« 入江泰吉記念奈良市写真美術館  | トップページ | 奈良県立美術館  »

2011年11月19日 (土)

奈良国立博物館

P1000083

今ではメインの展示施設となっている新館は生憎陳列替えの為休館中でありました。この関西文化の日にぶつけて欲しくはありませんでしたが仕方ありません。でも旧館の『なら仏像館』では『名品展 珠玉の仏たち』とその題名だけでクラクラするような素敵な催しを開催してくれていました。

しかも簡単な手続きで館内で撮影可能となります。フラッシュを焚かない、三脚等を使用しない、撮影禁止対象(カメラ×マークが付いている)は撮らないを守ることを宣誓し署名すればOKとなります。右腕に国立博物館の腕章を着けてくれます。これで堂々と撮影可能となります。

それでも撮影していると年配夫婦の男性が女性に話し掛けるようにしながら僕に向かって非難の声を上げたります。「ここは写真撮っていいのか?」と。それは絶対に僕に直接ではありません。面倒くさいので、手続きをすれば撮っていいのですよと教えてあげます。

2006年春に発売のコンデジ(パナソニック製ルミックスFX01)ではノーフラッシュの仏像写真は暗い館内でとても難しいものとなりました。でも心は土門拳です。仏様たちの素敵を心で撮ってきました。

P1000111 P1000075 P1000050 P1000052 P1000057 P1000103 P1000068 P1000073 P1000090 P1000099 P1000080 P1000081

|

« 入江泰吉記念奈良市写真美術館  | トップページ | 奈良県立美術館  »

コメント

撮影できるなんて知らなかった~

でも、貴重な写真ですね。

投稿: SHIN | 2011年11月28日 (月) 01時02分

美術館、博物館と云うと頭から写真は
NGと思ってしまう処がありますね。

OKの先でも大々的にOKをアナウンスは
していないのでここは受付の方に聞くことが
間違いありません。

一眼だと綺麗に撮れるのですが静かな館内で
あのシャッター音は気になります。
コンデジにこの部分だけは軍配が上がります。

投稿: tetsu | 2011年11月28日 (月) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53285499

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良国立博物館:

« 入江泰吉記念奈良市写真美術館  | トップページ | 奈良県立美術館  »