« 清荒神  | トップページ | 緊急入院 DSC400  »

2011年11月12日 (土)

神戸イルミナージュ2011 

Dsc_0379 

冬の風物詩となっているイルミネーションは、『なばなの里』が有名です。『ウィンターイルミネーション』と名付けられ、国内最大級の630万球を使用しています。

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/index.html/

一度はその雄大な姿を観たいと思っていましたが、関西最大級のイルミネーションが今年神戸で観ることが出来るようになったとの事でDSCと一緒に行ってきました。

http://www.fruit-flowerpark.jp/illumination/

こちらは関西最大級と謳い、300万個のLED(発光ダイオード)を使用しています。

場所は神戸市立フルーツフラワーパーク(FFP)です。宝塚ICに乗り神戸JCTを山陽道へ、神戸北ICを六甲北有料道路に抜けて大沢IC下車するとそこがもうFFPです。ETCがあれば片道400円(通常650円)です。ただし、六甲北有料道路はETC非対応なので財布から50円を出さないとなりません。久し振りにこの面倒な行為を反復するとETCの有難みを益々強く感じることとなりました。

中国自動車道を西に走ると真正面の空がピンク色に染まっています。余程路肩に止まって写真を撮ろうかと思いましたがグッとそんな衝動にブレーキを掛ける自分が居ます。素晴らしい夕焼けです。周りに居る車のドライバーと一緒に暫し大自然が映し出す巨大スクリーンを堪能しました。

会場へは点灯開始時刻である17時半より少し早く到着しました。入園券(当日券1,000円)を購入しましたが手元のチケットを確認すると前売り800円のものでした。こういうことをされるとついつい税金対策対応などと穿った見方をしてしまいます。

会場入り口に三脚を立てて点灯の瞬間を待ちます。

大きな感動は自分の予想を超えたときに感じるものです。そういう意味では想定の範囲内の美しさで大感動するには何かがチョッピリ足りなかったように思えます。でも家族連れやアベックたちは十分に楽しんでいたと思います。

適当な食事処は無く、出店ブースもお腹の足しになるものを取り扱っている処だけ長蛇の列が出来ています。これだけの人が来ることが分かっているのですからもう少しハード面での受入れ態勢を整えていたらと余計なことを思ってしまいました。

Dsc_0020 Dsc_0006 Dsc_0152 Dsc_0401 Dsc_0051 Dsc_0049 Dsc_0425 Dsc_0047 Dsc_0067 Dsc_0081 Dsc_0113 Dsc_0134 Dsc_0161 Dsc_0189 Dsc_0203 Dsc_0205 Dsc_0206 Dsc_0228 Dsc_0232 Dsc_0239 Dsc_0263 Dsc_0246 Dsc_0273 Dsc_0278 Dsc_0287 Dsc_0289 Dsc_0299 Dsc_0319 Dsc_0350 Dsc_0358 Dsc_0382 Dsc_0405 Dsc_0404 Dsc_0398 Dsc_0435 Dsc_0414

|

« 清荒神  | トップページ | 緊急入院 DSC400  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53228561

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸イルミナージュ2011 :

« 清荒神  | トップページ | 緊急入院 DSC400  »