« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月25日 (日)

清荒神 

Dsc_0012 

清荒神さんには銀杏の大樹が2本寄り添うようにあります。真っ黄色に染まった銀杏と会うためにDSCと一緒に行ってきました。

駐車場の参道寄りの一角が駐輪場になっています。そこにDSCを置かせて貰い、大銀杏へと向かいます。不思議なことに2本ある銀杏は対照的な姿となっていました。1本はもう殆ど葉を落としていました。そして残る1本は黄色い葉を纏い最後の雄姿を見せてくれていました。今日はその彼女を撮りに来たので様々な角度からポートレートを撮らせて貰います。

Dsc_0007 Dsc_0008 Dsc_0029 Dsc_0030 Dsc_0032 Dsc_0040_2 Dsc_0016 Dsc_0047 Dsc_0062 Dsc_0056 Dsc_0059 Dsc_0065 Dsc_0071 Dsc_0073 Dsc_0078 Dsc_0083 Dsc_0089 Dsc_0080 Dsc_0098 Dsc_0091 Dsc_0108 Dsc_0120 Dsc_0130 Dsc_0137 Dsc_0134 Dsc_0152 Dsc_0162 Dsc_0174 Dsc_0179 Dsc_0196 Dsc_0241 Dsc_0243 Dsc_0248 Dsc_0252 Dsc_0119 Dsc_0213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日 (土)

光明寺 

Dsc_0499 

光明寺、善峯寺、楊谷寺(ようこくじ)の3寺を西山三山と呼び、3寺を結ぶ西山古道は信仰の道として栄えていたらしい。

善峯寺からの帰り道、光明寺(入山料500円)に立寄りました。紅葉の時期だけか不明でありますが、光明寺から徒歩5分程の処に檀家や参拝者用の駐車場(1,000円/日、丹波街道(10)ロビンガーデン横とその前の2ヵ所)が用意されています。

http://www.komyo-ji.or.jp/

JR東海キャンペーンCM『そうだ京都、行こう』に2009年、ここ光明寺が取り上げられました。それからご多分に漏れず観光客がドドッと押し掛ける様になりました。

でもCMに取り上げられるにはそれなりのチャンとした訳があります。その素敵をしっかりと感じてきました。

Dsc_0381 Dsc_0542 Dsc_0403 Dsc_0414 Dsc_0419 Dsc_0409 Dsc_0431 Dsc_0446 Dsc_0456 Dsc_0466 Dsc_0469 Dsc_0452 Dsc_0458 Dsc_0472 Dsc_0478 Dsc_0481 Dsc_0488 Dsc_0491 Dsc_0494 Dsc_0523 Dsc_0527 Dsc_0540_2 Dsc_0553 Dsc_0548

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善峯寺 

Dsc_0154

西国二十番札所、洛西一番札所 『西山 善峯寺(よしみねでら)』。

ご詠歌 『野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 よし峯よりも 晴るる夕立』

http://www.yoshiminedera.com/index1.htm

山寺に行きたい。そう思うと真っ先に頭に浮かんだのが善峯寺でした。でも三連休の中日、京都の、しかも紅葉のメッカである善峯寺はきっと満員電車のように人でごった返し、車は数珠繋ぎ状態であることが予想されました。

入山時間は朝8時からとなっています。そこで朝一番に到着することを目標に西宮を出発して大山崎ICで下り、長岡八幡宮、光明寺の前を通り抜け細い山道を上って行きます。

高速も順調で渋滞知らずでありました。善峯寺に到着したのが7時45分。駐車場もすでに15台ほど入っていると係りの人が教えてくれます。開門時間前ですがにフレキシブルに対応してくれているようです。(駐車料500円、入山料500円)

寺から望む反対側の山一面が素敵な秋色に染め上げられています。標高を上げてきた山寺ならではの素敵です。

カメラを持っていない人の方が少ないほど皆、手に手にカメラを持ってシャッターを切っています。僕も間違いなくその内のひとりなのですが時々そんな人たちと同類であることに嫌になることがあります。目の前の素敵を自分の目でじっくりと楽しめよ、そんな自問自答をしながらゆっくりと階段を上がっていきます

観光タクシーの運転手さんが年配のご夫婦を先導されています。紅葉のこの時期にあり得ない程人が少ないと云われていました。どうやら朝の天気予報で一時雨が降ると伝えていたことが影響している様です。でもそのお陰で満員電車に乗り込むこともありませんでした。

桂昌殿(桂昌院、徳川5代将軍綱吉の生母で当山を復旧した)にあるベンチに座って眼下に広がる京の都を一望します。山寺ならではの贅沢な時空間を堪能します。

Dsc_0004 Dsc_0005 Dsc_0010 Dsc_0030 Dsc_0038 Dsc_0046 Dsc_0049 Dsc_0055 Dsc_0067 Dsc_0073 Dsc_0076 Dsc_0083 Dsc_0085 Dsc_0089

『きらきらのいちね(ん)せいになれますように』 

○○大学合格、健康祈願、病気平癒の願い事が多い中で未来の希望に輝いている願い事をみつけて嬉しく思いました。

Dsc_0093 Dsc_0094 Dsc_0105 Dsc_0106 Dsc_0031 Dsc_0119 Dsc_0121 Dsc_0125 Dsc_0133 Dsc_0134 Dsc_0140 Dsc_0141 Dsc_0142 Dsc_0148 Dsc_0150 Dsc_0152 Dsc_0164 Dsc_0049_2 Dsc_0182 Dsc_0196 Dsc_0190 Dsc_0229 Dsc_0197 Dsc_0203 Dsc_0206 Dsc_0211 Dsc_0216 Dsc_0232 Dsc_0239 Dsc_0242 Dsc_0246 Dsc_0251 Dsc_0260 Dsc_0271 Dsc_0274 Dsc_0276 Dsc_0288 Dsc_0289 Dsc_0297 Dsc_0299 Dsc_0332 Dsc_0312

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

廣田神社

Dscn0169 

甲山森林公園からの帰り道、折角なので廣田神社にも立ち寄ってきました。もちろんS8200も一緒です。

http://www.hirotahonsya.or.jp/

七五三で何組かのご家族が来られ祈祷を受けていらっしゃいました。

コバノミツバツツジの群生の中も泳いできました。幾輪かのツツジが季節を間違えたのか可愛い姿を魅せてくれていました

Dscn0204 Dscn0167 Dscn0163 Dscn0165 Dscn0155 Dscn0152 Dscn0168 Dscn0147 Dscn0149 Dscn0184 Dscn0186 Dscn0176 Dscn0189 Dscn0191 Dscn0190 Dscn0148

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甲山森林公園 

Dscn0070

出た~イノシシ。しかもこっち見てるし・・・

雨がいつでも降ってきそうな空模様です。紅葉真っ盛りの関西地方、じっと家に居るのは精神上良くありません。ということで兵庫県立甲山森林公園へと行ってきました。

携帯性重視で今日はS8200のみが相棒です。

http://kabutoyama-park.com/

この時期、いつもなら満杯の駐車場も3割程度しか埋まっていません。管理事務所で地図をゲットしゆっくりと大きく左回りで園内を周っていきます。

途中、なにやら黒い物体が・・・ イノシシです。しかも大きい。尻尾を振っているので警戒はしていなようです。目を離すことなくゆっくりと歩いてイノシシの視界から遠ざかっていきます。すると今度は目の前を3匹のウリンコ(ウリ坊、イノシシの子供)が横切って谷へと転がるように下りて行きます。

その後、展望台へ足を延ばし西宮から大阪、神戸へと広がる光景を楽しみました。雨がポツリポツリと降ってきました。紅葉たちがしっとりと濡れていきます

Dscn0054 Dscn0056 Dscn0040 Dscn0060 Dscn0052 Dscn0064 Dscn0072 Dscn0080 Dscn0078 Dscn0075 Dscn0088 Dscn0095 Dscn0099 Dscn0107 Dscn0131 Dscn0122 Dscn0129 Dscn0132 Dscn0125 Dscn0133 Dscn0134 Dscn0137

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

聖徳寺

Dscn0080 

洞光寺さんを後にして一旦篠山市街地方面に702号線を西進します。次に勝手知ったる三田篠山線(49)を南下していきます。峠を越え、永澤寺を過ぎ小野の交差点の手前に『聖徳寺』の看板が見えてきます。その方向に目をやると銀杏の大木が真っ黄色になって僕を呼んでいます。ここはUターンをしてご挨拶に行かなければなりません。

曹洞宗 聖徳寺。大永二年(1522)、時の三木城主であった別所則治公の援助により三木雲龍寺四世が開山されました。なんと490年もの歴史を有するお寺さんなのです。

境内を歩いていると本堂の中から「お参りですか」との声が聞こえてきます。ここは素直に銀杏が余りにも素敵なので寄らせて頂いたことをお伝えします。

声の主はご住職でした。ご住職からは2年程前に(脳梗塞からか)一時右半身不随となったことをお聞きしました。今なおリハビリの最中に在り、どうにか右半身も動く様になって、お話をすることも出来るようになったと。

ご住職の心配はお寺を参る人が少なくなってしまったことにあるようです。僕が居る時には僕以外には誰も居ませんでした。集客の目玉であった精進料理も提供できない日が続いているも大きな要因であるようです。

ご住職からまた是非お参りに来て下さいとタオルとパンフレットを頂戴しました。

ご住職はその理由は言われませんでしたが銀杏の枝を切られると仰っていました。先々代住職のおじいさんが植えられた銀杏なので120年余りの樹齢とのことでした。

ツーリングマップルにも載っていないお寺さんです。でも素敵なお寺さんです。ご住職の心配が杞憂に終わりますように。そしてお身体が早く良くなり元の生活に戻れますように。

Dsc_0084 Dsc_0118 Dsc_0134 Dsc_0375 Dsc_0377 Dsc_0372 Dsc_0383 Dsc_0385 Dsc_0386 Dsc_0387 Dsc_0367 Dsc_0396 Dsc_0394 Dsc_0411 Dsc_0414 Dsc_0418Dscn0053 Dscn0085

| | コメント (6) | トラックバック (0)

洞光寺 

Dsc_0065

今日の天気予報は晴れ。昨日が雨だったため、紅葉真っ盛りの今日は糸の切れた凧状態のライダーが沢山いると思います。僕も当然そのひとりとなってきました。

行き先の候補は善峰寺(京都市西京区)、大威徳寺(大阪府岸和田市)、洞光寺(兵庫県篠山市)の3つ。前日までは善峰寺にグッと傾いていたのですが立派なHPを見て紅葉目当ての観光客が押し寄せる気配を感じ、今回はパスすることに。そこで大好きな篠山にあり最も近くに位置する洞光寺さんへと行くことにしました。

宝鏡山 洞光寺(曹洞宗)

丹波三寺の一つとして江戸時代には10万石の格式を与えられたお寺さんです。末寺は53寺にも及び繁栄を極めましたが、今はその面影を残すだけとなっています。

いつもの篠山ルートを昨日までの雨に濡れた道を気遣いながら慎重に進んでいきます。寺までの最終ルート、頭の中に入れていた筈の12号から543に抜ける道が分かりません。途中で3度ほど道を尋ね、最後にお聞きした農作業中の方から702号の道を行けばたくさんの車やバスが止まっているからすぐに分かると教えて貰います。今日はもみじまつりも開催されているようです。

いきなり嫌な予感です。ひっそりとした山寺を予想していたのですがバスの団体さんと一緒になろうとは。これでは善峰寺をパスした甲斐がありません。

教えて頂いた通り、片道1車線の702号線が渋滞していたのでそこに洞光寺さんへの入り口があることが分かります。車は702から一本中に入った道に止めてそこから歩く様に指示されます。バイクは山門まで行くことを許されます。

本日晴天の予報は大きく外れ雨がポツポツと降り出してきました。予報を信じて雨合羽も置いてきています。小さな境内を4,5周します。時折、日が射しこみシャッターチャンスも作ってくれますが雲が厚く垂れこむ変なお天気でした。

それでも紅葉の絨毯に感激したり、蕩ける様な紅葉に癒されたり素敵時間を貰いました

バイクを置いている山門に戻ると雨が強く降ってきました。バスで来たツアーコンダクターに先導された観光客も山門で雨宿りを余儀なくされます。僕とDSCも山門横にある大木の葉達に守られながら暫し雨の様子を窺います。

Dsc_0025 Dsc_0355 Dsc_0361 Dsc_0354 Dsc_0032 Dsc_0037 Dsc_0043 Dsc_0049 Dsc_0020_2 Dsc_0029 Dsc_0068 Dsc_0078 Dsc_0083 Dsc_0086 Dsc_0092 Dsc_0093 Dsc_0096 Dsc_0100 Dsc_0104 Dsc_0122 Dsc_0048 Dsc_0123 Dsc_0140 Dsc_0156 Dsc_0165 Dsc_0174 Dsc_0176 Dsc_0179 Dsc_0194 Dsc_0198 Dsc_0210 Dsc_0218 Dsc_0214 Dsc_0358 Dsc_0222 Dsc_0243 Dsc_0072 Dsc_0075 Dsc_0294 Dsc_0324 Dsc_0327 Dsc_0349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

関西文化の日 ~兵庫県立美術館~ 

Dscn0109 

関西文化の日、11月に関西一円の美術館、博物館の入館料がタダになる太っ腹企画ですが、この17日(土)、18日(日)が最もその参加館が多い日となっています。

朝からしっかりと雨が降っています。そこでフィットで兵庫県立美術館へと行ってきました。

入館券売り場で駐車場割引の手続きをして頂きます。会場の案内をして貰いますが素敵な歌声が聴こえてきます。「美術館の調べ」のマドンナたちが本番に備えてのリハーサル中でした。思わず聴き惚れてしまう歌声とピアノの音色でありました。

本番を後の楽しみにして展示館1Fを巡ります。絵を観ているとお腹が空いてきました。2階のレストランに行くと結婚式の二次会で貸切となっておりクローズ。仕方ありません。

うな垂れながら振出しの地に戻ると『ワタナベフラワー』のライブがもうすぐ始まると教えて貰います。会場に入ると小さなお子様連れの方たちが多く来ています。リーフレットにはNHKみんなのうた「てんとうむし」とあります。お子様連れが多いのが分かりました。

http://watanabeflower.com/

子供向けの歌のオンパレードかと少し残念に思っていましたがきっちり大人も楽しめるとても楽しいライブでありました。MCの抜群の面白さにずっと笑っている自分に気付きました。

少し遅い昼食を1階のカフェで頂きます。雨に濡れるテラスと神戸港を背景にしたオブジェが作品のように見えてくるから不思議です。

その後、ドレスに身を包んだマドンナたちに逢いに行きます。

『松井るみ(ソプラノ)&早川藍香(ピアノ)ジョイントリサイタル』 ドビュッシー「喜びの島」、アルディーティ「口づけ」、ヴェルディ「ああ、そは彼の人か~花から花へ」

展示会2Fを巡り終え、1階に戻ってくると「美術館の七不思議ツアー」が始まるとお誘いを受けました。今日は雨、外に行けずに五不思議となってしまったのはご愛嬌でしたが、スタッフの方4名、ツアー参加者4名と云う何とも贅沢なものでした。

美術館の一日を堪能し、帰路に着きます。ベンチに座っていると背広を着た男性の団体さんが僕の方に近付いてきます。先頭にはなんと当館を設計した安藤忠雄さんがいらっしゃいます。思わず立ち上がって出てきた言葉が『こんにちは』。自分でもまったく気の利かない言葉となってしまったと反省です。でも安藤さんも『こんにちは』と返してくれました。これで安藤さんとは今日からお友達です。

Dscn0004 Dscn0015 Dscn0021 Dscn0018 Dscn0037 Dscn0041 Dscn0064 Dscn0074 Dscn0092 Dscn0073 Dscn0119 Dscn0123 Dscn0124 Dscn0145 Dscn0137 Dscn0159 Dscn0140 Dscn0144 Dscn0149 Dscn0153 Dscn0156 Dscn0161 Dscn0163 Dscn0164 Dscn0171 Dscn0175 Dscn0177 Dscn0178

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

鷲林寺 

Dsc_0018

一番ご近所のライトアップがここ鷲林寺さんです。前回は出遅れてモミジの葉が殆ど落ちてしまっていたので今宵は少し早いかな?とも思いましたが行ってきました。

ライトアップは11月中旬からとありましたのでやっているかどうか不安でしたが寺に近付くとサーチライトの光が見えてきて安心しました。まだ全体の紅葉には少し早かったですが見頃を過ぎてしまった木もあります

残念ながらそのバランスが悪くて寂しい感じでありました。またライトの当て方が例年と違っているようで立体感を欠く様に思えそれもまた残念でありました。

Dsc_0014 Dsc_0004 Dsc_0013 Dsc_0019 Dsc_0010 Dsc_0021 Dsc_0002 Dsc_0022 Dsc_0026 Dsc_0012_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神戸市立森林植物園

Dsc_0327 

(冒頭写真は長谷池に映り込む紅葉)

10年に一度と云う今年は紅葉の当たり年らしい。神戸市立森林植物園のHPを見ると既に紅葉のピークを過ぎたエリアも出てきたとあり、少し焦りながら行ってきました。

http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

【本日のコース】 森林展示館→シアトルの森→天津の森→ブリスベーンの森→香りの道→リガの森→シアトルの森→もみじ谷→長谷池→園内売店→北アメリカ区→展望休憩所→日本針葉樹区→西門→沢の池→アジア区→さくら園→北日本区→森林展示館

森林展示館から長谷池までと、長谷池周辺はたくさんの人達がいます。でもそれ以外のエリアでは人も疎らです。僕はこの広い空間が大好きです。

百聞は一見にしかず。写真を時系列に『Z』の書き順に並べてみました(縦位置75を除く)。一緒に植物園をゆっくりとのんびりと、紅葉を愛でながら歩いてみませんか。

紅葉情報 長谷池の周辺は紅葉見頃となっています。ただ僕が植物園で一番と思っている『もみじ坂』の紅葉は中腹地点のみが見頃で全体が見頃とはなっていませんでした。坂の上から錦絵の紅葉を見下ろす素敵はまだ少し先のようです。

Dsc_0006 Dsc_0012 Dsc_0025 Dsc_0038 Dsc_0043 Dsc_0061 Dsc_0065 Dsc_0070 Dsc_0085 Dsc_0086 Dsc_0016 Dsc_0089 Dsc_0090 Dsc_0097 Dsc_0100 Dsc_0102 Dsc_0028 Dsc_0105 Dsc_0113 Dsc_0120 Dsc_0124 Dsc_0127 Dsc_0153 Dsc_0047 Dsc_0050 Dsc_0203 Dsc_0061_2 Dsc_0218 Dsc_0231 Dsc_0234 Dsc_0235 Dsc_0074 Dsc_0248 Dsc_0249 Dsc_0252 Dsc_0077 Dsc_0079 Dsc_0255 Dsc_0264 Dsc_0271 Dsc_0276 Dsc_0278 Dsc_0081 Dsc_0283 Dsc_0289 Dsc_0292 Dsc_0083 Dsc_0087 Dsc_0090_2 Dsc_0094 Dsc_0308 Dsc_0311 Dsc_0310 Dsc_0075 Dsc_0315 Dsc_0318 Dsc_0319 Dsc_0347 Dsc_0323 Dsc_0100_2 Dsc_0329 Dsc_0335 Dsc_0339 Dsc_0350 Dsc_0354 Dsc_0357 Dsc_0373 Dsc_0120_2 Dsc_0122 Dsc_0387 Dsc_0388 Dsc_0391 Dsc_0405 Dsc_0406

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

ツナグ 

Dscn0001

生ける人と死んだ人とがたった一度だけ会うことが出来る、その仲介役である『ツナグ』から見た人の生き様を描きます。

人の死を扱う映画は直球過ぎて反則と思っています。その手の本や映画は余り読んだり観たりしたいと思いませんが、秋の一日、映画館へ足を運んでみることしました。

初めてのシネコンは席もゆったりで前の人の頭も気にならぬよう勾配が作られ少し背もたれが前のめりに感じたことを除けば快適でありました。ただ前のご夫婦が映画中もおしゃべりをするので注意せざるを得ず注意する自分が少し嫌でありました。

「道は凍っていなかったよ。」

本当の自分の気持ちを二度と、そして永遠に相手に伝えることが出来なくなる。それが死と云う別れの意味です。

死んでしまった人と一度だけ会える。それが時に二重の苦しみになることも教えてくれます。それでも会えるなら会いたい。人間の不思議です。

分かっていたけれどちょっぴりと涙してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

武庫川「髭の渡し」コスモス園 

Dsc_0356 

この季節、武庫川河川敷はコスモス色に染まります。武庫川の東側が尼崎市、西側が西宮市それぞれのコスモス畑です。

尼崎市 武庫川「髭の渡し」コスモス園 33,000㎡ 550万本

http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/flower/082kosumosu.html

西宮市 武庫川河川敷緑地 1,600㎡ 13万本

http://www.nishi.or.jp/contents/00021819000300025.html

ここはその規模と知名度から尼崎市コスモス畑の圧勝となっています。

この日僕が行ったのも圧勝畑の方です。見頃真っ盛りの畑にはたくさんの人たちが来ていました。介護施設の方達がコスモスの前で車椅子を並べて記念写真を撮られています。「はい、笑って」の声と共に「あらっ、入れ歯が取れちゃった~」とおばあちゃんの声。周り中が笑いと笑顔に包まれていました。

Dsc_0055 Dsc_0029 Dsc_0280 Dsc_0300 Dsc_0354 Dsc_0039 Dsc_0266 Dsc_0269 Dsc_0276 Dsc_0350 Dsc_0267 Dsc_0267_2 Dsc_0272 Dsc_0290 Dsc_0355 Dsc_0384 Dsc_0387 Dsc_0390

| | コメント (2) | トラックバック (0)

西宮市大谷記念美術館 

Dscn0027

『第10回 関西文化の日』が11月一杯開催されます。

http://www.kansaibunka.com/index.php?kansaibunka=44120afe23c515b57f57e90fdddaaaeb

土日を中心に美術館や博物館などが入館無料となる太っ腹の企画です。

この日、10時の開館に合わせて大谷記念美術館へ行ってきました(通常300円)。美術館の開館40周年を記念して『フランスvs日本 近代絵画』を開催していました。19世紀から20世紀の絵画130点余りを人物画、静物画、風景画の3つに分類しその変遷を見せてくれています。

Dscn0038 Dscn0011 Dsc_0007 Dsc_0236 Dsc_0242 Dsc_0246 Dsc_0248 Dscn0020 Dscn0015 Dscn0025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »