« 奈良 ~若草山焼き~  | トップページ | 奈良 ~柳生の里~  »

2012年1月29日 (日)

奈良 ~滝坂の道~ 

Dscn0444

2日目の奈良。奈良市内を存分に楽しむという選択肢が最有力候補でしたが、この日は人混みを避けたいと思い、ホテルのベットで寝転びながら『柳生』に行こうと思いました

その前に気になったのが滝坂の道です。奈良の高畑から柳生に続く柳生街道の一部です。昔ながらの道は往時の姿をそのままに伝えてくれるとあったからです。ところがパンフを熟読すると歩行者専用道路となっている様子です。そこで取り敢えずはその入口まで行ってみようと思い、飛鳥中学校付近まで来るとやはり車バイクの進入禁止の看板が。諦めかけていましたが別ルートが無いか近所を走っていると車では通り抜けは出来ないとあるものの交通規制のない道を発見し、カブとその道に入っていくことにしました

ところが入って間もなく石ころゴロゴロの大変な道が続く状態になりました。後悔する位の冒険が実は大好きな僕です。泣きそうになりながらも笑って前に進んでいきます。途中からは石畳の道が続きます。沢に落ちないように慎重にアクセルを制御し山寄りに進んでいきます。それでも大きな石にハンドルを取られてバランスを崩してしまいます。やじろべいの様に両足を広げバランスを取り、すぐに足が着けるようにしながらの前進です。一速では力があり過ぎる場面では二速にしてアクセルワークで切り抜けます。右手はミリ単位での修正を瞬時に要求されます。誰も居ない山の中で楽しくて仕方ない僕がいます。

何度も引き返そうかと思いましたがその判断を先送りにしていくと次の目的地の方が距離が短くなることを看板が教えてくれます。そのまま勇気を振り絞って先に進んでいきます。ところがその後、どうしようもない事態に遭遇します。

Dscn0401 Dscn0402 Dscn0407 Dscn0409 Dscn0415 Dscn0422 Dscn0426 Dscn0430 Dscn0416 Dscn0471 

どうしようもない事態・・・ それはカブがもうそれ以上先へは進むことの出来ない事態でした。一番下の写真がその証明写真です。沢に掛かる橋と、大きな岩が僕たちの前に立ちはだかりました。これはイケません。以前橋からカブごと落ちた素敵な経験を持つ僕です。これにチャレンジすることは抜き差しならぬ事態に陥ることを意味することを知っています。ここは素直に元来た道を戻ることにしました。

それでもこの滝坂の道に来られたことをすごく嬉しく感じました。一旦は奈良市内へと逆戻りとなりましたが、柳生へと再びカブを向かわせます。

Dscn0439 Dscn0440 Dscn0452 Dscn0455 Dscn0464 Dscn0469 Dscn0474 Dscn0476

|

« 奈良 ~若草山焼き~  | トップページ | 奈良 ~柳生の里~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53855825

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良 ~滝坂の道~ :

« 奈良 ~若草山焼き~  | トップページ | 奈良 ~柳生の里~  »