« フォトコンテスト入賞♪  | トップページ | 家で死ぬということ  »

2012年2月25日 (土)

三興湯

P1000015

171を少し入った住宅街の中に三興湯はあります。

http://www014.upp.so-net.ne.jp/sankouyu/

今日は朝方4時頃からちょっぴり具合が悪くて8時頃までドタバタしてそれからまた昼過ぎまで布団の中におりました。外は生憎の雨。これでは元気の出る筈もなく、夕方雨が上がってから元気の素を食べに行くことにしました。行き先は尼崎方面にある天下一品。ニンニクを入れてもらった「こってりラーメン」はとっても優しく身体の隅々まで滋養を運んで元気にしてくれました。

帰路、本屋に立寄りお気に入りの本を数冊買い込みます。まずは本の表紙とにらめっこ。その後でカバーに書いてあるあらすじや、中身をパラパラとめくって相性が合えばお持ち帰りとなります。ノウハウ本は大嫌いです。自分の人生は一度きりしか経験できませんが、本を読むことで違う人生を体験できます。そんな本を今までも、そしてこれからも読んでいくことが出来れば幸せだと思います。時間の無駄使いはしたくありません。

本屋の後は至極タイムの連続狙いで銭湯に向かいます。

P1000024 P1000026

大きな駐車場が隣接してありますが結構埋まっています。もっと閑散としていると想像していましたが車を使わずに来られている人も多く地域に根差したお風呂屋さんのようです。

下駄箱に靴を入れ木札を取ります。懐かしのシュミレーションに少し嬉しくなります。番台の親爺さんに入浴料360円を渡して男風呂の暖簾を潜っていきます。子供の大きな声が高い天井から響いてきます。

あぶくの出る浴槽に浸かり、ラドン温泉に浸かり、身体が段々と溶けていきます。溶けてなくなる前にサッと上がり、番台前の休憩場で腰に手を当てながらコーヒー牛乳を飲めば正しい『銭湯コース』の完成です。紙パックの牛乳ではいけません。ちゃんとガラスでできた牛乳瓶が必須条件です。でも番台前にはカフェオレの牛乳瓶しかありません。これには少しヘコタレましたが仕方ありません。ちょっぴりお洒落にカフェオレ片手に周りの人に気付かれないようにそっと腰に手を当てます。。。

|

« フォトコンテスト入賞♪  | トップページ | 家で死ぬということ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/54076188

この記事へのトラックバック一覧です: 三興湯:

« フォトコンテスト入賞♪  | トップページ | 家で死ぬということ  »