« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月24日 (日)

甲東梅林 

Dsc_0858 

サッカーの応援の帰り道、甲東梅林へと寄り道です。まだ全体としては1分咲き。木によっては7分咲きのものもあれば、まだ蕾の木もありました。

梅の香りが春を運んできます。小雪が舞い散る休日のひととき。

Dsc_0865 Dsc_0873 Dsc_0851 Dsc_0854 Dsc_0872 Dsc_0895 Dsc_0899 Dsc_0910

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若き戦士たち

Dsc_1700 

泥んこになって何かをしたのはどれ位前だったのだろう。

この日(2013年2月17日)のグラウンドコンディションはご覧の通り、多くの水を含んで重く滑りやすくなっていました。それでも若人たちはいつものように全力でプレーします。

ドドドドドッ・・・ 劇画の効果音の如く身体がグラウンドに叩きつけられます。瞬時に身体の調子を脳細胞がジャッジ、大丈夫と分かると再びグラウンドへと戦士は向かっていきました。

Dsc_1190 Dsc_1613 Dsc_1170 Dsc_1301

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月23日 (土)

大阪南港野鳥園 

Dscf0043 

西宮からは43号線を東進し、梅香交差点を右折、以前はオフィシャルレポーターとしてよく通ったUSJ方面へと向かいます。USJを左手に見つつそのまま直進していきます。

北港から此花大橋を渡り、舞洲へ。前方の左右にはUSJの建物と見間違うような環境局舞洲工場が奇抜な佇まいを見せてくれています。次に夢舞大橋を渡り夢洲へ。夢とは名ばかりでそこには荒涼とした大地があるだけで本当に何もありません。

「夏草や兵(つわもの)どもが夢の跡」 思わず芭蕉の心に触れる気がしました。

そして夢咲トンネルを抜けると咲洲(南港)に到着です。「なにわの海の時空間」を右手に見ながら先に進むと間もなく「野鳥園」です。

海の時空間も野鳥園も橋下市長によって閉鎖、閉園されると聞き、無くなる前に一度行ってみようと思った次第です。

(因みに天保山、海遊館方面から大阪港咲洲トンネルを抜けていくコースもありますがこちらは有料となります)

野鳥園入口手前50mの処に小さな駐車場がありますが7割ほどの入りでした。端っこにDSCを止めて入口へと向かいました。

展望塔の窓際の一等席はカメラマンが、というよりもカメラがズラッと並べられています。どれもが望遠レンズを装着したプロフェッショナル用高級一眼レフです。その持ち主なるカメラマンは後方で野鳥談義。これでは小さい子供たちは一等席に近付くことも出来ません。

他にこれと行った施設も無く、子供連れの家族が来て楽しめる場所でもなさそうです。はばたきの丘、さえずりの丘と小高い場所もあるのですが肝心の干潟は見えません。

少し残念な気持ちのまま駐車場に戻ると白色のPCX150に乗られた方が入って来られました。しばしの歓談です。たこフェリーが廃止され淡路島に渡るためにPCX150を買われたとのことです。北陸に住むご子息に会いに春にはPCXで行かれると嬉しそうに仰っていました。大型免許もお持ちですが体力との相談で自由に操れるPCXにされたのだそうです。

これまで一生懸命働いたのだから今度は思いっ切りお好きなことをしたら良いんですよ、との僕の言を受けて「本当に一生懸命働いたのかなぁ」とポツリと呟かれたのが印象に残りました。とても真面目な方なんだ、と心がほんわかとなりました。

天気予報では終日晴れの予想でしたが帰り道、雨に降られてしまいました。六甲山系は白い雲にすっぽりと覆われていました。

Dscf0016 Dscf0017 Dscf0025 Dscf0027 Dscf0033 Dscf0032 Dscf0042 Dscf0050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

U-18サッカーリーグ

Dsc_0058 

高校サッカーを先週から応援させて頂いています。青春真っ盛りの若人たちが一生懸命にサッカーに情熱を傾けている姿はとても素敵です。

僕の出身高校も神奈川県代表として全国大会に出場したことがあります。サッカーは大好きなスポーツのひとつです。

先週は強豪に白星、今週は残念ながら黒星を帰してしまいました。ひとつでも多くの勝利を願っています。

Dsc_0032 Dsc_0122 Dsc_0009 Dsc_0054

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

弓削牧場 

Dscn0090 

弓削(ゆげ)牧場。最初にここにやってきたときはその絶対にここにはないだろうと思える住宅街の中に牧場が忽然と現れとても驚いたことを覚えています。

http://www.yugefarm.com/

でもその素敵な空間に嵌まってしまいました

今日は冬季限定カマンベールフォンデュを頂きました。数量限定とカマンベールだけを使用したオリジナルフォンデュというWの誘惑にやられました

<メニュー> 自家製カマンベールチーズのフォンデュ、キャラウェイシードの黒パン、畑の野菜たち、もち麦のライスのリゾット、食後のお飲み物(ミルク・カフェオーレ・コーヒー) 
 
ここもお店の方々が皆さん気持ち良い。人と自然が素敵な空間を創っています
Dscn0161 Dscn0061 Dscn0067 Dscn0106 Dscn0080 Dscn0071 Dscn0084 Dscn0102 Dscn0114 Dscn0122 Dscn0127 Dscn0135 Dscn0131 Dscn0148 Dscn0150 Dscn0157 Dscn0155 Dscn0138

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄人28号 

Dscn0046 

新長田にどっしりとした存在感を示す『鉄人28号』。ナビで「若松公園」を入力すると鉄人の背中側の地下にある駐車場を案内してくれました。

その主題歌は今でもちゃんと覚えています。子供の時には声を張り上げて歌っていました。

http://www.youtube.com/watch?v=kj3Em_R2BsM

鉄人のブリキのおもちゃは大きさの違うものが何台も僕の友達でいてくれていました。

Dscn0047 Dscn0057 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富士フィルム X20

Design_style_ph01

(富士フィルムHPより)

新しい相棒が加わります。その名は『富士フィルム X20』。

http://fujifilm-x.com/x20/ja/

購入までは最後の最後まで悩みました。悩みの種となったのは、オリンパスのミラーレスPL5とやはりオリンパスのコンデジXZ2。X20はパララックスが気になりました。

でも最後はこのカメラらしいレトロなフォルムとX10から大幅改善されたらしい機能、そして予約特典のバッテリープレゼントに後押しされ、ヤマダ電機の素敵な対応に城は落ちました。

ヤマダ電機のwebには他社よりも高かったらそのURLを教えてくれ、というなんとも豪快太っ腹対応があります。

その名も『他店より安く買えるチャット利用で安心価格保証』

http://www.yamada-denkiweb.com/contents.php/special/service1/

普通、同一商圏内の実店舗の価格しか競合価格としないのが従前のやり方でした。ですからヨドバシカメラ梅田店(正式名『マルチメディア梅田店』)で価格コムでこれだけ安かった、と交渉しても人件費や店舗維持費が云々と鼻で括られたような答えしか返ってこないのが普通でした。

安心価格保証と云っても以前は全く安心できなかったわけです。ところが・・・ ヤマダ電機はやってくれました。生まれて初めてのチャット体験も驚きでしたが、あっさりと価格コムの最低価格を下回る金額の提示に驚きました。しかもその対応は24時間フルタイムであります。

【参考価格】

価格コムの最安値53,318円

ヨドバシ 64,800円(ポイント10%) 実質58,320円

エディオン 64,800円(618ネットポイント) 実質64,182円

ヤマダ 64,800円(ポイント10%) 実質58,320円

という中でヤマダ電機の提示条件は52,272円(ポイントなし)でありました。

なんと価格コムよりも安く、web実質金額よりも6,048円も安くしてくれました。しかも今回は予約特典として純正バッテリーが貰えます。バッテリーはヤマダでは4,000円(400ポイント)、ヨドバシでは3,470円(347ポイント)しています。これがタダ。

よってカメラは5万円を切る金額でゲットできたことになりました。

ところが落とし穴がありました。2月23日発売で20日までの予約であればバッテリープレゼントがあると考えていましたが、webでは13日までの予約が条件となっていたそうです。これは富士フィルムのHPをみても分かりません。ヤマダwebのご担当者からそんな電話を頂戴したのが丁度購入をwebで申込みをしている最中でした。

仕方ありません。ただweb店舗での価格は実店舗では保証できないとのことです。でも出来ないということでも無いようです。(あうんの呼吸でこの微妙な感じを嗅ぎ取らせていただきました

そこで早速家から一番近いヤマダの実店舗へ連絡。その担当者の方がまた素敵で上司と交渉してくれて同条件で対応して下さいました。素敵な人たちに応援して貰ってX20が来週末には僕の処にバッテリーと一緒に来てくれる予定です。

シルバーか、ブラックか、そのカラーも楽しく悩みました。さ~てどちらとなるでしょう♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

兵庫県公館 

Dscn0054

この時期、冬咲きのチューリップが庭園を彩ります。今日は午後から神戸スペースシアターでバレンタインファッションショー、神戸アートビレッジセンターでKAVCオンステージ(ダンス、歌、劇)があります。でも相棒がDSCです。カブだったら駐輪に困ることはありませんがDSCだと場所を選びます。結局、県公館へ行って帰ってくるだけとなりました。

帰ってきてからTODAYで近所を散策。重量級の革ジャンをダウンに着替え、膝のプロテクターを外します。肩ひじ張らない原付スクーターは散歩にぴったりの相棒であります。

Dscn0031 Dscn0085 Dscn0033 Dscn0052 Dscn0060 Dscn0076 Dscn0064 Dscn0090

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月10日 (日)

バレンタインデー

Dscn0048 

今年もこの季節がやってきました。

『男』と『女』がいるから全ての物語が生まれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 9日 (土)

天下一品 

Dscn0028 

やっぱり美味いなぁ~。ニンニク入れて貰いました。

僕にとっては一種の薬でもあります。ツーリング中にメルトダウンした身体を救ってくれたのがこの天下一品のラーメンでした。それからはポパイにほうれん草、僕に天下一品となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TODAY 

Dscn0024 

クールピクスS8200。スペシャルエフェクトの中でお気に入りの『硬調モノクローム』(上写真)。この男感が堪りません。今日はちょっと『セレクトカラー』にチャレンジ。黄色の壁の前に青色のTODAYを置いてみました。黄色をセレクトすると他の色が無くなります。青をセレクトすると他の色が無くなります。背景が混雑しているときに使うと被写体が浮き上がってきてくれます。

Dscn0017 Dscn0019 Dscn0023 Dscn0004_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 3日 (日)

奈良ホテル

Dscn0641 

奈良での二日目。お昼はちょっと贅沢して奈良を代表する「奈良ホテル」で戴きます。

http://www.narahotel.co.jp/

12時前に着いたので車だけ駐車場に置かせて貰い、近くのお土産屋さんを覗きます。「人間専用せんべい」と鹿が泣いている写真入りせんべいは親切にもその食べ方まで記されています。

ホテルに戻ると若いカップルが仲良く寄り添う姿が多くみられました。ブライダルフェアが実施されていたようです。若人に幸せが沢山ありますように

Dscn0687 Dscn0695

ランチは大きなお皿に可愛い小さな食材が並びます。それでもメニューの最後にはお腹が一杯になりました。食後にはお決まりのようにホテル内を見学。資料館もありクラシックホテルならではの歴史と気品ある風格を感じてきました。

Dscn0570 Dscn0575 Dscn0603 Dscn0628 Dscn0658 Dscn0675 Dscn0698 Dscn0716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛鳥 

Dscn0465 

朝食後、腹ごなしの散歩と洒落込みます。棚田の広がる風景に古き良き日本を感じます。冬の朝、十月桜がそっと咲いていました。どんぐりからは新しい息吹が誕生していました。

飛鳥資料館の前を通るとなんと無料観覧の看板が出ています。山田寺の回廊に再び逢いに行きました

http://www.nabunken.go.jp/asuka/index.html

Dscn0479 Dscn0473 Dscn0490 Dscn0492 Dscn0500 Dscn0506 Dscn0512 Dscn0548 Dscn0544 Dscn0545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 2日 (土)

明日香

Dscn0399 

石舞台古墳。明日香という言葉を聞くと、真っ先にこの石舞台が脳裏に浮かんできます。僕にとって神秘の代名詞でもあります。勉強の歴史は苦手でありましたが、ロマンある歴史は大好きです。

今宵の宿である「祝戸荘」は国営飛鳥歴史公園内にある唯一の宿泊施設です。

http://asuka-iwaidoso.com/

藤原京の遺跡から出土した木簡をもとに、古代・飛鳥の宮廷人が食べていた料理を現代風に再現した「万葉あすか葉盛御膳(古代食)」(HPより一部抜粋)が大人気です。

宿についてお風呂、古代食に満足した後にお風呂、朝起きてまたお風呂、と風呂三昧も楽しんできました。

Dscn0346 Dscn0347 Dscn0379 Dscn0386 Dscn0402 Dscn0420 Dscn0446 Dscn0449

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 橿原 

Dscn0270 

そしてまた寄り道。明日香には中々辿り着けません。

今井町伝統的建物群保存地区を訪ねます。1386(至徳3)年、興福寺の荘園として文献上に初めて『今井』が登場します。現在もこの町の中心にある称念寺の前身である浄土真宗の道場が室町時代の後期に出来て寺内町を形成していきます。

江戸時代は天領として自治の気風高く、多くの商人たちが活躍していました。『大和の金は今井に七分』と謳われる位でした。

http://www3.kcn.ne.jp/~imaicho/

今も江戸の町並が色濃く残っています。細い道は現代の車社会を拒絶しているようです。保存地区に指定されても朽ち果てた家々があちこちに見受けられます。数十年後、文化と便利さの鬩ぎ合いの結果はどのようになっているのでしょうか。

Dscn0258 Dscn0231 Dscn0251 Dscn0269 Dscn0262 Dscn0281

橿原といえば橿原神宮です。巨大絵馬が広大な敷地にある本殿に飾られています。そこにいるだけで神聖な気持ちになれる場所です。

Dscn0289 Dscn0317 Dscn0319 Dscn0313 Dscn0321 Dscn0322 Dscn0333 Dscn0302 Dscn0326 Dscn0334

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良 三輪 

Dscn0171 

大好きな明日香に行ってきました。

その前にちょっと寄り道。『三輪そうめん山本』で手延べそうめんに挑戦。門干しと呼ばれる製法で麺を引っ張りながら延ばしていきます。

http://www.miwayama.co.jp/event

体験は約1時間。その後、食事処の三輪茶屋でにゅうめんセットを頂きます。サバが苦手なので鮭に柿の葉寿司をチェンジして貰いました。

お腹が一杯になったところで大神(おおみわ)神社に向かいました。大鳥居の下を潜り二の鳥居までフィットを進めます。途中500円の有料駐車場がありますが一番奥まで行くと無料の駐車場があります。

http://www.oomiwa.or.jp/

別名「三輪明神」 2月5日には『卜定祭(ぼくじょうさい)』が執り行われます。三輪そうめんの今年の相場を占う神事です。さて今年の結果はどうなるでしょうか。

Dscn0045 Dscn0149 Dscn0148 Dscn0159 Dscn0164 Dscn0183

翌日、家に帰ってから早速手作り手延ばしのソーメンを頂きました。おつゆも体験参加者特別割引で380円を200円でゲット。とても美味しくてペロッと食べてしまいました。

Dscn0848 Dscn0868

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »