« 六甲枝垂れ  | トップページ | 火と水  »

2010年7月25日 (日)

宝船 

Dsc_0561

六甲枝垂れの写真アングルを探っていましたら、歌声が聴こえてきました。早足で声の方へと向かいます。なんとそこには『宝船』さんが。2009年4月に場所も同じここでお聴きしたグループです。

この日はみなさんが素敵な衣装を纏い、素敵な歌声を披露して下さいました。六甲では気温が低いため昼間からヒグラシが大合唱です。宝船さんの歌声とのコラボはこの上なき贅沢なものでした。

Dsc_0700 Dsc_0740 Dsc_0599 Dsc_0631 Dsc_0647 Dsc_0630 Dsc_0512 Dsc_0796 Dsc_0652 Dsc_0826

素敵な歌声に酔いしれた後はあじさいたちにご挨拶。今年ちゃんと向かい合うことが出来なかったことを後悔しながらシャッターを押し込んでいきます。

Dsc_0809 Dsc_0825 Dsc_0815 Dsc_0821

|

« 六甲枝垂れ  | トップページ | 火と水  »

コメント

tetsuさん、しばらくご無沙汰の間にずいぶん
回復されたようで何よりです。精力的なブログ
レポート楽しく拝読させていただきました。

女性陣のお写真も魅力的ですが、ヒグラシの
横からのショット、最高です。

投稿: ミッチ | 2010年7月29日 (木) 01時01分

空白の6月を取り戻すべくまだ見ぬ知らない土地や
ホッとする場所を求めて動いています。

ヒグラシ、このエメラルド色はいつ見ても
素敵ですね。
クマゼミやアブラゼミは性格的(?)に
のんびりしていて頭を撫でても逃げない
こともあるのですが、このヒグラシや
ツクツクボウシは人間嫌いで近付くのが
とても難しい蝉です。
このときも息を潜め、摺り足でそっと近付いて
撮ったものです。それでも怪しい気配を
感じたのか木を横ばいして僕が居る反対側に
廻ってしまいます。
何度かそんなやりとりをしてどうにか
お許しを頂戴したようです。

投稿: tetsu | 2010年7月29日 (木) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/48974526

この記事へのトラックバック一覧です: 宝船 :

« 六甲枝垂れ  | トップページ | 火と水  »