« オリバー・ナッセン  | トップページ | HP閉鎖のお知らせ »

2010年10月17日 (日)

さようなら たこフェリー 

P1000097

とうとうこの日が来てしまいました。昨日の新聞に小さく載っていた『たこフェリー 休止』の 記事。来月11月16日(火)をもって航路が休止となります。会社側は廃止ではないとしていますが、休止の理由から再開は難しそうです。

http://www.taco-ferry.com/index2.html

冒頭写真(船内で150円で売られている絵葉書)のあさしお丸は10月15日(金)に台湾に売られていきました。日本で最後の雄姿を見ることが出来ずに残念でなりません。

今日は最後の一隻であるあさかぜ丸に乗ってきました。DSCは通勤利用者が利用する二輪置き場に置かせて貰い、フェリー乗り場にある自動券売機で『明石海峡遊覧きっぷ』(大人620円)を購入します。明石港から乗船し、岩屋(淡路島)で降りずにそのまま又明石港に戻ってきます。途中、東経135度の日本標準時子午線を通過し、明石海峡大橋を潜り抜けます。もうこのダイナミックな光景が見れなくなると思うと残念で溜まりません。

この日は多くのライダーがフェリーを利用していました。バイクの行列を考えると後ろの方のライダーは2~3隻後の船にしか乗ることが出来なかったと思います。フェリーが無くなるとカブで淡路島へ渡ることが出来なくなってしまいます。明石海峡大橋は自動車専用道路のため小排気量のカブは渡ることが出来ないからです。

フェリーの旅は片道15分。短い船旅ですがフェリーに乗るとツーリングの実感が大きく割増されとても素敵なものになります。船を待つ、乗船する、デッキに立つ、風を感じる、どこまでも続く海を見る、船内を探索する、船内の売店を冷やかす、やがて目的地に着く。すっと明石海峡大橋を渡ってしまうと知ることの出来ないたくさんの世界がそこにあります。

ありがとう、たこフェリー。新天地での活躍を祈っています。

P1000020 P1000022 P1000027 P1000028P1000032 P1000045 P1000043 P1000044 P1000049 P1000056 P1000063 P1000070 P1000081 P1000082 P1000087 P1000089 P1000092 P1000093 P1000054 P1000171 P1000186 P1000209 P1000220 P1000228 P1000263 P1000309 P1000341 P1000349 P1000351 P1000367 P1000373 P1000383_2  

|

« オリバー・ナッセン  | トップページ | HP閉鎖のお知らせ »

コメント

タコフェリー、僕も新聞で読みました。
時間の問題とは思っていましたが
タコフェリーがある前提で生活が成り立っている
人もたくさんいるようで、
道路政策のしわ寄せとしかいえない状況です。
生活に直結していない我々もとても
残念ですね...ホントにどうしようも
ないんでしょうか...

そうそう、今日tetsuさんのページを開けたら
infoseekがホームページサービスを今月末で終了すると出ていましたが
HPお引越しされるのですか?...

投稿: kazuh | 2010年10月17日 (日) 21時17分

たこフェリー、残念です。
たくさんのライダーが来ていました。
ライダーたちが最後の応援をしているようで
少し嬉しくなりました。

kazuhさんからのびっくり情報でした。
インフォーシークの件は全く知りませんでした。

さてさてどうするか、全くの白紙状態です。
ニフティの今のブログにツーリングの
記録だけでも移せたらいいのですが。
それともニフティの無料ブログに
移すことが出来るのかどうなのか。

いずれにせよ月末までにどうかしないと
いけませんね。
参りました。
ニフティに相談してみようと思います。

ご指摘、ありがとうございました。
最近はこのブログだけでインフォーシークは
全く寄っていなかったので全然知りませんでした。
あるとき寄ったら何もなかった状態は
避けれることが出来ました。
助かりました。

投稿: tetsu | 2010年10月17日 (日) 21時57分

いつか来るとはわかっていても
 その日が来ると寂しいですね。

 DSCで淡路島に渡った想い出は
 明るくすがすがしく
 そして、ちょっと感動的でも
 あります。

  かみさんのスクーターで淡路島へ
  渡る方法が無くなってしまいましたね。

投稿: kanoko551 | 2010年10月18日 (月) 20時37分

僕もバイクで初めてフェリーに乗ったのが
このたこフェリーでした。
明石ですからそんなに遠いところでは
ないのですが、『旅をしているんだ』と
いう素敵な充実感を覚えました。

最初は勝手が分からずドキドキしたことも
懐かしく思い出されます。

125cc以下は淡路島へ行けなくなって
しまうのは本当に残念です。
ゆっくりと島を楽しめるのは小さなバイクの
特権でしたのにね。

便利さと引替えに多くの楽しさが失われていく
そんな寂しさを感じます。

投稿: tetsu | 2010年10月18日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/49766972

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら たこフェリー :

« オリバー・ナッセン  | トップページ | HP閉鎖のお知らせ »