« 雨 雨 雨 ・・・ | トップページ | こころのビタミン  »

2010年7月10日 (土)

舞鶴若狭自動車道 ~無料化社会実験~ 

P1000105

2010年6月28日から一部の高速道路が来年(2011年)3月まで社会実験として無料化になりました。全国37路線50区間です。でも無料化路線は関東から関西に至る地区には殆どありません。その中で唯一利用価値があるのが「舞鶴若狭自動車道」です。吉川JCTから小浜西ICまでが無料となります。JCTからは乗り入れすることが出来ないので実質的には三田西からとなります。(冒頭写真は『日引の棚田(棚田百選)』)

【本日のコース】 西宮自宅→宝塚→176→西宮北IC→中国自動車道→吉川JCT→舞鶴若狭自動車道→小浜西IC→27→青戸大橋→241→大飯原子力発電所→エルパークおおい→塩浜海水浴場→266→安土山公園→城山公園→国民宿舎城山荘(昼食)→27→21→149→高浜原子力発電所→149→21→五色山公園→上瀬→日引の棚田→772→コスモSS→27→28→舞鶴東IC→舞鶴若狭自動車道→綾部PA→西紀SA→吉川JCT→中国自動車道→西宮北IC→宝塚→コスモSS→ドライバーズスタンド2輪館→西宮自宅(所要時間9時間、総走行距離364.6km)

時系列で今日の一日を振り返ってみたいと思います。

7:36出発

我が家からですと宝塚ICが近いのですが、ここは経費削減の折、西宮北ICから入ります。

本来なら西宮北IC⇔小浜西ICは2,550円(バイク)の高速代が掛かります。でも舞若道が無料化となりこれが400円(普通車は450円)に。しかも休日特別割引利用で半額の200円(普通車は250円)になります。西宮から日本海へ抜けるのに200円です。もう感激であります。

無料化で混雑するのか少し心配でしたが所々車の列が続くところもありましたがどこもスムーズに流れていました。一箇所、事故(追突)の車がありそこだけ渋滞でした。

往路は久し振りのツーリングに嬉しくて休憩を取ることなく若狭へと辿り着いてしまいました。

9:41青戸大橋 到着

P1000003 P1000009

青戸大橋は勝手にしまなみ海道に架かる橋のように立派な橋を想像していたので少しがっかりでした。ここからまずは大飯原子力発電所へ向かいます。でも原発に近付くと警備の方たちが一斉に僕に注目されます。写真も撮ることが出来ませんでした。以前は見学も出来たのだそうですが、アルカイダのテロ以降、見学は無くなり、警備も厳しくなったとこの後寄ったPR館で教えて貰いました。

若狭には関西電力の原発が3箇所あります。こお大島半島にある大飯(おおい)原子力発電所、敦賀半島にある美浜原子力発電所、そして後で寄る高浜原子力発電所です。

9:58エルパークおおい『おおいり館』 到着

P1000010_2 P1000027 P1000013 P1000031

原発には入ることが出来なかったのでPR館のエルパークおおい『おおいり館』に入ってきました。受付のお嬢さんにパンフレットを頂戴します。すぐに2階で映像が始まると教えてくれます。メディアラボで以前は見学が出来た3号機の様子を映像で見せてくれます。その後にウェルカムホールでおおい町の紹介と大飯発電所の説明をこれまた大きい画像で見せてくれます。ホールは満員です。どうやら団体さんが来ているようです。説明が終わると団体さんと共に1/3ワールド・原子力シアターへ向かいます。実際の原子炉格納容器内をスケールダウンして再現しています。先ほどの映像と合わせて理解するとなるほどなるほどとその仕組みが分かってきます。最初は子供向けの施設かな、と思いましたが大人でも興味深く過ごすことが出来ました。アンケートに答え記念品(ボールペン)を頂戴しました。

海をたくさん感じたくて海沿いの道を走ります。残念ながらなぎさを見ながら快走するという理想的なシチュエーションは叶いませんでした。でも海を見ているだけで幸せな気分でした。

青戸入江の北側を走っていきます。その先にTMで「展望台から絶景が広がる 若狭八景」と紹介のあった安土山公園があったからです。

11:29安土山公園 到着

P1000035 P1000038

気がつくと通り過ぎてきた山の中腹に大きな看板で「安土山公園」とあります。Uターンをして看板のある山を目指しますが案内板も無く不安一杯です。鉄工所の方に道を尋ねると仕事中にも拘らず気持ちよく教えて下さいました。山頂の展望台からは若狭富士がばっちり見える筈だったのですが残念ながら若狭富士は雲に霞んでいます

11:47城山公園 到着

P1000063 P1000049

洞窟が8つもある公園があるとTMにありました。これは行かねばなりますまい。この付近は海水浴場が林立していて駐車場の呼び込みに必死です。あまり気分が良くありません。こういう風景は好きでありません。やっと呼び込み合戦の地をパスして公園に着きますが洞窟らしき気配を感じることが出来ません。鎖を張って無断入庫を見張っている係りの方に聞くと「ちょっと歩かないといけない」とのこと。でもバイクは端っこに止めていい、と言ってくれました。小高い山を登っていくと下に降りていく細い道があります。洞窟は海に近いだろうと思い、そちらを選択するとすぐに小さな灯台に出会いました。海からウェットスーツを着たまま上がってきた人が居たので洞窟についてお聞きすると「あれかな~?」とどうもピンと来ない様子。

海に出て辺りを見渡しても洞窟らしきものは見当たりません。仕方なく来た道を戻ります。バイクを止めさせてくれたのは国民宿舎の方でしたのでこちらで昼食を取ることにします。

P1000059 P1000074

12:00国民宿舎城山荘 昼食

P1000068 P1000072

宿舎に併設して食堂の幟が立っているのでドアを開けて入っていきますがお客さんが誰も居ません。時は正に12時ジャストのゴールデンタイム。一段下がった厨房からおばちゃんが出てきてくれます。軽食しかないがなんでも早くできるとの由。炒飯を注文します。きっと夏休みになれば賑わうのだと思います。洞窟のことを聞くときっと芝生の向こうにある岩場のことだろうと教えてくれます。おばちゃんに感謝の気持ちを込め、お勧めのパンも分けてもらいました。

岩場に向かうと島が侵食されてぽっかりと穴が空き向こうの海が見渡せるようになっています。明鏡洞と名付けられた自然洞穴です。他にも探せば7つ、あるらしいのですが一番大きな洞穴が明鏡洞とのことなのでここはパスします。

12:32高浜原子力発電所

P1000083 P1000084

再び27号に戻り福井県側の大浦半島を北上(21号線)していきます。高浜原子力発電所がありますがこちらは他の発電所と異なりPR館に相当する施設はありません。またしても警備の方がこちらを一斉に見るので早々にUターンして引き上げます。途中、海からの取水口、そしてその放水口を見下ろせる場所があります。先ほど勉強した成果が早速現れます。これらの大量の海水がタービンを回転させた蒸気を水に戻すためも使われています。

一旦、来た道を難波江まで戻り、21号線を内浦湾を右手にしながら北上していきます。目的はTMにあった『素朴な漁村 湾越しの青葉山と棚田が美しい』とあった景色です。ショートカットの道入り口が運よく見つかったので入っていきます。公園がある高台を上っていきますが行き止まりだったり、21号線に抜けるつもりがキャンプ場止まりだったりと結局は元の道に戻りやり直しとなりました。

P1000088 P1000098

21号の突き当たりにある漁村では数人の人たちがのんびりと釣りを楽しんでいました。釣りが趣味だとまた楽しみの幅が広がるのだと思いますが、小さい頃近所のおじちゃんに連れて行ってもらって以来、行った事がありません。そのおじちゃんからは釣竿まで頂いたのですが。

13:14日引の棚田 到着

21から日引の看板を目印に村へと急な坂を下りていきます。港まで出た後に再び棚田へと細い道を上っていきます。青い空と青い海、そして緑の棚田が繋がる素敵な風景です。快晴でなかったので写真では空の青がいまひとつなのが残念です。

P1000102 P1000107

13:23青葉山(を望む)

青葉山は相変わらず雲に隠れてその全貌を見ることは叶いませんでした。若狭富士と称される美しい姿を拝むのはまた次の機会となりそうです。DSCのガソリンが残り僅かです。TMでGSを探します。朝来を西に進むとコスモがあるので少し遠回りとなりますが立ち寄ります。

13:45舞鶴東IC

帰りは舞鶴東ICから高速に乗ります。途中、2回のプチ休憩を挟み、西宮北ICに着いたのが15:05。帰りも200円コースです。大島半島のトンネルを走っているときに気付いたDSCのヘッドライト切れ。ドライバーズスタンド2輪館へ買出しに行きます。従業員のお兄さんがたくさんあるライトの中からDSCのそれを選んでくれます。取り付けには1,500円強、商品代(2,310円)とは別途に必要です。でも2時間待ちとの由。費用と時間の節約の為にお兄さんからレクチャーを受けて自分でやることにしました。

16:24西宮自宅ガレージ

P1000117 P1000118

ガレージ前にDSCを横付けし、車載工具を取り出します。プラスのドライバーひとつあればOKです。まずはヘッドライト前面をカパッと取り外します。このとき、ライト真正面にあるネジは触る必要がありません。これもお兄さんから聞いて知ったのですが、横にあるネジを外すして、あとはグラグラと少し力を入れると取り外すことが出来ます。次にコードをヘッドライトから外します。これもまた少し力とテクニックが要ります。完全にヘッドライトが取り外すことが出来れば、ライトの交換です。ライトが外れないようばねがあるので着いている状況を良く確認して作業します。ライトのガラス部分は手の油脂が着くと割れてしまうので触らないよう慎重に取り付けます。あとは逆順にやれば出来上がり。エンジンをかけてライトが問題なく着くことをチェックして完了です。ちょっとのことですが僕には結構高いハードル。とっても満足します。

|

« 雨 雨 雨 ・・・ | トップページ | こころのビタミン  »

コメント

お体も良くなられたようでよかったです♪
高速無料化の社会実験に早速参加されたのですね。
海に臨む棚田、いい感じですね。
昨日瀬戸内海側は、結構日が照っていました。
梅雨の合間のツーリング日和だなぁ...
と思いながら、先々週関西スーパーの駐車場で
車をぶつけられて、昨日は朝から修理に出したり、
夕方取りに行ったりで
なんか余計な時間を使ってしまいました。
今日は一歩も外へでないでダラダラすごして
しまったし...
はやく梅雨あけないかなぁ...

投稿: kazuh | 2010年7月11日 (日) 17時53分

ありがとうございます。
7月一杯は薬を飲み続け、その後再診が
必要なのですが症状は出てこなくなって
大分楽になりました。

理科の実験ならぬ社会の実験も参加することに
意義有りとのことで行ってきました。
来年3月までは気軽に日本海まで行けるので
それだけで嬉しいです。

駐車場での事故、大変でしたね。
お怪我はなかったのでしょうか。

僕は今日、雨が降っていなければ
万博の早朝観蓮会へ行く予定でした。
でも朝から生憎の雨で諦めました。
そしてやったことといえば
アイロン掛けくらい。
だんだん腕を上げています(笑)

投稿: tetsu | 2010年7月11日 (日) 20時25分

舞鶴自動車道の社会実験に
今日、私達も参加してきました。
 3人で車で三田西~福知山を
 往復してきました。
 無料で走りたかっただけですが。。。

 確かに、日本海まで200円は
 感激ものですね。
 若狭方面が近くなった感じです。

ヘッドランプの交換が無事完了したこと
おめでとうございます。
 整備には簡単に出来ることと難しいことが
 あるようです。
 私は、友人が簡単だと言ってくれることだけに
 チャレンジしています。
 それでも触ってみると面白くなりますね。

  玉切れを2回ほど経験しているので
  予備をバッグに入れてます。

投稿: kanoko551 | 2010年7月11日 (日) 21時50分

kanoko551さんも
実験に参加されたんですね。

若狭の次は天橋立もターゲットにしています。
京都縦貫自動車道は無料ではありませんが
それでも休日時別割引を利用すれば
片道800円で日本三景の人となれます。

あと天理から名阪無料国道を利用して
伊勢まで行くのも休日特別割引利用で
250円。
行き先候補がたくさんあって幸せ過ぎです。

ヘッドランプ、昼間でしたから慌てずに
済みました。トンネルではアップモードに
して切り抜けました。
ひとつのランプで上下のふたつの機能が
あってひとつが駄目でももうひとつで
なんとかなる場合もあるんですね。
カブのときはそれを知らずに暗闇をハザードを
点滅しながら走っていました。

まだまだkanoko551さんの足元にも
及びませんが、少しずつDIYの楽しい世界に
入っていっています。
何にも出来ない僕ですがスナップオンとか
KTCとかに憧れています。

投稿: tetsu | 2010年7月12日 (月) 21時07分

追記
カブにはハザードが着いていませんでした。
ウィンカーを点滅させながら、の
間違いでした。

投稿: tetsu | 2010年7月12日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/48843540

この記事へのトラックバック一覧です: 舞鶴若狭自動車道 ~無料化社会実験~ :

« 雨 雨 雨 ・・・ | トップページ | こころのビタミン  »