« 廣田神社 | トップページ | 光明寺  »

2012年11月24日 (土)

善峯寺 

Dsc_0154

西国二十番札所、洛西一番札所 『西山 善峯寺(よしみねでら)』。

ご詠歌 『野をもすぎ 山路にむかふ 雨の空 よし峯よりも 晴るる夕立』

http://www.yoshiminedera.com/index1.htm

山寺に行きたい。そう思うと真っ先に頭に浮かんだのが善峯寺でした。でも三連休の中日、京都の、しかも紅葉のメッカである善峯寺はきっと満員電車のように人でごった返し、車は数珠繋ぎ状態であることが予想されました。

入山時間は朝8時からとなっています。そこで朝一番に到着することを目標に西宮を出発して大山崎ICで下り、長岡八幡宮、光明寺の前を通り抜け細い山道を上って行きます。

高速も順調で渋滞知らずでありました。善峯寺に到着したのが7時45分。駐車場もすでに15台ほど入っていると係りの人が教えてくれます。開門時間前ですがにフレキシブルに対応してくれているようです。(駐車料500円、入山料500円)

寺から望む反対側の山一面が素敵な秋色に染め上げられています。標高を上げてきた山寺ならではの素敵です。

カメラを持っていない人の方が少ないほど皆、手に手にカメラを持ってシャッターを切っています。僕も間違いなくその内のひとりなのですが時々そんな人たちと同類であることに嫌になることがあります。目の前の素敵を自分の目でじっくりと楽しめよ、そんな自問自答をしながらゆっくりと階段を上がっていきます

観光タクシーの運転手さんが年配のご夫婦を先導されています。紅葉のこの時期にあり得ない程人が少ないと云われていました。どうやら朝の天気予報で一時雨が降ると伝えていたことが影響している様です。でもそのお陰で満員電車に乗り込むこともありませんでした。

桂昌殿(桂昌院、徳川5代将軍綱吉の生母で当山を復旧した)にあるベンチに座って眼下に広がる京の都を一望します。山寺ならではの贅沢な時空間を堪能します。

Dsc_0004 Dsc_0005 Dsc_0010 Dsc_0030 Dsc_0038 Dsc_0046 Dsc_0049 Dsc_0055 Dsc_0067 Dsc_0073 Dsc_0076 Dsc_0083 Dsc_0085 Dsc_0089

『きらきらのいちね(ん)せいになれますように』 

○○大学合格、健康祈願、病気平癒の願い事が多い中で未来の希望に輝いている願い事をみつけて嬉しく思いました。

Dsc_0093 Dsc_0094 Dsc_0105 Dsc_0106 Dsc_0031 Dsc_0119 Dsc_0121 Dsc_0125 Dsc_0133 Dsc_0134 Dsc_0140 Dsc_0141 Dsc_0142 Dsc_0148 Dsc_0150 Dsc_0152 Dsc_0164 Dsc_0049_2 Dsc_0182 Dsc_0196 Dsc_0190 Dsc_0229 Dsc_0197 Dsc_0203 Dsc_0206 Dsc_0211 Dsc_0216 Dsc_0232 Dsc_0239 Dsc_0242 Dsc_0246 Dsc_0251 Dsc_0260 Dsc_0271 Dsc_0274 Dsc_0276 Dsc_0288 Dsc_0289 Dsc_0297 Dsc_0299 Dsc_0332 Dsc_0312

|

« 廣田神社 | トップページ | 光明寺  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/56179877

この記事へのトラックバック一覧です: 善峯寺 :

« 廣田神社 | トップページ | 光明寺  »