« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月31日 (月)

ミスド福袋

Dscn0149 

ミスタードーナッツで2,000円の福袋をゲット。ドーナッツ・パイ20個、フードボックス2個セット、福耳ブランケット、ミスドカレンダー2013、エコバック、ハンドタオルが入っています。1,000円の福袋も用意されています(ただし、ドーナッツ・パイ10個となりエコバック、ハンドタオルは付いていません)。

年末、のどの痛みから始まり、鼻水攻撃。その後、頭痛と咳に悩まされ、今は鼻づまりと風邪の症状のオンパレードとなっています。病院にも2回通院しましたがなかなか治りません。

明日の初日の出に出撃できるか微妙な状態です。来年は今年よりちょっぴりでも素敵な年になりますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

タブレット

Dscn0141

タブレットデビューとなりました。ADSLからひかりフレッツへネット環境をレベルアップ。ニフティさんがたくさんの特典を用意してくれています。その中からセレクトしたのがタブレット(FAR70A)の超割安購入オプション。代引き手数料込で4,545円でありました。

http://www.fmworld.net/arrows/wifi/

ネットの立ち上がりがPCよりも圧倒的に早くてちょっとした調べ物やブログチェックなどはタブレットが便利。でもスマホも持っていない僕にとって画面上で指を滑らして操作するのは初めての体験。スクロールするつもりがセレクト実行してしまったり、まだまだ試行錯誤中であります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

メリークリスマス

Dscn0140

ハートマーク(愛情)が世の中を埋め尽くしますように♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

宝塚西谷の森公園 

Dscn0035 

兵庫県立ふるさとの森公園 『宝塚西谷(にしたに)の森公園』

「宝塚北部に残る豊かな里山の自然を生かした公園です。2つの大きな谷には農地や湿地があり、いろいろな動物や植物、昆虫を観察できます。(以下略、公園案内マップより)」

以前この公園を目指したことがありましたがその時は迷子になって辿り着けませんでした。そこで今日はTMでしっかりチェックしてから行きました。県道を看板に従って折れていくと東の谷の入り口が見えてきます。DSCを広場横に止めて管理棟でマップを貰います。

目指すは標高約350mにある展望台です。水辺の遊歩道を歩いて湿地再生エリアに掛かると望遠レンズを持っている方がいます。カワセミが先程まで居たそうです。再び姿を現してくれるのをじっと待たれているそうです。

遠くに見えた展望台も冬の森を散策する楽しさと一緒に居るともう目の前に見えてきました。どうやら親子連れが先客としているようです。子供の声が聞こえてきます。家族4人の記念写真のシャッターを切ってあげます。シャッターの数だけ幸せをプレゼント

馬の背という一枚岩を歩きたかったのですが西の谷へと下りかけた僕にはもう戻る元気はありませんでした。そのまま六角東屋へと向かいます。広い公園にも拘らず散策コースですれ違う人は殆どいません。落ち葉を踏みしめる自分の足音だけが聴こえてきます

峠の東屋を経由し保与谷池、東の谷管理棟へと戻ってきます。散歩コースとしてはちょっとハードでありましたが素敵な冬の一日でありました。

Dscn0004 Dscn0012 Dscn0017 Dscn0029 Dscn0034 Dscn0048_2 Dscn0055 Dscn0057 Dscn0070 Dscn0075 Dscn0081 Dscn0085 Dscn0099 Dscn0100 Dscn0091 Dscn0105 Dscn0106 Dscn0110 Dscn0111 Dscn0116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

マウリッツハイス美術館展 

Fscn0118 

『真珠の耳飾りの少女』 別名『青いターバンの少女』。オランダ・フランドル絵画の至宝である名画の主人公である少女と、神戸で逢ってきました。

神戸市立博物館で開催中の『マウリッツハイス美術館展』。今にも泣きだしそうな空模様でしたが多くの人達が彼女に逢う為に来ていました。入口では待ち時間10分の看板がありました。すごく良いシステムだと思ったのが彼女を目の前で観たい人は列に並びます。ただし立ち止まることは許されません。一方、目の前にはその並んだ人達がいますがじっくりと止まって観たい人たちのエリアが列の後方、彼女の正面にあります。絶妙なエリアの配置と広さがこのシステムの肝であります。僕は最初、列に並んでその後にエリアに潜り込みました。一旦、館内を一周した後再びエリアに戻り彼女にサヨナラの挨拶。常設展も廻ろうと来る前までは考えていましたが、折角の彼女の心象を一ミリも崩したくなくてそのまま出口に向かっていました

思ったよりも小さな絵画でしたがその美しさは想像以上でした。その瞳が何を見つめ、その唇が何を語ろうとしていたのか。人は其々の人生に重ねて答えのない答えを心の中で創造します。

Dscn0045 Dscn0050 Dscn0060 Dscn0077 Dscn0067 Dscn0063 Dscn0093 Dscn0098 Dscn0034 Fscn0115 Fscn0110 Fscn0111 Fscn0112 Fscn0113_2 Fscn0116 Fscn0117 Fscn0114 Dscn0086

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

KOBE ルミナリエ ~光の絆~ 

Dsc_0044 

今年で18回目を迎える神戸ルミナリエ。1995(平成7)年1月17日の阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂と神戸の復興再生を願いその年の12月に初めて開催されました。

今年のテーマは『光の絆』 この日は点灯時の大混雑を回避するために、19時位に行列のスタート地点となる元町駅に到着します。どれだけ並ぶか分かりません。駅のトイレにも行列が出来ています。混雑時には寒風の中、長時間並んでやっと会うことの出来るルミナリエです。今日は40分という看板が待ち時間を教えてくれていましたが行列は立ち止まることなく15分程で感動の出逢いと相成りました。

まずは光の回廊『ガレリア』がその圧倒的な姿で出迎えてくれます。回廊を抜けると東遊園地、そこには光の壁掛け『スパッリエーラ』が鎮座しています。

荘厳、そんな響きがここルミナリエには感じられます。他のイルミネーションイベントとは違う精神性が伝わってきます

その後、神戸市役所に立寄り、24階展望ロビーからルミナリエを一望します。たくさんの人達を数台のエレベーターがピストン輸送。ロビーの行列を粛々と捌いていきます。

[撮影情報] D7000にタムロン28-300、D90にシグマ10-20の2本立て。ともにISO1600。WBはD7000はオートと晴れ、D90は晴れ。後から画像を確認するとD7000のオートが一番良かったようです。畏るべしD7000。

Dsc_0013 Dsc_0015 Dsc_0009 Dsc_0040 Dsc_0020 Dsc_0030 Dsc_0066 Dsc_0079 Dsc_0046 Dsc_0085

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

北山緑化植物園 

Dsc_1105

入口から入ってすぐ左手にある緑の相談所のある建物で『花マップ』を貰います。この日は12月1日時点の開花状況などが記載されていました。季節の便りには『北山山荘の紅葉がまっ盛りです。黄~紅のグラデーションが、とても見事!紅葉が美しい間は、庭園を公開していますので、ぜひご覧下さい!』とありました。

他にも花壇の植え替え情報や十月桜の開花を知らせてくれていました。小蘭亭の小池にはモミジが美しく散っていました。お池に嵌まりそうになりながらも池を覗き込むようにしてシャッターを切りました。

Dsc_1058_2 Dsc_1064_2 Dsc_1068_2 Dsc_1070_2 Dsc_1071_2 Dsc_1085 Dsc_1082 Dsc_1077 Dsc_0337 Dsc_0338 Dsc_0344 Dsc_0341 Dsc_1098 Dsc_1102 Dsc_0357 Dsc_1108 Dsc_1111 Dsc_1113 Dsc_1119 Dsc_0381 Dsc_0398 Dsc_1123 Dsc_1135 Dsc_0402 Dsc_0413 Dsc_0417 Dsc_0418 Dsc_0435 Dsc_0439 Dsc_0452 Dsc_0459 Dsc_0492 Dsc_1168 Dsc_0471 Dsc_1171 Dsc_1151 Dsc_0510 Dsc_1183 Dsc_0515 Dsc_1196 Dsc_1210 Dsc_1192 Dsc_1216 Dsc_0533 Dsc_1225 Dsc_0545

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »