« 篭坊温泉  | トップページ | 花火物語 ~桜花火~ »

2012年3月31日 (土)

下呂温泉  

Fscn0592

『青春18きっぷ』を使って下呂まで温泉三昧の旅をしてきました。本当は3月の初旬に行く予定でしたが椎間板ヘルニアで敢え無くダウンしこの日のリベンジと相成りました。

【1日目】 西宮→梅田→大阪駅(5:57発)東海道・山陽本線快速(長浜行)→米原(7:41着8:04発)東海道本線(東海)(大垣行)→大垣(8:38着8:43発)東海道本線(東海)特別快速(浜松行)→岐阜(8:55着9:10発)高山本線(美濃太田行)→美濃太田(9:44着9:57発)高山本線(下呂行)→下呂(11:18着)

【2日目】 下呂(10:05発)高山本線(美濃太田行)→美濃太田(11:36着11:56発)高山本線(岐阜行)→岐阜(12:32着12:49発)東海道本線(東海)(大垣行)→大垣(13:01着13:12発)東海道本線(東海)(米原行)→米原(13:47着13:50発)東海道・山陽本線新快速(米原経由網干行)→大阪(15:13着)→梅田→西宮

【下呂】 JR下呂駅→下呂市総合案内所→濃飛バス→下呂温泉合掌村(しらさぎ座)→湯のまち雨情公園→せせらぎの小径→阿多野橋→湯の街ギャラリー木霊→温泉寺→山の手通り→下呂発温泉博物館→鷺の足湯→白鷺の湯→チャップリン像→松屋通り→花いかだ(今宵の宿)⇔木曽屋(大浴場&露天風呂)→下呂大橋(花火見物)→花いかだ→(2日目)下呂大橋→噴水池→モリの足湯→JR下呂駅

天気予報では土曜日は雨、日曜日は晴れてくるとの予報です。電車に乗っている間は晴れたり曇ったり、時に土砂降りとなったり目まぐるしくお天気は変わっていました。

Dscn0010 Dscn0016 Dscn0036_2 Dscn0061 Dscn0062 Dscn0070 Dscn0072 Dscn0086 Dscn0090 Dscn0103 Dscn0116 Dscn0129 Dscn0130 Dscn0137

JR下呂駅に到着です。天気は・・・やはり雨です。でもすでに第一目的地は決めています。駅に隣接する観光案内所でパンフレットと情報をゲットします。そして駅前のバス停から濃飛バスに乗り込み揺られること約6分。『下呂温泉 合掌村』で下車します。

合掌村は世界遺産白川郷の合掌家屋を移築しその素敵を再現しています。そして全国唯一の影絵上映館『影絵昔話館しらさぎ座』があります。そこではコブクロの蕾のPVなどでも活躍され世界中を廻られている「劇団かかし座」さんが上演しています。

日本昔話の世界が影絵で幻想的に描き出され、しばし夢の中にいる様でありました。人の身体だけでどうしてこんな素敵が創れるんだろう、そんな感動が胸に残りました。

合掌茶屋できのこ蕎麦と五平餅を頂きます。すぐに混雑してきたので村内へと繰り出します。でも雨足は強くなるばかりです。狛犬博物館で狛犬たちと萬古庵では円空仏と向き合って出来るだけ館内にいるようにします。

Dscn0160 Dscn0165 Fscn0382 Dscn0193 Dscn0195 Fscn0383 Dscn0170 Dscn0172 Dscn0183 Dscn0185 Dscn0197 Dscn0205 Dscn0213 Dscn0222 Dscn0214 Dscn0217 Dscn0232 Dscn0238 Dscn0241 Dscn0251

合掌村まではかかし座の上演時間に間に合わすようにバスで行きましたが、宿までは雨情公園を抜けてゆっくりと歩きながら街中へと入っていきます。その頃になってやっと雨も止んでくれました。

173段の階段を上がった温泉寺からは市街を一望し、温泉博物館では温泉の勉強をしてきました。ケロリン桶には大きく深い関東タイプと小さく浅い関西タイプの二つがあることも知りました。

http://www.naigai-ph.co.jp/special/fanclub/yurai/

どうやらそこには関東と関西のお風呂文化の違いがありその奥行きの深さを知りました。

関東では蛇口からお湯を取り掛け湯をして身体を洗ってから湯船に入る。関西では湯船から桶で掛け湯をしてすぐに湯船に入りその後に身体を洗う。だから関西での桶は少し小さくて浅いのだと云うのです。僕は関東の人間ですがお風呂の入り方は関西式の様です。

下呂温泉は有馬、草津と並び日本3名泉のひとつに数えられています。

宿に着いて一息入れた後spa、まちぶらして夕食の前にspa、夕食後花火を観てからspa、寝る前にもう一度spa、そして朝起きて朝飯前にspaと日本名湯を思いっ切り堪能してきました。

下呂のお湯は身体に優しく腕を擦るとヌルヌルツルツルしていました。

Dscn0289_2 Dscn0290 Dscn0291 Dscn0284 Dscn0265 Dscn0299 Dscn0303 Dscn0304 Dscn0316 Dscn0317 Dscn0318 Dscn0324 Dscn0329 Dscn0336 Dscn0346 Dscn0349 Fscn0386 Fscn0387

今宵の宿は『御宿花いかだ』。僕の部屋は階段上の一間です。なんか寅さんの世界を再現しているようで嬉しくなります。TVもデジタル化に伴いチューナーだけを追加したので画面の人の顔がちょっと縦に長く感じるのもこれまた嬉しい。

お風呂は姉妹館の木曽屋さんの立派なお風呂を自由に使えます(ただし請求時には利用券提示要)。宮島の大浴場と同じく畳敷きです。これがいま流行なのかもしれません。下写真のガラス窓の向こうには露天風呂もあって極楽の気分を味わえます。

露天風呂の岩場に頭を置くとピッタリするポジションがあります。ここが僕の特等席となりました。そこからは壁に描かれた鯉の画が真正面に見えるのですが何か不思議な存在感がありました。

Dscn0365_3 Dscn0366 Dscn0368 Dscn0389 Dscn0391 Fscn0381

|

« 篭坊温泉  | トップページ | 花火物語 ~桜花火~ »

コメント

私はたまに白鷺の湯に入るくらいで、バイクを止めるところもないし、日頃ほとんど通過ばかりしてる下呂温泉もこうして写真になるとかっちょええですね。
そういえば、高山線のキハの撮影をしたいなあと思いつつ、もう何年も行けてない自分。

投稿: keiichi_w | 2012年4月 8日 (日) 05時56分

近場ですとどうしても気が向かず
往々にして灯台下暗しになりますね。

僕も、京都、奈良、和歌山という日本の
伝統遺産がすぐ近くにあることの贅沢を
忘れがちです。

御坊ではキハ603が2009年まで
走っていた紀伊鉄道に乗ってきました。
(鉄道のことは全然知らないので変な
ことを言っていたらごめんなさい)

全長2.7kmの日本2番目(微妙・・・)の
短い路線の電車はなんともゆったりとした
乗り心地でありました。

それにしても下呂は良いですね~
温泉に浸かってそのまま溶けてしまいそうでした。
バイクの駐輪事情は下呂でも難しくなっている
のですね。
有馬でも置き場に困ります。
有馬の時はカブで行って何気に止めれる場所に
馴染む様に置かせて貰っています。

投稿: tetsu | 2012年4月 8日 (日) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/54333045

この記事へのトラックバック一覧です: 下呂温泉  :

« 篭坊温泉  | トップページ | 花火物語 ~桜花火~ »