« 彦根  | トップページ | 壺阪寺  »

2010年8月29日 (日)

琵琶湖 

Dsc_0571

日本一大きい湖、琵琶湖。琵琶湖は様々な表情を僕たちに魅せてくれます。中でも湖北の素晴らしさは感動的ですらあります。

【2日目】 彦根→さざなみ街道→長浜→長浜城→道の駅湖北みずとりステーション→木之本宿→JR余呉駅→余呉湖→飯浦→藤ヶ崎→塩津→SS→303(奥琵琶湖パークウェイ断念)→大浦→557→海津大崎→161→マキノメタセコイア並木道→マキノサニービーチ→風車街道→道の駅しんあさひ風車村→161→白鬚神社→湖西道路→京都東IC→宝塚IC→SS→西宮

写真は近江大橋から時計回りに琵琶湖一周を撮ったものです。北に行くほど琵琶湖は寂しくなります。人が居なくなってきます。でも僕はそんな琵琶湖が大好きです。

Dsc_0012 Dsc_0045 Dsc_0058 Dsc_0076 Dsc_0598 Dsc_0610 Dsc_0626 Dsc_0642 Dsc_0645 Dsc_0663 Dsc_0673 Dsc_0689 Dsc_0535 Dsc_0537 Dsc_0536 Dsc_0539 Dsc_0589 Dsc_0583

彦根から長浜へ。黒壁には行かず、豊公園から長浜城を眺めます。その後、木之本宿を経由し、余呉湖へと向かいます。穏やかな湖面を観ながらゆっくりとDSCを進めます。

再び8号線に戻ります。奥琵琶湖パークウェイは道路斜面修復工事のため、西から東への一方通行となっていました。その為、今回の周遊コースからは残念ながら外す事にしました。大浦から海津大崎へと海のように広い琵琶湖に抱かれながら向かいます。途中途中に水泳場があって夏を楽しむ人たちがゆっくりとした時間を過ごしていました。

マキノではメタセコイアの木々が強い夏の日差しの中で緑の葉を輝かせていました。秋にはゆっくりとその命を終え、冬には雪の白い華を咲かせます。

|

« 彦根  | トップページ | 壺阪寺  »

コメント

まだまだ連日暑い日が続いていますが
湖上の雲は入道雲ではなく、少し秋の気配を
感じさせるような雲ですね。(0058)
メタセコイヤの並木、以前どういうわけか
場所がわからず、見逃してしまいました。
暑い日ざしも、この並木の間では少し
和らいでいるように見えたりしますね。
例年ならもうツクツクボウシも鳴きやむ
ような時期ですが、今年はその声も一回
しか聞きませんでした。
滋賀ではないていましたか?
(どこももうおわりかなぁ...)
ゆっくりホテルに泊まって夏の余韻を
楽しむ...いい旅でしたね。

投稿: kazuh | 2010年9月 5日 (日) 01時22分

西宮に住んでいると奈良や京都、そして神戸だけでなく
近畿の素敵な処へアクセスし易くて
嬉しく思うことがあります。

琵琶湖もそのひとつです。
きっと車だけの生活だったら琵琶湖を
周遊することは一生無かったかもしれません。

メタセコイヤ並木は大きな看板がある訳でもなく
強い意志を持って行かないとスルーして
しまいますね。

昨日は奈良の壺坂寺と高取城跡へと行ってきました。
そこではツクツクボウシがたくさん鳴いて
いました。
(滋賀のセミの声は忘れてしまいましたので
奈良の話題でお許しを)

でも一泊するとその町をゆっくりと
楽しむことが出来ますね。
安くて素敵な宿を探してこれからは
そんな旅も増やしていきたいです。

投稿: tetsu | 2010年9月 5日 (日) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/49285885

この記事へのトラックバック一覧です: 琵琶湖 :

« 彦根  | トップページ | 壺阪寺  »