« 藤原宮跡  | トップページ | 山の辺の道  »

2011年12月24日 (土)

橿原考古学研究所附属博物館 

Dsc_1383

館内ガイドは通常その所要時間は50分ですが、僕が加わったチームはなんと2時間15分掛けて解説をして下さいました。

僕が館内ガイドを放送で知り受付の方に集合場所をお聞きしました。急いでその場所に行きますが誰も居ません。すると受付の方が飛んできて下さり、すでに解説を始めているグループに加わるように案内してくれました。でも解説の方以外にはご夫婦一組だけでしたのでお邪魔になるようで少し気が引けました。

そしてすぐにとんでもなく素敵な方々とご一緒していることに気が付きました。解説の方はその男性を『先生』と呼ばれています。解説の方の知識が底なし沼の様に深いことに感銘を受けましたが、『先生』も負けず劣らず博識でおふたりの言葉のキャッチボールが楽しいこと楽しいこと。まるでテレビ番組を見ているようでありました。『先生』はここ30年は日本ではなくアメリカに住まわれ、最新の日本古代史情報には疎いと言われていましたがそんなブランクは微塵も感じさせませんでした。

いつもなら1時間掛からない解説も、そんな訳で力が入ったことは間違いありません。とってもラッキーな巡り合わせでありました。でもそんな訳で写真を撮るのも憚られ、後で撮ればいいやと思っていましたが、ガイドが終わると閉館まであと15分しかありません。慌ててもう一周を早足で廻りましたが頭の中で先程お聞きした様々なことが渦巻き写真に集中できませんでした。

Dsc_0373 Dsc_1363 Dsc_1365 Dsc_1364 Dsc_1367 Dsc_1374 Dsc_1371 Dsc_1372 Dsc_0376 Dsc_0379 Dsc_1377 Dsc_1379 Dsc_1378 Dsc_1380

|

« 藤原宮跡  | トップページ | 山の辺の道  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53564135

この記事へのトラックバック一覧です: 橿原考古学研究所附属博物館 :

« 藤原宮跡  | トップページ | 山の辺の道  »