップページ | 六甲山 氷の祭典Ⅱ »

コメント

今年もきっと行かれると思っていました。
僕も今年は行ってみようと思いつつ
そのまま終わってしまいそうです。
明日は家でオリンピック漬けという
軟弱な一日になりそうです(笑)

投稿: kazuh | 2010年2月14日 (日) 00時31分

kazuhさんの予想通り動いております(笑)

僕は一日中家に居ると元気なときでも
弱ってしまうので、今日は難波のOCATに
ジャズイベントを観に(撮りに)行ってきました。

昼間だった為、カブでありましたが
指先が凍るような冷たさも感じず
平和裏に帰ってこれました。

上村愛子さんは残念でしたね。

投稿: tetsu | 2010年2月14日 (日) 20時02分

六甲山の氷の祭典 屋根付きの駐車場になったのですか
野外だと雨にたたられるし 苦肉の策ですね
でも 冬の六甲の夜の走行 これ怖いですね
寒いと凍結だしちょっと暖かいと霧の海になりますね

氷の祭典にはいったことがありません
夜の六甲を運転してやろうと言うのがいないですよ

投稿: TOSSY | 2010年2月15日 (月) 15時19分

元々ある駐車場ですが会場をそちらに
移し全天候型対応としたようです。

それにしても車でのアクセスはちょっと無謀でした。
霧の海もウルトラQ(もう知る人も少ないですが)の
ようでけっして嫌いでは無いのですが
運転はハードになりますね。

でも霧氷の六甲、とっても綺麗で素敵でした。

投稿: tetsu | 2010年2月15日 (月) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/47548783

この記事へのトラックバック一覧です: 六甲山 氷の祭典 Ⅰ:

« 六甲山への道 | トップページ | 六甲山 氷の祭典Ⅱ »