« 鳥取漫遊  | トップページ | 石龕寺(せきがんじ)  »

2011年10月 9日 (日)

板井原集落 

P1000857

日本の山村集落の原風景を今に伝える村がここ『板井原集落』です。村の中の道は六尺道と呼ばれる車が通ることの出来ない狭い地道です。このことが今に昔の姿をそのまま伝えるキーワードとなっています。集落の崩壊は車が村落に乗り入れ地割が変わっていくことが大きな要因だったからです。

この不便この上ない板井原へは智頭ICから行くのが一番近くて便利です。でもここは敢えてJR鷹狩駅を経由地に選んで482から40号線を赤波川渓谷に沿って南下していくコースを選びます。これが本当に気持ちよくて素敵なコースです。DSCと以前一緒に来た道でもあります。途中、車寄せがある場所でフィットを止めて河原に降りて行きました。気持ちよさ抜群であります。

板井原集落公民館前の駐車場に車を止めて養蚕農家を改造した喫茶『野土香』に立ち寄ります。昭和の時間がここに流れています

P1000820 P1000860 P1000850 P1000876 P1000881 P1000909 P1000917 P1000919 P1000920 P1000935 P1000945 P1000947

|

« 鳥取漫遊  | トップページ | 石龕寺(せきがんじ)  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/52958214

この記事へのトラックバック一覧です: 板井原集落 :

« 鳥取漫遊  | トップページ | 石龕寺(せきがんじ)  »