« 奈良県立美術館  | トップページ | 兵庫県立美術館  »

2011年11月19日 (土)

宝山寺 

P1000262_2

商売繁盛の神様として『聖天さん』として親しまれている生駒の宝山寺。若き頃、ここ生駒に住んでいましたがその時は一度も行ったことがありませんでした。

http://www.hozanji.com/index.html

アーケードの商店街は夜の8時にもなるとすべての店がシャッターを降ろして食事が出来る店もありません。仕方なく商店街を通り抜けるとその先に一軒だけお好み焼き屋さんが開いており良くお世話になったものです。最初に行ったときに店のおばちゃんから『あんた、関西の人間じゃないね』とその食べ方から喝破されました。

生駒はそんな思い出の地でもあります。でも今日は夕方までに帰らなければいけない事情もありケーブルの駅に真っ直ぐに向かいます。

最初は生駒遊園地のある山上駅まで行こうと思いましたがこの雨で遊園地は閉園、また宝山寺駅から上は40分毎の出発となっていると知り諦めました。生駒駅に隣接する鳥居前駅から宝山寺駅までも20分毎の出発です。

6分間のケーブルを楽しんで宝山寺駅に到着します。下界より激しい雨が降っている様に感じます。温泉街のような立派な階段が続いています。その沿道には旅館もあるのですがこの雨だからなのか人っ子一人いません。

雨の中を傘をしっかりと差して滑らないように石の階段をゆっくりと上がっていきます。激しい雨が傘を突き抜けてきます。お寺に着くころには頭からビチョビチョになってしまいました。

惣門を抜け、中門を潜り境内に入っていきます。そこには山に囲まれた伽藍たちが霧の中に浮かぶように別世界が広がっていました。

生駒駅に戻ると殆ど雨は降っていませんでした。あの雨の世界が幻の様に思えてきました。

P1000159 P1000160 P1000173 P1000187 P1000197 P1000198 P1000201 P1000209 P1000222 P1000258 P1000244 P1000249 P1000219 P1000267 P1000289 P1000298

|

« 奈良県立美術館  | トップページ | 兵庫県立美術館  »

コメント

晴れた日のバイクの旅もいいですが
雨の日の電車の旅も素敵ですね。
ゆっくりと電車に乗ると、能動的に自ら運転
しなければならないバイクや車と違って
移動中考えることも自然と変わってきたり
しませんか?(僕だけ?)
静かな場所でゆっくり仏の顔を見ていると
こころが洗われるような気にもなります。
それにしても、お好み焼きの食べ方で関西人でないことを
見抜く生駒のおばちゃん、恐るべしですね(笑)

投稿: kazuh | 2011年11月23日 (水) 12時00分

>移動中考えることも自然と変わってきたり
しませんか?

僕もkazuhさんと同じです。
バイクに乗っていてはよそ見も出来ませんが
電車だとよそ見しかしていません(笑)

DSCよりもカブの方がその遅い分風景が
楽しめますが、カブよりもやはり歩きの方が
たくさんの情報が入ってきます。

時には歩き、時にはカブ、時にはDSCと
その時の気持ちに合わせた乗り物を
選択したいですね。

お好み焼き屋さんではコテで食べるのでなく
箸をお願いしたからだと記憶しています。
2回目からは慣れないコテで食べる練習を
していました。

投稿: tetsu | 2011年11月23日 (水) 13時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53285514

この記事へのトラックバック一覧です: 宝山寺 :

« 奈良県立美術館  | トップページ | 兵庫県立美術館  »