« 六甲山 | トップページ | 水の時計  »

2012年7月28日 (土)

座面交換 

Dscn2830_2

(冒頭写真はリニューアルした椅子)

ダイニングの椅子。もう気の遠くなる位長く使用しています。しっかりしたものを購入したので躯体部分は何ともありませんが座面は悲しき状態となっていました。でもそこは座布団を被せ見ないふりをしてきたのですが、一念発起、DIYで頑張っちゃおうと思ったのであります。

でも調べるにつれて段々と自信がグラついていきます。また布やクッション、そして専用ツールなどを買うとなると結構な出費となりそうです。

そこでどこか張替をやってくれる業者がないかネットで検索します。安かろ悪かろでは困ります。安心できる業者で料金も良心的な処という我が儘な願いで絞り込んでいきます。

最終的に残ったのが『アイランド』さんでした。淡路島で40年の実績があり、以前出店していたネット店でも評価が高いことが決め手となりました。

http://www.island-shop.jp/

もちろんお値段が安いことが重要なポイントでした。掛かった費用は送料(往路1,200円程、正確な料金は忘れてしまいました)、2,500円/脚×4脚=10,000円、送料(復路800円、代引き手数料無料)の合計12,000円です。

座面を取り外し(ドライバー一本で楽ちんに出来ます)、近所のコンビニから宅配便で送ります。椅子ごと送る訳ではありません。

Dscn0014 Dscn0008

送り出してから1週間も経たずして新しく生まれ変わった座面が帰ってきました。外した時とは逆に取り付けます。親切にガイドの穴も開けてくれているので取り付けも簡単でした。僕は座面に「あ」「い」「う」「え」のシールを付けて座面と躯体とが一致するようにして送り出しました。帰ってきた座面を見るとシールは僕が書いたものとは違っていましたがアイランドさんで書き直して付けてくれていました。

Dscn2822 Dscn2824 Dscn2825 Dscn2826

古い座面はすごく手の込んだ造りになっていたことに驚かされました。二重カバーとなっており裏側へのカバーの回り込みも贅沢な仕様でありました。

新しい座面はシングルカバーでホチキスの針も一見して分かります。でも椅子の裏側は実際には殆ど見ることはありません。必要にして十分な仕様であります。座面前面が少しカーブしており素人には少し難しい箇所と思われますがプロの仕事はさすがに抜かりなく綺麗な仕上がりとなっています。

 

|

« 六甲山 | トップページ | 水の時計  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/55499414

この記事へのトラックバック一覧です: 座面交換 :

« 六甲山 | トップページ | 水の時計  »