« 倉敷 ~美観地区Ⅰ~  | トップページ | 鬼ノ城(きのじょう) »

2012年2月12日 (日)

倉敷 ~美観地区Ⅱ~

Dsc_0353

大原美術館を堪能し、一度ホテルへ戻ってダブルのお部屋で一休み。フロントに預けていた三脚を持ち出し再び倉敷の町へと繰り出しました。

JR倉敷駅までアーケードの商店街をブラブラしながらゆっくりと歩いていきます。

駅前観光案内所で明日の目的地である鬼ノ城に関する情報を収集します。案内所のお姉さんも鬼ノ城に行かれたことがあるとのことで有益情報とリーフレットとをゲットしました。(注:現地にて案内図が無料で置かれていますのでそちらでOKです)

美観地区とは駅の反対側に大きなアウトレットモールが出来ています。以前チボリ公園があった場所です。でも僕には全くの無縁なので駅からチラッと見ただけで再び美観地区へと戻りました。

再び大原美術館へ午前中使ったチケットを見せて入ろうとすると係りの方が困った表情を浮かべて再入館は出来ないと云われます。でも落ち込む僕が余程可哀そうに見えたのか今回限りと云う特別な配慮で入れて頂きました。もう一度見たかった作品にスポットを当てて廻りました。最後にお礼を言おうと正面入口に戻ると既に門は閉じられていました。

倉敷川に沿ってゆっくりとのんびりと歩きます。日帰りですとこんな芸当は出来ませんが今日はお泊りです。素敵な時間を思う存分楽しみます。

やがて日が沈んでいき辺りを暗闇が包み込んでいきます。昼の神と夜の神の交代の儀式が始まります。ほんの少しの間だけ夢のトワイライトゾーンの世界に身を置くことが出来ます。川面に映る建物たちが蒼い時間の中で揺れています。

Dsc_0179 Dsc_0180 Dsc_0184 Dsc_0188 Dsc_0213_2 Dsc_0221 Dsc_0193 Dsc_0197 Dsc_0229 Dsc_0231 Dsc_0205 Dsc_0233 Dsc_0235_2 Dsc_0208 Dsc_0211 Dsc_0213 Dsc_0216 Dsc_0227 Dsc_0249 Dsc_0250 Dsc_0258 Dsc_0259 Dsc_0223 Dsc_0224 Dsc_0261 Dsc_0232 Dsc_0235 Dsc_0237 Dsc_0248 Dsc_0285 Dsc_0286 Dsc_0254 Dsc_0275 Dsc_0277 Dsc_0280 Dsc_0282Dsc_0283 Dsc_0296 Dsc_0300 Dsc_0305 Dsc_0290 Dsc_0308 Dsc_0307 Dsc_0309 Dsc_0310 Dsc_0331 Dsc_0358 Dsc_0355 Dsc_0362 Dsc_0366 Dsc_0381 Dsc_0319 Dsc_0391 Dsc_0376 Dsc_0392 Dsc_0401 Dsc_0392_2 Dsc_0412 Dsc_0434 Dsc_0406 Dsc_0438 Dsc_0444 

一番下右写真は大原美術館で鑑賞した中でお気に入りの絵画のポストカードです。左が児島虎次郎の『朝顔』(1916-1918)、右がシャルル・コッテの『セゴヴィアの夕景』(1905-1909)です。

|

« 倉敷 ~美観地区Ⅰ~  | トップページ | 鬼ノ城(きのじょう) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/53966881

この記事へのトラックバック一覧です: 倉敷 ~美観地区Ⅱ~:

« 倉敷 ~美観地区Ⅰ~  | トップページ | 鬼ノ城(きのじょう) »