« 明石 魚の棚  | トップページ | 六甲山 氷の祭典  »

2013年1月26日 (土)

東京家族 

Rscn0008

ネット予約で中央真正面『H10』席を予約して西宮ガーデンズの映画館へと行ってきました。朝一番の上映に合わせてガーデンズに近付くと大勢の若い女性たちが映画館に長い列を作っていました。嵐の二宮君の大きな垂れ幕の前で3人組の女の子が写真を撮ったりしていたのできっとその関係かな?と思いながらもそれを横目に映画館はスクリーン10へと入っていきます。

『東京家族』 

http://www.youtube.com/watch?v=VQjiqxx3rNw (東京家族)

上映館の中はいきなり平均年齢が上がります。殆どが年配の夫婦二人連れです。

寅さんの山田洋二監督が小津安二郎監督の「東京物語」をオマージュに現代にその舞台を置き直し『家族』を描いています。

http://www.youtube.com/watch?v=LjDWc-lQYnM (東京物語)

上映も中盤が過ぎる頃からあちこちですすり泣く声が聞こえてきます。僕は男ですので声を出すことはありませんでしたが手にしたハンカチを不覚にもちょっぴり濡らしてしまいました。

人は生まれて生きて恋して愛して年を取ってそして死んでいきます。何気ない日常の連続がただそれだけで幸せなことに多くの年月を経てやっと気づくことが出来ます。

人間は好きな人がひとりいれば生きていけるんだと思います。蒼井優がいい。男はいつもそんな夢を追い駆けています。

映画館を出ると北風が強く寒く吹いていました。叶わぬ夢でもそれはきっと『力』になる。ポケットの中の映画の半券をギュッと握りしめる僕がいました。

Dscn0004 Dscn0001 Dscn0007 Dscn0003

|

« 明石 魚の棚  | トップページ | 六甲山 氷の祭典  »

コメント

"東京家族"ですか
ちょっと観てみたい気になりましたね。

 『人間は好きな人がひとりいれば生きていけるんだと。。。』

ちょっとしびれる台詞ですね。

              (^^♪

投稿: kanoko551 | 2013年1月30日 (水) 18時13分

人は悩む自分を悩んでしまいます。
『悩んでいいんだよ。』
その一言で人は救われます。

山田洋次監督の描く世界にはいつも
その優しさが根底に流れていると感じます。

映画館
夫婦割であればいつでもふたりで2千円です。
ハンカチ忘れずに是非ご覧になって下さい♪

投稿: tetsu | 2013年1月30日 (水) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/56631977

この記事へのトラックバック一覧です: 東京家族 :

« 明石 魚の棚  | トップページ | 六甲山 氷の祭典  »