« 石垣島 3日目  | トップページ | 石垣島 5日目  »

2012年7月 2日 (月)

石垣島 4日目 

Dsc_1098

(冒頭写真はいもり牧場のジェラート店 ミルミル。屋上からの展望)

【本日のコース】 南の美ら花 ホテルミヤヒラ(バイキング)→GS→ANAインターコンチネンタル(真栄里ビーチ)→津波石→オヤケアカハチ顕彰碑→フルスト原遺跡→石垣やいま村(古民家、名蔵アンバル、リスザル)→川平湾(再訪)→海・海・海→野底マーベー→かーら家食堂(昼食)→アイナマ石→海→日の出と夕日の見える里→トムル崎→カフェトムル(島田伸助)→玉取崎展望台(再訪)→いもり牧場のジェラート店 ミルミル。→GS→竹富町役場→ホテル→まかない屋(夕食)→ホテル

石垣島で4日目。昨日までにもう全島を周遊してしまいました。情報刊行誌とにらめっこしてメジャーなスポットの次に来るような先をセレクトします。その行程で素敵だったところを織り交ぜていく作戦です。

真栄里ビーチはホテルの敷地内にありちょっと歩かなければならないので駐車場まで行ってパス。津波石は大津波で打ち上げられた巨石です。観光スポットになっておらず地元の方たちに道をお尋ねしても最初ピンときていないようでした。その近くに八重山の英雄オヤケアカハチの像があります。氏の名前は知りませんでしたがウルトラマンに出てくるレッドキングの名前の由来であることを後で知りました。

Dscn0441 Dscn0443 Dscn0446 Dscn0456 Dscn0473 Dscn0476 Dscn0478 Dscn0483

そのオヤケアカハチの居城跡がフルスト原遺跡となっています。看板に沿ってバイクを走らせて居城跡へといくとなぜか工場?の中へと入っていきます。一旦は諦めて次の場所へと向かいますが何かが心に引っ掛かって再チャレンジ。工場を突き抜けて原っぱを突っ切ると石積みの跡が出てきました。草むらを歩いているとバッタたちが慌てて飛び回ります。今は誰も居ないこの場所で、昔、多くの男たちが闊歩していたと思うと不思議な感じがしてきます。

沖縄らしい雰囲気をもっと感じたくて「石垣やいま村」へ。前回立寄った際は入村せず素通りでしたが今回は空港かホテルでゲットした同村のパンフに挟み込んであった割引券を使って訪ねてみました。

Dsc_0545 Dsc_0548 Dsc_0551 Dsc_0931 Dsc_0552 Dsc_0935 Dsc_0563 Dsc_0943 Dsc_0950 Dsc_0965 Dsc_0963 Dsc_0964 Dsc_0583 Dsc_0986 Dsc_0988 Dsc_0990 Dsc_0587 Dsc_1002 Dsc_0594 Dsc_0596

「石垣やいま村」は、古民家とリスザルとマングローブの3部門で構成されています。島唄の実演もあるというので楽しみにしてきました。今日は台湾からの団体客があるので実演は古民家から外の会場へと変更となったことを係りのお兄さんが教えてくれます。お兄さんは古民家は自由に出入りして昼寝も気持ちが良いと言ってくれました。ということであまり人の来ない古民家でゴロリとさせて貰いました。畳の上でひっくり返ると木の天井が見えます。風が通り抜け、セミの声が耳に心地よく響いてきます。本当はこんな場所に泊まりたかったのですが一寸贅沢な注文です。

そして再び川平湾へ。何といっても川平湾は石垣島で一番の観光スポットです。ここはお天気と時間によって刻々と違う表情を魅せてくれます。初日の訪問時には曇り模様であったのでリベンジのつもりです。青い空とどこまでも透き通るような青い海。絵に描いたような景色が目の前に広がります。

Dscn0492 Dsc_1010 Dsc_0600 Dsc_1012 Dsc_0601 Dsc_1013 Dsc_1016 Dsc_1014_2
Dsc_0614 Dsc_1020

贅沢にも昼飯を食べに行く目的だけで北に進路をとります。西海岸を北上していきます。綺麗な海が砂浜へと僕を誘います。木々の間の獣道のような細い道をバイクで入っていくとドバーンと海が目の前に広がります。鳥肌が立つ位、素敵です。お目当てのかーら家食堂はタイミング良く、すぐにテーブルに着くことが出来ました。ひとりなのに4人テーブルに案内してくれます。その後すぐに多くの来店客があり、僕はお店の人に申し出て席を移動しました。その直後です。ナプキンの入ったガラスのコップを押し倒しガチャーンと割ってしまいました。お店の人はすぐに飛んできて怪我がなかったか聞いてくれます。コップを壊したお詫びにかき氷を注文し、テラスで食べさせて貰います。キーンと頭が痛くなります。

Dscn0505 Dscn0526 Dscn0508 Dscn0527 Dscn0541 Dscn0543 Dscn0548 Dscn0556 Dscn0560 Dscn0564 Dscn0568 Dscn0570

無理やり嫁がされる娘が石になってしまったというアイナマ石。僕が久し振りの訪問者であったようです。アクセス道はぬかるみバイクコントロールも大変です。やっとのことで広場に出ると彼女がそこで待っていました。少しひんやりとした空気が流れていました。

Dscn0573 Dscn0578 Dscn0577 Dscn0588 Dscn0589 Dscn0598 Dscn0604 Dscn0606

玉取崎展望台を再び訪れました。川平湾も素敵ですが雄大さでは玉取崎に軍配が上がります。それにしてもこの素晴らしさを表現する言葉が見つかりません。こういう時に本当に写真に助けられます。百聞は一見にしかず。海を見ているだけで時間の経つのも忘れます。

Dsc_1028 Dsc_1029 Dsc_1030 Dsc_1033 Dsc_1040 Dsc_1041 Dsc_1042 Dsc_1044_2 Dsc_1048 Dsc_1051 Dsc_1054 Dsc_1057 Dsc_1062 Dsc_1064 Dsc_1067_2 Dsc_1068_2 Dsc_1066 Dsc_1070 Dsc_1069 Dsc_1076

いもり牧場のジェラート店 ミルミル。ジェラートの美味しさは抜群の上に、その屋上からの展望が素晴らしいと聞き行ってみることに。冷房の効いた1階では地元の人や観光客が絶え間なく来ていました。でも素晴らしく暑い屋上は物好きな僕だけでありました。そこは独り占めと前向きに考えて海の素敵を存分に楽しみます。牧草ロールを専用車両が器用に白いテープで巻くのをしばらく眺めていました。

Dscn0622 Dsc_0644 Dsc_0646 Dscn0627
Dsc_1090 Dsc_1089

沖縄県八重山郡竹富町の竹富町役場は石垣市にあり日本でも数少ない自治体の外に置かれる役場であります。そしてまた最南端の役場であります。これはライダー魂をくすぐります。宿泊ホテルのすぐ傍です。帰り道に勿論寄り道をしてきました。

Dscn0631 Dscn0633 Dscn0634 Dscn0637 Dscn0638 Dscn0639 Dscn0642 Dscn0643

|

« 石垣島 3日目  | トップページ | 石垣島 5日目  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/55195595

この記事へのトラックバック一覧です: 石垣島 4日目 :

« 石垣島 3日目  | トップページ | 石垣島 5日目  »