« 飛鳥寺  | トップページ | 藤原宮跡  »

2011年12月24日 (土)

大和三山

Dsc_1350

香久山(かぐやま)、耳成山(みみなしやま)、畝傍山(うねびやま、冒頭写真)の総称が大和三山です。これらの山々に囲まれた盆地に藤原宮が造られました。

山々が人の営みを営々と見てきたのと同時に、昔の人々もこの大和三山を見てきた訳です。彼らと同じものを今目の前にしている、そう思うと歴史の延長線上の自分の存在に気付かされます

藤原宮跡に立つと東に香久山、北に耳成山、西に畝傍山の位置関係となります。明日香から北に上ってくるとまずは香久山とご対面です。でもその頃には雪が少し激しく降ってきました。参ったな~と思いながら腰にぶら下げたコンデジを取り出しました。

バス停付近から香久山へと向かう道があったのでカブでその細い道を辿って行くと天理教の支部に着いてしまいました。

藤原宮跡に行く左折のタイミングを見計らいながら小さな看板も見落とさない細心の注意を持って進んでいきます。でも頃合いから何も無い交差点を曲がっていきます。するとビンゴ。広大な藤原宮跡が目の前に広がってきました。道路を挟んで北方向には耳成山です。

また藤原宮跡の向こう、橿原方面には畝傍山が見えてきます。今、僕は古代の都の真ん中に立っています。

【香久山】

P1000055 P1000059

【耳成山】

P1000061 Dsc_1354

【畝傍山】

Dsc_1359 P1000079

|

« 飛鳥寺  | トップページ | 藤原宮跡  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53564123

この記事へのトラックバック一覧です: 大和三山:

« 飛鳥寺  | トップページ | 藤原宮跡  »