« 月の宴  | トップページ | 重要なお知らせ♪ »

2010年2月28日 (日)

緑ヶ丘公園

Dsc_0161

阪急沿線情報誌『TOKK(トック)』の2月15日号に「梅見で一服 お茶時間」と観梅の特集が組まれています。このTOKK、阪急の各駅に無料で置かれていますが地域のイベント情報が満載です。兵庫の観梅処の特集先は中山観音梅林、水月(すいげつ)公園、岡本公園、保久良梅林、甲東梅林、緑ヶ丘公園の6ヶ所です。このうち僕が行ったことのない先は水月公園(阪急石橋駅北西へ900m)と緑ヶ丘公園(阪急伊丹駅よりバス便利用)の2ヶ所です。

空模様が怪しいのでより近い緑ヶ丘公園を選択します。 TOKKには中山観音梅林と岡本公園の2ヶ所だけ写真入りで紹介されていました。写真の掲載のない緑ヶ丘公園は小さな規模の地元の方たちに愛されている梅林なのだろう、と勝手に思い込んでいたのが間違いでした。

伊丹から池田に渡る高架の手前の信号を左折します。小さく「緑ヶ丘公園」と看板が出ています。林の向うにピンクと白の梅が咲き誇っているのが見えてきます。駐車場にはたくさんの警備の方がいらしてバイクを誘導してくれます。下が昨日の雨でぬかるんでいるのでバイクのスタンドが沈まないようにと注意してくれます。息子さんがDSに乗られているそうです。親切に感謝します。

公園の中央には大きな池があります。その向うの小高い丘に素敵な梅林が広がっています。想像とはかけ離れた大きな梅林です。池のこちらに居る僕は自然と足が速くなるのが分かります。27日と28日(本日)は「観梅と野点の会」が催されています。野点には多くの着物を着た方たちが抹茶を運ばれていました。

梅林の中の狭い通路はすれ違うことも困難なほど大混雑です。皆さん、梅林の中に入っていますが踏まれて固められた土が心配です。

伊丹市役所の方(だと思う)が『いたみ君』(tetsu仮称、後日追記:下段参照『たみまる』くんでした)を梅の木の枝にそっと乗せて写真を撮っていました。きっと広報誌かwebに載せられるのだと思います。先に僕のブログに載せちゃいます。

でも今日は嬉しい誤算の観梅となりました。これで残る未踏の地、水月公園ではどんな梅を観ることができるのか、楽しみとなりました。(注:写真は梅だけでありません)

Dsc_0011 Dsc_0018 Dsc_0016 Dsc_0024 Dsc_0029 Dsc_0033 Dsc_0042 Dsc_0053 Dsc_0038 Dsc_0057 Dsc_0049 Dsc_0064 Dsc_0062 Dsc_0065 Dsc_0069 Dsc_0080 Dsc_0078 Dsc_0081 Dsc_0086 Dsc_0088 Dsc_0100 Dsc_0121 Dsc_0111 Dsc_0118 Dsc_0128 Dsc_0141 Dsc_0139 Dsc_0163 Dsc_0158 Dsc_0007

『たみまる』くんについて

やはり伊丹市の正式キャラクターでした。http://www.city.itami.lg.jp/_8014/_8193/_10599.html

なんと絵描き歌まであります。http://www.itami.ed.jp/tamimaru/

本格的です。

|

« 月の宴  | トップページ | 重要なお知らせ♪ »

コメント

梅もきれいですが、綺麗な女性もひとり発見!!(笑)

投稿: SHIN | 2010年3月 1日 (月) 06時33分

一押しの『梅美人』でした!

投稿: tetsu | 2010年3月 1日 (月) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/47686129

この記事へのトラックバック一覧です: 緑ヶ丘公園 :

« 月の宴  | トップページ | 重要なお知らせ♪ »