« 門戸厄神  | トップページ | 大威徳寺  »

2013年1月 3日 (木)

水間観音 

Fscn0083 

【本日のコース】 西宮→西宮IC(名神高速)→吹田(近畿自動車道)→松原(阪和道)→岸和田SA(給油)→貝塚IC→水間観音→水間鉄道水間観音駅(徒歩)→水間観音→170→積川神社前→40(岸和田牛滝山貝塚線)→内畑町→いよやかの郷→大威徳寺→40→29(大阪臨海線)→助松IC→湾岸線→中島PA→鳴尾浜IC→西宮

正月三が日の最終日。DSCのエンジン初始動の日となりました。行き先は水間観音と大威徳寺です。

インナー手袋が見つからずクシタニの革手袋一枚での高速走行となりました。さすがにこの時期では厳しく手足の指が凍りそうでありました。フェイスマスクをしていましたが冷たさで鼻水が垂れてきます。鼻水と闘いながら貝塚ICを下りればすぐに水間観音(水間寺)に着く・・・予定でありました。

ところが初詣の為、交通規制が敷かれています。車は民間駐車場の格好の餌食になっていました。バイクで行けるところまで行きます。ミニパトも止まっています。さてどうしたものかと悩んでいると警備の方が参拝ならばエンジンを切って押して入っていけば少し先になるが駐輪場があると教えてくれます。DSCを押していくのは結構大変です。それでも折角ここまで来たのでと頑張りました。ちょいヘロとなった処でやっと駐輪場に到着。そこにはゴールドウィングが沢山のバイクと一緒に並んでいました。これは大仕事であったと思います。

http://www.mizumadera.or.jp/index.html

通天橋から境内に入ります。狭い参道は両側に露店が並び満員電車のような人波が押し競まんじゅうをしているようでした。遠くから若者たちの声が聞こえてきます。なにやら調子のある唄のようです。本堂と事務所を繋ぐ渡り廊下で餅撒き用の餅を搗いていました。早速本堂に上がって撮影開始。日本の正しい正月の風景です。

水間観音駅前にDSCを置いて記念写真を撮ろうと目論んでいましたが交通規制がどうなっているのか分かりません。仕方なく歩いていくことにしました。約10分の道のりです。駅前では振る舞い酒を可愛いお嬢さんたちが供してくれていました。その中で着物を着ていらしたミス水間鉄道福娘のお嬢さんに駅舎とコラボして頂きました。おじさんの我が儘なお願いを聞いて下さる可愛い娘さんでした。

Dscn0088 Dscn0079 Dscn0072 Dscn0084 Dscn0056 Dscn0102 Dscn0097 Dscn0010 Dscn0012 Dscn0018 Dscn0041 Dscn0043 Dscn0050_2 Dscn0107

|

« 門戸厄神  | トップページ | 大威徳寺  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/56461500

この記事へのトラックバック一覧です: 水間観音 :

« 門戸厄神  | トップページ | 大威徳寺  »