« 京桜6 ~半木の道~  | トップページ | 京桜8 ~高瀬川~  »

2011年4月 9日 (土)

京桜7 ~二条城~ 

Dsc_0469

醍醐の桜を観に行く選択肢と天秤にかけ、悩んだ末に二条城へと向かいました。入城券を買い城内へ入ると二の丸御殿の観覧を急ぐようにとアナウンスが響いています。御殿の観覧時間だけが閉城時間より1時間早い16時となっているためです。国宝でもある二の丸御殿は部屋数33、畳は800畳余りもあり、御所とは違う力強さと匂いを感じます。大広間の一の間では1867(慶応3)年10月、15代将軍慶喜が大政奉還を発表しました。将軍や殿様がここを舞台に歴史を作り、歴史を動かしてきたかと思うとなんとも不思議な感じがしてきます。

二の丸御殿を後にし、内堀を渡って本丸へ。五層の天守閣は数度の火災で今はありませんが天守閣後へ登ってご城下を眺める気分だけ味わってきました。西橋を渡るとそこには枝垂桜が綺麗な景色を作っていました。

世界遺産『二条城』。400年以上も前の1601(慶長6)年に家康が西日本の諸大名に京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所と造営させたお城です。強力なリーダーシップと人物の魅力が成し得た作品だったように思います。世界に認められる日本。過去の遺物だけに頼りたくありません。がんばれ日本。

Dsc_0145 Dsc_0150 Dsc_0425 Dsc_0440 Dsc_0471_2 Dsc_0471Dsc_0471_3 Dsc_0471_4  Dsc_0485 Dsc_0487 Dsc_0497 Dsc_0503

|

« 京桜6 ~半木の道~  | トップページ | 京桜8 ~高瀬川~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/51353573

この記事へのトラックバック一覧です: 京桜7 ~二条城~ :

« 京桜6 ~半木の道~  | トップページ | 京桜8 ~高瀬川~  »