« 大威徳寺  | トップページ | 爆弾雪 »

2013年1月 6日 (日)

阪急うめだ本店 

Fscn0131_2
 

7年の歳月を経て2012年11月21日にグランドオープンした阪急うめだ本店を探検してきました。地下のお菓子売り場だけは一寸だけ覗いたことがありましたが上層階へ行くのは本日が初めてでした

エレベーターで屋上まで行った後、エスカレーターで下りて行きます。レストラン関係のお店はまだ昼まで1時間余りもあるのにもう行列が出来ている処もあります。畏るべし。

気になっていた大空間、スペイン広場の様な9階の祝祭広場に身を置きます。本日はここで『「笑顔でつなぐ」チャリティーイベント 俳優たち自らが撮影した絵画展』が開催されています。写真を絵画調に焼き直しての即売会です。一枚15,000円です。チャリティなので値段はこのような設定になっています。

同じ階の阪急うめだギャラリーで開催されている『辻村史朗50年の歩み展』にも足を運んでみました。焼き物に特に思い入れも無いのですが素直に素敵を感じることが出来ました。でも一点数十万円のお値段にただ驚きでした。焼き物以外にも絵画もありました。黒と赤の色遣いによるバレリーナのレッスンシリーズは宝くじが当たったら買ってもいいと思いました。(展示室内は撮影禁止です。添付写真は室外にて)

昼飯は12階の中華料理『鼎泰豐(ディンタイフォン)』で戴きました(20分待ち)。えび麺はあっさり味で美味しかったです。添付写真は食べたい気持ちが先走り一度箸を入れてしまっています。 http://d.rt-c.co.jp/

その後、松村組の和太鼓を聴きに再び祝祭広場へと向かいました。ラッキーなことに最前列に座ることが出来、お腹に響く太鼓の音の醍醐味を感じることが出来ました。残念ながら演奏中は撮影禁止となっていたのでS8200は最後の挨拶の一枚だけの登場となりました。

9階アートステージでは『ニューイヤー ヤングアーティスト マルシェ』と名付けられた京都精華大学などの学生さんの作られた可愛い作品が所狭しと並べられていました。餃子のアクセサリーには思わず買いそうになってしまった自分がいました。

ここまで来てやはり力尽きました。8階以下の階は冒頭写真の不思議な女性達に逢う為だけに立寄りましたが他はスルーして家路に着きました。

Dscn0014 Dscn0036 Dscn0028 Dscn0073 Dscn0025 Dscn0034 Dscn0039 Dscn0042 Dscn0047 Dscn0066 Dscn0060 Dscn0116 Dscn0057 Dscn0058 Dscn0052 Dscn0055 Dscn0069 Dscn0076 Dscn0129 Dscn0081 Dscn0082 Dscn0096 Dscn0093 Dscn0101 Dscn0107 Dscn0117 Dscn0124 Rscn0134 Fscn0132 Fscn0135

|

« 大威徳寺  | トップページ | 爆弾雪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/56482328

この記事へのトラックバック一覧です: 阪急うめだ本店 :

« 大威徳寺  | トップページ | 爆弾雪 »