« 神の島 宮島 ~ライトアップ~ | トップページ | 北山緑化植物園  »

2012年3月18日 (日)

神の島 宮島 ~朝・霧・そして別れ~ 

Fscn1098

朝一番に展望風呂に入ります。椅子と桶がすべてセットされたままで僕が一番乗りであることが分かります。掛け湯をしてドボーンとお湯に身体を沈めていきます。

朝食前には朝の散歩と洒落込みます。でも生憎の空模様で今にも泣きだしそうであります。宿の方が出掛けに傘を貸して下さいます。ブラブラと大鳥居に向かい歩いていくと案の定雨が落ちてきました。

それでも朝の光の中に浮かぶ大鳥居は昼の表情とはまた違う雰囲気を醸し出し素敵でした。島内の宿泊者だけが楽しむことが出来る早朝の風景です。

Dscn0969 Dscn0974 Dscn0975 Dscn0979 Dscn0985 Dscn0983 Dscn1018 Dscn1024 Dscn1035 Dscn1040 Dscn1078 Dscn1011

宮島に別れを告げるときが来ました。弥山の原始林が霧の中に包まれています

Dscn1114_2 Dscn1121 Dscn1129 Dscn1135 Dscn1166 Dscn1180 Fscn1211 Rscn0875

船が宮島口に到着すると神の島から現実の国へと引き戻されたような寂しさを感じます。宿で貰った杓文字の葉書をリュックに入れた僕は再び各駅停車の旅人となって大阪駅へと向かいます。

Dscn1186 Dscn1192 Dscn1200 Dscn1206 Dscn1246 Dscn1271

|

« 神の島 宮島 ~ライトアップ~ | トップページ | 北山緑化植物園  »

コメント

大変遅ればせながら拝見いたしました。
もう腰のほうは大丈夫ですか?
電車でゆったりと旅をされたのですね。
宮島もツーリング候補に随分前から
いれているのですが、
なかなか実現しません。(というか具体的
プランをたててないのですが・・・)
夕焼け、本当に素敵です。
本場の焼牡蠣も香りがしてきそうです。
畳のお風呂、驚きです。
人口素材ではなく、本物のイグサの畳
なのでしょうか?

咲き誇る桜の隙間から鳥居が見える、
そんな一枚を撮りにいこうと
漠然と考えていましたが、
楽しむところは他にもたくさんあるというのを
拝見して教わりました。

投稿: kazuh | 2012年4月15日 (日) 02時18分

腰の方は座薬で痛みを押さえているので
時間が経って効果が薄くなってくると
痛みが出てくるような感じです。
でも桜の誘惑に簡単に引っ掛かってしまい
今日も篠山へと行ってきました。
でもここは大人の判断でDSCでもカブでもなく
フィットを相棒に選びました。
ご心配ありがとうございます。

宮島、良いですよ。
ご家族と御一緒でも、一人旅でもそれぞれの
楽しみ方が出来ると思います。
今回は弥山へ上がりませんでしたが
弥山に登らずして宮島を語るなかれとも
云われています。上からの光景はまた絶景です。
行く機会がありましたら是非上がって下さい。

kazuhさんの桜のトンネル
段々と大きく立派になってきますね。
10年後、20年後を想像するのも
楽しそうです。

投稿: tetsu | 2012年4月15日 (日) 19時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/54261043

この記事へのトラックバック一覧です: 神の島 宮島 ~朝・霧・そして別れ~ :

« 神の島 宮島 ~ライトアップ~ | トップページ | 北山緑化植物園  »