« ワールドフェスティバル  | トップページ | また君に恋してる  »

2011年1月30日 (日)

冬の華 

Dsc_0077

一面枯れ色が広がる冬の世界にポツンと黄色く可憐な花を咲かせる福寿草。この花を見るともうすぐ春が来るんだな、と心嬉しくなります。

北山緑化植物園にいます。身体が芯から冷えてきたので自販機でホットレモンを買って中から暖めます。

ちいさな花たちを見つけては喜んでいると雪がチラチラと舞い降りてきました。

この日、1月7日に修理に出していたタムロン28-300がやっと戻ってきました。50から250までの中間帯でピントが合わない事象が発生していたのですが、修理会社では同じ事象が確認できず関連部品交換の上、点検調整したとのことです。

撮影しているときはそんなことも忘れてシャッターを押しています。でもおかしければ印象に残るはずなので今日の処はレンズ修理の効果があったように思います。

福寿草は地表からひょっこりと顔を出すように咲く花なので彼女たちを撮るときは地面に這いつくばって目線を合わせます。便利な道具(アングルファインダー)もありますがこうすることが花たちへの礼儀と心得、今日もジーパンの膝は土だらけとなっています。

今日は嬉しかったことがありました。それは噴水のモデルが替わったのですが以前の子がちゃんと居てくれたことです(写真最下段左)。若い?ながら第二の人生を健やかに過ごして欲しいと思います。

Dsc_0046 Dsc_0040 Dsc_0050 Dsc_0049 Dsc_0064 Dsc_0057 Dsc_0070 Dsc_0082 Dsc_0093 Dsc_0094 Dsc_0014 Dsc_0018

|

« ワールドフェスティバル  | トップページ | また君に恋してる  »

コメント

アンダーからの撮影はたいへんですよね。カッコが(笑)
私はほどんどノーファインダーで撮影してます。こういうときデジタルはその場で確認できるのでいいですね。

投稿: keiichi_w | 2011年2月 3日 (木) 06時22分

以前奈良県の今井町という昔の町並が
素敵に残っている処へ行ったときは
道路の真ん中に腹這いになって写真を
撮っていました。
さすがにその時は辺りの様子が気になり
周りを見渡し、人目を気にしながらの
撮影でした。

でもこういうこともカメラを持っているから
出来ることですね。手ぶらでそうしていたら
とっても変な人になってしまいます(笑)

これからもそんな変な人ギリギリの世界で
頑張りたいと思います。

投稿: tetsu | 2011年2月 3日 (木) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/50728797

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の華 :

« ワールドフェスティバル  | トップページ | また君に恋してる  »