« 小浜宿まつり  | トップページ | 淡路島国営明石海峡公園  »

2010年4月17日 (土)

あわじ花さじき 

Dsc_0136

この時期、どうしても行ってみたかった場所があります。広大な土地に咲く一面の菜の花。菜の花の向こうには太平洋が広がっている。そんな素敵な夢の中のような場所です。

2010年3月20日(土)から5月30日(日)まで『淡路花博2010 花みどりフェア』が開催中です。メイン会場はは淡路夢舞台と淡路島国営明石海峡公園、サテライト会場があわじ花さじき他9箇所あります。

その『あわじ花さじき』が本日の第一目的地です。淡路島へは何度も行っていますがここ『あわじ花さじき』には行ったことがありません。どんなところかとても楽しみです。

西宮からのアクセスは2通り考えられます。ひとつは宝塚ICから中国自動車道に乗り山陽自動車道から三木JCTで南下し明石海峡大橋を渡るパターン(途中7号北神戸線を使うルートは2重課金のため検討対象外)、もうひとつは西宮ICから3号神戸線、第二神明を使って垂水JCTを南下し明石海峡大橋を渡るパターンです。料金的に前者が安いと思い込んでいましたが殆ど変わらないことが分かり大回りでない神戸線&第二神明ルートを選択します。

西宮ICから乗る際に掲示板に「事故渋滞」の文字が見えます。オーマイゴッド。でもバイクならではのチチンプイで渋滞をパス。8時ジャストに西宮ICに入り、あわじ花さじきには8時55分に到着、1時間も掛からず行くことが出来ました。途中明石大橋の継ぎ目(鉄製)にバイクのタイヤを取られそうになります。DSCですからタイヤが太く嵌まることはありませんでしたがデュアルパーパスなどのもう少し細いタイヤのバイクだととても危険と感じました。道路関係者の方たちはこのことを知っているのかな?

淡路ICを降りるとすぐに島の東側を縦断する28号線にぶつかりますがそのまま真っ直ぐに進んで行きます。まだアクセス(県道157号線)が不十分で片側2車線の道が途中で1車線になったりします。でも気持ち良い高低を楽しんでいると警備の方たちがいるのですぐに会場であることが分かります。9時前でしたので車もまだ満車ではありませんでした。バイクは駐車場入り口すぐの空きスペースに止めるように指示されます(車は200台止められ無料でもあります)。

荷台からカメラバックを降ろすのももどかしく、まずは展望デッキへと向かいその全体像の掌握に務めます。花畑は淡路島北部丘陵地域の頂上部に位置しています。標高は235mから298m。東側に大阪湾を望みます。ずっと来たかった場所は僕を裏切りませんでした。素晴らしい眺めです。黄色の絨毯がゆっくりとうねる丘陵地帯を埋め尽くします

Dsc_0187 Dsc_0060 Dsc_0191 Dsc_0201 Dsc_0280 Dsc_0274 Dsc_0308 Dsc_0301 Dsc_0364 Dsc_0342 Dsc_0410 Dsc_0458 Dsc_0475 Dsc_0011

|

« 小浜宿まつり  | トップページ | 淡路島国営明石海峡公園  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/48111211

この記事へのトラックバック一覧です: あわじ花さじき :

« 小浜宿まつり  | トップページ | 淡路島国営明石海峡公園  »