« 宝塚 花のみち  | トップページ | 大阪駅  »

2011年4月16日 (土)

造幣局 桜の通り抜け 

Dsc_0045

朝、玄関を出るとねずみの額(猫よりも大分小さい)程の隙間(庭とは言えない)にタンポポが咲いていました。北側のその場所は光も十分に当たらないのにいつもタンポポが彩りを添えてくれます。今日は造幣局の桜のトンネルを歩いてみようと思います。いつもなら相棒のカブが登場してくれるのですが造幣局の後、川沿いに桜ノ宮まで歩いてみたいと思い休日の電車に乗ることにしました。

Dsc_0003 Dsc_0016

阪急電車。もうすぐ映画が公開されます。その舞台となった今津線からこの時期、嵐山までの直通電車が走っています。時間に追われるのが嫌いな僕は電車の時間を見ずに駅に向かいます。休日の今日も同じです。駅の時刻表にない電車がやってきて驚きましたが、行き先の表示板で特別列車だと分かりました。折角の直通列車ですがお客さんの入りは2~3割程でした。先週が桜満開のピークだったのが影響しているのかもしれません。

Dsc_0003_2 Dsc_0004

十三で梅田行きに乗り換え、地下鉄谷町線へ。天満橋で降りて地上に出ます。その時造幣局へ一番近い出口から出たのが間違いでした。通り抜けのこの時期は歩行者にも一方通行規制が為されており結局大回りすることとなってしまいました。

横断歩道を渡ると露店がズラッと並んでいます。露店を冷やかし歩いていると造幣局の入り口まであっという間です。

Dsc_0012 Dsc_0033Dsc_0122 Dsc_0217Dsc_0046 Dsc_0044 Dsc_0043 Dsc_0050 Dsc_0051 Dsc_0057_2 Dsc_0071 Dsc_0072 Dsc_0063 Dsc_0076 Dsc_0080 Dsc_0082 Dsc_0101 Dsc_0108 Dsc_0112 Dsc_0122 Dsc_0127 Dsc_0171 Dsc_0205 Dsc_0178_2 Dsc_0217 Dsc_0237 Dsc_0263 Dsc_0267 Dsc_0287 Dsc_0304

八重桜が多い通り抜けは正しく今が満開です。警備の方が写真を撮るために立ち止まらないで、と連呼していますが殆どの人がデジカメや携帯を持っている今、それは無理なことかもしれません。前回通り抜けに来たときの警備会社の方は『お気持ちはよ~く分かりますが多くの人が桜を楽しめますようにゆっくりとお進みください』と温かみのある口調でしたが今年は冷徹なビジネス口調となっておりました。

当初はD7000に28-300、D90に18-70を装着していましたがすぐにD90にタムロン90を着け直します。マクロでは花びら一枚一枚と会話することが出来ます。混雑を予想し三脚や一脚は持参してきていません。身体を微妙に前後させながらシビアにピントを合わせていきます。

北門から出て大川に沿って桜ノ宮駅方向へと歩いていきます。川向うでは『大阪シティレガッタ』と銘打ちボートレースが行われているようです。

レイ・チャールズさんや舞姫隊(松江開府400年記念博覧会のPR娘)も桜に負けない素敵を魅せてくれていました。

Dsc_0515Dsc_0384 Dsc_0364 Dsc_0522 Dsc_0496 Dsc_0100   

|

« 宝塚 花のみち  | トップページ | 大阪駅  »

コメント

PR娘、元気そうでいいですね!!

投稿: SHIN | 2011年4月23日 (土) 09時17分

045で絞りがどれくらいなんですか?
三脚も一脚もなしで、シビアにピント合わせって簡単におっしゃいますが、難しくで出来ない(涙)こんな写真を撮りたくて毎年四苦八苦してます。

投稿: keiichi_w | 2011年4月24日 (日) 16時55分

>SHINさん

大川に沿って北上していると明るい歌声が
聞こえてきました。

最初はテープでも流しているのかと思いましたが
音源に近付いていくと彼女たちが歌っているのが
見えてきました。

僕が着いてから2曲ほどでステージは終了して
しまいましたが、『がんばれ日本』という
応援歌が心に残りました。

投稿: tetsu | 2011年4月24日 (日) 20時46分

>keiichi_wさん

045のデータを確認しました。

プログラムオート(1/1250、F9)
ISO800、タムロン90マクロ
マイナス1/3、WB曇り
ピクチャーコントロール ビビット
AF-S、NIKON D90

ブレの写真を少なくするべく殆どISOは
800と設定します。
露出もプログラムオートを多用しています。
時折プログラムシフトを使用して思いを
反映しています。
多くの方がたぶん絞り優先を設定していると
思いますが、気付かぬうちにシャッター速度が
遅くなってぶれている写真を量産してしまった
トラウマがあるのでPモードがお気に入りと
なってしまったようです。

WBはデジカメの強みですぐに確認できるので
重宝しています。この日はオートですとピンクの
花が白く写ってしまうので曇りに設定すると
本来の色を出してくれるようになりました。
花の多さや天気の加減で何度が設定を替えています。

三脚なしのマクロ撮影は息苦しさとの闘いです(笑)
花たちも少しの風で微妙に揺れています。
こちらの身体も苦しさにうち震えています。
その絶妙な掛け算の結果が一枚の写真になっています。


投稿: tetsu | 2011年4月24日 (日) 21時03分

えええええーーーっ! Pオートですか! 驚き。でもWBと補正の数字を見ると、なるほど、納得ですね。勉強になりました。

投稿: keiichi_w | 2011年5月 3日 (火) 06時23分

なんと『え』が5つも並んでいます。
やっぱり驚かせてしまったようですね。

お気楽モードの『P』は初心者専用と
なっていることは重々承知はしているのですが
やっぱりお気楽でとっても良いんですよね。

しかもプログラムシフトは秀逸でこちらの
意図がバシッと決まった時などは嬉しくなる程です。

投稿: tetsu | 2011年5月 3日 (火) 19時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/51430322

この記事へのトラックバック一覧です: 造幣局 桜の通り抜け :

« 宝塚 花のみち  | トップページ | 大阪駅  »