« 宮古島 1日目  | トップページ | 宮古島 3日目  »

2012年7月 4日 (水)

宮古島 2日目 

Dscn0992_2

(冒頭写真は前浜ビーチ)

【本日のコース】 ホテルピースアイランド宮古島→78→243→高野→83→比嘉ロードパーク→新城海岸→吉野海岸→東平安名崎→コムカの墓→保良川ビーチ→海宝館(PASS)→竹中山展望公園→ムイガー断崖→博愛漁港→イムギャーマリンガーデン→琉球の風(昼食)→うえのドイツ文化村(PS)→入江橋→来間大橋→来間島→竜宮城展望台→長間浜→前浜ビーチ→サンセットビーチ→バイナガマビーチ→ホテル→A&W(夕食)→ホテル→GS→砂山ビーチ→ホテル

宮古島初日は北端(西平安名崎)に行きました。そうなればライダー2日目の今日は、南東先端の東平安名崎へと行かねばなりません。ホテルから東に進路をとり、後は海岸線沿いに南下するだけです。その間もたくさんの素敵なビーチが点在します。

今の時期だからなのか時間帯なのか分かりませんがどこのビーチも人が少ないのです。芋の煮っ転がしようなどこぞの海岸とは大違いです。しかも砂浜と海と空の色が段違いに素敵です。

新城海岸、これでアラグスクと読みます。城はグスクです。つづく吉野海岸とのふたつのビーチではシュノーケリングを教える人、教わる人たちがいました。こんな海だったら潜ってみたくなる気持ちがよく分かります

Dscn0795 Dscn0796 Dscn0797 Dscn0802 Dscn0814 Dscn0827 Dscn0835 Dscn0836 Dscn0839 Dsc_0800 Dsc_1189 Dsc_0802 Dsc_1192 Dsc_1193 Dsc_1198 Dsc_1200

東平安名崎は長さ約2km、幅最大160m、高さ約20mの細長いこれぞ半島という半島であります。その先端にはイメージ通りの灯台がスクッと立っています。

そしてまたここにも美し過ぎたために幸せになることが出来なかったひとりの女の物語がありました。そのマムヤの墓の岩の中には美しい彼女を思い描いた肖像画が置かれていました。

Dscn0845 Dscn0847 Dscn0849 Dsc_0815 Dsc_0818 Dsc_1203 Dsc_0824 Dsc_1215 Dsc_0828 Dsc_1220 Dsc_1222 Dsc_0835 Dsc_0837 Dsc_1225 Dsc_0849 Dsc_0855 Dsc_1236 Dsc_0856 Dscn0853 Dscn0858

宮古島は三角形を想像して貰うと分かり易いかもしれません。東平安名崎の場所は底辺右端です。今度は西方向に底辺左端へと向かいます。その途中にはたくさんの見所があります。

海宝館の名前は教えて貰っていたのですが、見るからに箱モノだけという感じでしたのでパス。展望台ではアベックの邪魔をしてしまいました。

ムイガー岸壁は高所恐怖症の僕には少し辛い場所ですが途中岸壁に近付けるスポットを見つけたのでズーマーと一緒に恐る恐る近付いてみます。腰が引けているのが自分でも分かります。

Dscn0859 Dscn0861 Dscn0867 Dscn0868 Dscn0872 Dscn0883 Dsc_1237 Dsc_1239 Dsc_1241 Dscn0900 Dsc_1246 Dscn0908 Dscn0912 Dscn0913 

本日ラストのメインスポットは楽しみにしていた来間島(くりまじま)です。来間大橋の向こうに島が浮かんでいます。海の色はもう当然ながら考えられない程綺麗です。本当に嘘みたいな色です。

Dsc_0932 Dsc_0935 Dsc_0939 Dsc_0940 Dscn0947 Dscn0957 Dsc_0865_2 Dsc_1249 Dsc_1251 Dsc_1255 Dsc_0889 Dsc_0876_2 Dscn0962 Dscn0965_2 Dscn0966 Dscn0968 Dscn0963 Dscn0973 Dsc_0901 Dsc_0902 Dsc_1273 Dsc_1279_2 Dsc_0909 Dsc_1291 Dsc_1294 Dsc_1295

僕は来間島でまた奇跡の出逢いをしてしまいました。長間浜・・・ 西に面したそれは遮るものもなく目の前にバーンと海を感じさせてくれます。北を望むと2014年開通予定の伊良部大橋が見えます。夕陽の時にまた来たい、そう思わずにはいられない場所であります。

Dsc_1296 Dsc_1306 Dsc_0919 Dsc_0920 Dsc_1301 Dsc_1302 Dsc_1303 Dsc_0921 Dsc_1305 Dscn0977 Dsc_0930 Dsc_0931

大感動を残しホテルに戻る途中に前浜ビーチがあります。結構な人気スポットと事前調べで分かっていたので侮っていたのですがこれまたびっくりするような素敵な場所でありました感動の数珠つなぎ状態です。

Dsc_0932_2 Dsc_0934 Dsc_0937 Dsc_1309 Dsc_1310 Dsc_0939_2 Dsc_0940_2 Dsc_1317 Dsc_0946 Dscn0986 Dscn0988 Dsc_1318
Dscn0994 Dscn0998 

石敢當(いしがんどう、いしがんとう、せっかんとう)と文字が刻まれた石碑を良く目にしました。西宮に帰ってきてからネットで調べるとこれは魔除けであることを知りました。この魔物は直進しか出来ずに三叉路等で行き場を失うと向かいの家に飛び込んできてしまう。その魔物から家を守るのかこの石碑らしいのです。魔物は石碑にぶつかると粉々になってしまいます。

サンセットビーチ。このどこにもある名前のビーチはそれだけに夕陽に思い入れの深い場所だと思い立寄りました。でも宮古島のそれは僕にはちょっと期待外れでした。この場所を最新リゾート地としようと人の手が大きく加えられています。人工的に綺麗な場所は宮古島には相応しくないと思うのは僕だけでしょうか。少し哀しい気持ちでいると空も泣き出して暫し東屋で雨宿りとなりました。

Dscn1000 Dscn1002 Dscn1004 Dscn1006 Dscn1012 Dscn1033 Dscn1035 Dscn1036 Dscn1047 Dscn1048 Dscn1050 Dscn1052

一旦ホテルの戻り、本土では見かけないハンバーガー屋さんで腹ごしらえ。部屋に備え付けの洗濯乾燥機を始動させたら大好きな砂山ビーチに夕陽を観に行きます。なんという贅沢。夕陽を観る為だけにズーマーを走らせます

Dsc_0947_2 Dsc_1320 Dsc_1321 Dsc_0950 Dsc_0952 Dsc_0966 Dsc_1325 Dsc_1339 Dsc_1342 Dsc_1357 Dsc_1367 Dsc_1400 Dsc_0972 Dsc_1392 Dsc_1389 Dsc_1411

沖縄に来て真っ白な僕はちょっぴり恥ずかしい。そんな思いもあり半袖や半ズボンになったり、腕まくりして肩を出したりしていました。でもその行為が沖縄ではとんでもないことと分かったのは3日目より後のことでした。それからは長袖を着て長ズボンを履いてと対策を打ったのですが当然ながら後の祭り。こんなになってしまいました。皮が捲れた痕はケロイド状に皮が引き攣っているのが分かります。寝ていても肩が痛くて寝返りも打てません。助けて~、と思わず叫びたくなりました。

Dscn1044 Dscn1066

|

« 宮古島 1日目  | トップページ | 宮古島 3日目  »

コメント

テレビでした見たことのない海の色ですね。
目の当たりにしたら、確かに楽園気分ですね。

 それに刺激的な写真をありがとうございます。
 ①黄金色の夕ぐれの海(北海道では見れなかった~)

 ②日焼けで○○○の皮もむけるんですね。

              (^^♪

投稿: kanoko551 | 2012年7月31日 (火) 17時34分

こればかりは写真でなければいくら言葉を
並べてもその素敵を伝え切れないです。

子供が描くような素敵な海そのままの景色が
目の前に広がっていました。

夕陽は結構明るくて三脚なしでも撮ることが
可能でした。重たい三脚を夕陽の為に
ずっと持参していましたがこればかりは
失敗でした。

頭は剥けても痛くなかったのですが
腕のそれはダメージが相当に大きくて
折角大風呂があるホテルを取ったのに
ひとり部屋の風呂で水浴びをするしか
ありませんでした(悲)

でもまたいつか離島に行って楽園気分に
どっぷりと浸りたいと思います。

投稿: tetsu | 2012年7月31日 (火) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/55225600

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島 2日目 :

« 宮古島 1日目  | トップページ | 宮古島 3日目  »