« 丹波篠山黒枝豆 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »

2012年10月14日 (日)

京都水族館 

Fscn0672 

学生時代の友人が法事の為、京都に来ることに。帰る間際に少しだけ会うことになりました。15時にJR京都駅で待ち合わせです。そこでその前に人工海水という内陸の立地ならではの最新技術に支えられた京都水族館へと初めて行ってきました

http://www.kyoto-aquarium.com/

大阪から京都までJR新快速に乗って行きます。京都駅からは土日はシャトルバスも出ていて水族館まで220円です。停留所から5分程歩くと水族館の入り口に到着です。

水族館の一番人気のイベントが『イルカスタジアム』で行われるイルカパフォーマンスです。土日祝日は10時に第一回目のパフォーマンスが行われます。僕が水族館に到着したのが9時45分です。でもイルカスタジアムは順路の最終コーナーに位置しています。途中のゾーンはすっ飛ばしてスタジアムへ向かいます。会場は1,000人程が入れますが既に良い席は殆ど埋まっていて端の方に空きがあるだけです。でもここは独り身の気軽さ。まずまずのポジションをゲットします。

太陽の位置と座ったポジションが撮影には不向きでありました。また初めてだったのでどこでイルカがジャンプするかも分からずコンデジ故シャッターが切れるまでのタイムラグやピント合わせにカメラが迷ったりと没写真を量産してしまいました。

Dscn0023 Dscn0096 Dscn0125 Dscn0129 

イルカパフォーマンスの2回目は11時半からでしたが15分前にはもう入場規制が掛かって会場に入ることも出来ませんでした。このタイミングしか無い人たちは可哀そうでありました。

イルカたちはまだ芸を100%覚え切れておらず仕事を途中放棄していたりしました。構成も含め大いに改善の余地はありそうです。でもやっぱりイルカたちは可愛かったです。

一度水族館を後にし蒸気機関車館に寄り道、再び水族館に戻り2度目のイルカパフォーマンスを楽しみました。(再入場するためには手の甲にスタンプを押して貰います)

ジンベイザメが3頭も泳ぐ美ら海の大水槽とは比べものになりませんがここの大水槽もなかなか素敵でした。アジたちがトルネードを作っていました。

Dscn0161 Dscn0232 Dscn0175 Dscn0223 Dscn0242 Dscn0211 Dscn0559 Dscn0257_2 Dscn0271 Dscn0281 Dscn0274 Dscn0289 Dscn0296 Dscn0299 Dscn0303 Dscn0308 Dscn0504 Dscn0530 Dscn0543 Dscn0520 Dscn0552 Dscn0568 Dscn0580 Dscn0586 Dscn0590 Dscn0587 Dscn0607 Dscn0609 Fscn0673 Fscn0674

|

« 丹波篠山黒枝豆 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/55889378

この記事へのトラックバック一覧です: 京都水族館 :

« 丹波篠山黒枝豆 | トップページ | 梅小路蒸気機関車館 »