« 風と遊ぶ  | トップページ | 南禅寺とインクライン  »

2010年4月10日 (土)

知恩院さん 

Dsc_0090

【本日のコース】 西宮→梅田→阪急京都線→河原町→八坂神社→円山公園→知恩院→あおくすの庭→神宮道→琵琶湖疏水→インクライン→南禅寺→永観堂幼稚園→熊野若王子神社→哲学の道(往復)→三条通→坂本龍馬 お龍結婚式場跡→一澤帆布工業→一澤信三郎帆布→→白川→河原町→十三→西宮

今日は朝から頭が痛くてバッファリンを処方し無理やり身体を起こして京都へと向かいました。知恩院さんは僕の心の故郷であります。親父が外地から引き揚げてきた際、先祖のお骨を納骨したお寺さんであるからです。知恩院さんへ行くために八坂さんと円山公園を通り抜けて行きます。

円山公園に来ると気になるのは公園の真ん中にあるシンボリックな枝垂桜です。年々、その姿は弱々しく憐れになっていくように思えて仕方ありません。見るとやはり弱っているようです。公園奥の枝垂桜が勢い良く芽を吹いているのと対照的で余計に憐れを感じてしまいます。

Dsc_0009 Dsc_0015 Dsc_0018 Dsc_0024 Dsc_0020 Dsc_0029 Dsc_0017 Dsc_0053 Dsc_0035 Dsc_0042 Dsc_0051 Dsc_0060 Dsc_0068 Dsc_0072

公園を抜けるとすぐに知恩院さんの三門が見えてきます。山門でなく三門と云うのは、空・無相・無願という悟りに通じる3つの解脱の境地を表わしているそうです。その威風堂々としている三門を潜ると男坂の急な階段が目の前を壁のようにして立っています。足の弱い方は階段横にある女坂を上っていきます。

今日は三門に法然上人と天女様がいました。地元の大学生たちが作り上げた作品です。色っぽい天女様に最初は驚いてしまいました

階段をゆっくりと振り返り振り返りしながら上っていきます。左手に『御影堂』が荘厳な姿を魅せています。でも残念なことに境内には観光バスや車がいっぱいです。出来たら車はここにまで通して欲しくないものです。来年の2011年は、法然上人が1212(建暦2)年に亡くなられてから800年を迎えるのでその為にもお金が必要なのだと思います。

大伽藍の中に入るとそこには違う世界の空気が流れているように感じます。暫し仏の世界に仮居させて貰います。若い僧がお経を唱えられます。時に十数人の僧がお経を唱えることもあります。その時は伽藍のさらに上にある特別な場所から身体と心をを包み込むように言葉たちが降ってくるように思えました。

少しお行儀が悪いのですが柱に背を凭れ掛けて足を崩します。この時、この場所にいる想いを精一杯受け止めます。

御影堂を囲む廊下を歩きます。そのときに靴下に穴が空いているのを見つけました。ちょっと恥ずかしい。うぐいす張りの廊下が「穴、空いて、いるよ~」と鳴いているようでした。

Dsc_0098 Dsc_0099 Dsc_0104 Dsc_0093 Dsc_0124 Dsc_0101 Dsc_0103 Dsc_0110 Dsc_0132 Dsc_0133 Dsc_0135 Dsc_0139

|

« 風と遊ぶ  | トップページ | 南禅寺とインクライン  »

コメント

知恩院さんの三門 すばらしいですね
以前に冬季特別拝観で上がってきました
三門から見る風景はまさに絶景でした
撮影は 内部は勿論 外の景色を写すのも 一切禁止でした 

投稿: TOSSY | 2010年4月11日 (日) 00時55分

私も特別拝観で中に入りましたよ。
係の人が私のデジ一眼見て「立派なカメラですねー、しまってくださいね」と言われました。

投稿: keiichi_w | 2010年4月11日 (日) 07時17分

>TOSSYさん
この圧倒的な存在感は本当にため息の出る位
素敵です。
この日は桜たちが荘厳さに美しさを加えていました。
実はまだ三門には上がったことがありません。
知恩院さんの公式HPにその内部の模様が
紹介されていますがとても素敵です。
一度は実物をこの目で見たいと思っています。

投稿: tetsu | 2010年4月11日 (日) 12時49分

>keiichi_wさん
警備員さんたちもカメラマンの処し方を
よくご存知のようですね。
頭から否定するのでなく、褒めてからお願いする。
こうなると素直に従わざるを得ませんね。

投稿: tetsu | 2010年4月11日 (日) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/48049732

この記事へのトラックバック一覧です: 知恩院さん :

« 風と遊ぶ  | トップページ | 南禅寺とインクライン  »