« 鷲林寺  | トップページ | 洞光寺  »

2012年11月17日 (土)

関西文化の日 ~兵庫県立美術館~ 

Dscn0109 

関西文化の日、11月に関西一円の美術館、博物館の入館料がタダになる太っ腹企画ですが、この17日(土)、18日(日)が最もその参加館が多い日となっています。

朝からしっかりと雨が降っています。そこでフィットで兵庫県立美術館へと行ってきました。

入館券売り場で駐車場割引の手続きをして頂きます。会場の案内をして貰いますが素敵な歌声が聴こえてきます。「美術館の調べ」のマドンナたちが本番に備えてのリハーサル中でした。思わず聴き惚れてしまう歌声とピアノの音色でありました。

本番を後の楽しみにして展示館1Fを巡ります。絵を観ているとお腹が空いてきました。2階のレストランに行くと結婚式の二次会で貸切となっておりクローズ。仕方ありません。

うな垂れながら振出しの地に戻ると『ワタナベフラワー』のライブがもうすぐ始まると教えて貰います。会場に入ると小さなお子様連れの方たちが多く来ています。リーフレットにはNHKみんなのうた「てんとうむし」とあります。お子様連れが多いのが分かりました。

http://watanabeflower.com/

子供向けの歌のオンパレードかと少し残念に思っていましたがきっちり大人も楽しめるとても楽しいライブでありました。MCの抜群の面白さにずっと笑っている自分に気付きました。

少し遅い昼食を1階のカフェで頂きます。雨に濡れるテラスと神戸港を背景にしたオブジェが作品のように見えてくるから不思議です。

その後、ドレスに身を包んだマドンナたちに逢いに行きます。

『松井るみ(ソプラノ)&早川藍香(ピアノ)ジョイントリサイタル』 ドビュッシー「喜びの島」、アルディーティ「口づけ」、ヴェルディ「ああ、そは彼の人か~花から花へ」

展示会2Fを巡り終え、1階に戻ってくると「美術館の七不思議ツアー」が始まるとお誘いを受けました。今日は雨、外に行けずに五不思議となってしまったのはご愛嬌でしたが、スタッフの方4名、ツアー参加者4名と云う何とも贅沢なものでした。

美術館の一日を堪能し、帰路に着きます。ベンチに座っていると背広を着た男性の団体さんが僕の方に近付いてきます。先頭にはなんと当館を設計した安藤忠雄さんがいらっしゃいます。思わず立ち上がって出てきた言葉が『こんにちは』。自分でもまったく気の利かない言葉となってしまったと反省です。でも安藤さんも『こんにちは』と返してくれました。これで安藤さんとは今日からお友達です。

Dscn0004 Dscn0015 Dscn0021 Dscn0018 Dscn0037 Dscn0041 Dscn0064 Dscn0074 Dscn0092 Dscn0073 Dscn0119 Dscn0123 Dscn0124 Dscn0145 Dscn0137 Dscn0159 Dscn0140 Dscn0144 Dscn0149 Dscn0153 Dscn0156 Dscn0161 Dscn0163 Dscn0164 Dscn0171 Dscn0175 Dscn0177 Dscn0178

|

« 鷲林寺  | トップページ | 洞光寺  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/56132990

この記事へのトラックバック一覧です: 関西文化の日 ~兵庫県立美術館~ :

« 鷲林寺  | トップページ | 洞光寺  »