« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月31日 (日)

東京 

Dsc_1781 

新橋のホテルに宿泊。クラブフロアーで飲んではいけないのにカクテルを飲んで酔っぱらいます。夜の東京駅を見たくてぶらりと繰り出しました。

ロマン溢れる思い出深い東京駅舎、南北ドームの大天井、駅舎の片隅に涙拭くひとりの女性、丸の内一丁目、客を乗せて走るタクシー。すべての列車の始発駅がここ「東京」です。

翌日はオープン間もないKITTE(キッテ)丸の内へ立寄りました。エスカレーターに乗るのに行列が出来ています。ヘロヘロになりながらも6階、屋上広場に出て東京駅を南側から眺めます。

http://jptower-kitte.jp/about/index.html

東京のスマートさが強く印象に残りました。でもエスカレーターで立ち止まるのが大阪とは逆側で戸惑いっ放しでした。(注:横浜出身の僕です)

Dscn0034 Dscn0043 Dscn0092 Dscn0101 Fscn0223 Dscn0110 Dsc_1236 Dsc_1246 Dsc_1256 Dsc_1799 Dsc_1297 Dsc_1266 Dsc_1850 Dsc_1856 Dsc_1341 Dscn0165_2 Dscn0161 Fscn0222 Fscn0221 Dscn0179 Dscn0181 Rscn0217 Fscn0218 Dscn0212 Fscn0216 Fscn0219 Fscn0293 Dscn0264 Dscn0269 Dscn0281 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月30日 (土)

君に幸あれ・・・ 

Dsc_0293

この日の為に五厘坊主狩りを一時中断して髪の毛を伸ばしていました。可愛い姪っ子(姉)のお願いですので仕方ありません。普通の一般常識人と変わらぬヘアースタイルで結婚式に参列してきました。早朝の新大阪発の新幹線で品川へ、大改造された渋谷まで山手線で向かい、東京メトロ銀座線でひと駅1分の「表参道」に辿り着けば3分で式場に到着です。

ずっと僕が写真を撮ると約束していました。メイン写真はプロにお願いするとして僕ならではの記憶に残る写真をプレゼントしたいと思っていました。

プロのカメラマンさんはとても親切でありました。本番ではその場所に立てないからとリハでの立ち位置を教えて下さったり、何度も声を掛けて下さり遠慮しないでドンドン撮るように言って下さったりと本物のプロならではの懐の深さを感じました

ウェルカムボードはもう一人の可愛い姪っ子(妹)の作品です。披露宴に大きな花を添えてくれました。

結婚式、そして披露宴とも友人たちのお陰で大盛り上がりでありました。笑顔がいっぱいの会場でした。

花束贈呈のまさにクライマックスシーンで両足が攣るアクシデント発生。もうひっくり返るように写真を撮っていました。式場からの帰り道、変な歩き方をしていたのは僕であります。

若きふたりにたくさんの幸せがありますように・・・

Dsc_0508 Dsc_0726 Dsc_0533_2 Dsc_0646 Dsc_0735 Dsc_0147 Dsc_0188 Dsc_0387 Dsc_1570 Dsc_1713 Dsc_0527 Dsc_1172    

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月24日 (日)

夙川

Dscn0157

関学の桜はまだまだでしたが、夙川の桜はどうなのかなと思いTODAYと一緒に向かいます。夙川を北側から南下します。

最初に目に飛び込んできたのが、阪急甲陽線の線路北側に8分咲きの山桜でした。その下ではカワサキゼファー1100のライダーが携帯で写真を撮られていました。2ヶ月前に免許を取られたばかりで2000km程走られているとのこと。遠距離ライディングも楽しいとさんふらわーフェリーを利用した九州縦断プランをお伝えしました。

桜は全体的にはまだ1分咲きにも満たない感じです 川面が映っている写真の桜たちがイメージに一番近いです。今週末はグンと素敵なレディになっていると思います。

Dscn0150 Dscn0159 Dscn0168 Dscn0169 Dscn0178 Dscn0174 Dscn0171 Dscn0163

(NIKON S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西学院大学 

Dscn0110

関西学院大学のキャンパスはいつも素敵な姿を見せてくれます。

桜は今、どんな姿を見せてくれているのか気になって行ってきました。関学は50ccまでならOKの駐輪場があります。2種原付のカブですとルールに抵触しますがTODAYだとノープロブレムです。

桜はチラホラと数輪の花をつけてはいますが大半はまだ蕾を膨らませている状態でした。コンデジ(S8200)にも久々に登場願い、カメラ片手に花を求めてミツバチの気持ちになってキャンパスを廻ってきました。

モデルさんの様な素敵なカップルが緑の中央キャンパスに花を咲かせていました。とても素敵でした。永久の幸せがありますように・・・

Dscn0030 Dscn0032 Dscn0040 Dscn0045 Dscn0052 Dscn0058 Dscn0061 Dscn0062 Dscn0068 Dscn0069 Dscn0073 Dscn0090 Dscn0093 Dscn0100 Dscn0102 Dscn0104 Dscn0124 Dscn0130

(NIKON S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーモンドフェスティバル 

Dscf1185

『第24回 アーモンドフェスティバル』が東洋ナッツ食品株式会社(深江浜)の本社工場にて開催されています。

http://www.toyonut.co.jp/index.html

アーモンドの花は少し大振りでピンク色です。今年も多くの人が来ていました。でも来年はキューピーから借りている大駐車場の手当てが出来ておらず車でのアクセスは難しくなるようです。多くの人が車で来ているので混乱必至です。公共交通機関だけではアクセスが不便な場所です。良い解決方法が出てくればいいのですが。

会場での一番人気は『アーモンドコロッケ』。長い列は時間が経っても短くならず待ち時間は30分程。これはいけません。短い列に並びます。煎り立てアーモンドはワンカップ100円で5分程でゲットできました。

雨が降るかもという曇りの天気予報でしたが青空も見えていました。アーモンドの花も少し嬉しそうな顔をしていました。

Dscf1140 Dscf1157 Dscf1174 Dscf1187 Dscf1197 Dscf1201 Dscf1209 Dscf1219 Dscf1246 Dscf1237 Dscf1243 Dscf1247

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月23日 (土)

白崎海岸 

Dscf1103 

白い岩山が続きます。ここ白崎(しらさき)海岸は白い石灰岩が独特の光景を創っています。X20の透き通った画で白(岩)と青(海と空)とのコラボを撮るつもりが気が付くとDSCをモデルにした撮影会となっていました

時間と体力と気力が許せば『矢櫃(やびつ)海岸』(有田市)のリアス式の美を堪能する予定でしたが気力だけが伴わず有田の尾根に連なる風力発電の風車を見ながら帰路に着きました。

Dscf1065 Dscf1086 Dscf1087 Dscf1099 Dscf1116 Dscf1119 Dscf1121 Dscf1123 Dscf1135 Dscf1124

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道成寺 

Dscf1002 

東京では桜が見ごろを迎えています。今年は例年より3月に暖かい日が続いたために桜が驚いてしまったようです。入学式ではなく卒業式に桜が満開です。

でも近畿地方ではまだ満開の桜はありません。少しでも南の地域ではもしかしてと思い和歌山県の桜見頃情報を調べると道成寺がヒットしました。鹿ヶ瀬峠のすぐ近くです。これは行かなければなりません。ただ道成寺でも裏手の枝垂桜だけが見頃とあるだけです。

http://www.dojoji.com/

42号線を南下し、JR御坊駅を経由地にして東進すれば道成寺です。その前にSSでガソリンを給油します。田舎のSSらしくオーナーのお友達が来られていてDSCのあれこれについて質問攻めとなります。

参道の手前に駐車場があります。二輪車150円の料金表示にここでお世話になることにします。ちょっとの不安と初めて訪れる喜びとを背負って参道の階段をゆっくりと上っていきます。

境内は思った以上の広さがありました。ネット情報の通り、枝垂れ以外は見頃はもう少し先でしたが1年振りの桜とのご対面にご満悦の僕でした。

Dscf0888 Dscf0892 Dscf0875 Dscf0879 Dscf0899 Dscf0900 Dscf0902_2 Dscf0911 Dscf0897 Dscf0915 Dscf0937 Dscf0936 Dscf0950 Dscf0949 Dscf0953 Dscf0957 Dscf0979 Dscf0982 Dscf0992 Dscf1020 Dscf1038_2 Dscf1039

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿ヶ瀬峠石畳道 

Dscf0678

熊野三山に参詣するために利用された古道の中で、現存する最長(503m)の石畳の道がここ『鹿ヶ瀬(ししがせ)峠石畳道』です。

熊野は特別な場所です。今でもその透明感ある空気の中に神の存在を感じることが出来ます。僕は熊野と云うと司馬遼太郎 『風の武士』を思い浮かべてしまいます。もしかすると風の武士の世界観が先に在ってそれを熊野と云う現実の世界に置き直しているのかもしれません。夢と現実の世界が混沌としています。その不思議な感じが心地良く感じられます。 

【本日のコース】 西宮→鳴尾浜IC→阪神高速湾岸線→りんくうJCT→関西空港自動車道→泉佐野JCT→阪和自動車道→紀ノ川SA→広川南IC→176→鹿ヶ瀬峠石畳道→176→42→御坊→道成寺→42→入路→24→白崎海岸・白崎海洋公園→24→由良トンネル→42→広川IC→阪和自動車道→紀ノ川SA→事故目撃Ⅰ→関西空港自動車道→阪神高速湾岸線→西宮浜IC→事故目撃Ⅱ→西宮

事故に2件遭遇。高速では車が大破しそこから救助している最中、西宮では左折しようとしたその先で横断歩道の真上に車が止まっておりその前に人が倒れて救急隊員が対応していました。暖かくなって多くの人が外出しています。気を付けないといけません。ライダーも春の陽気に多く見かけました。往きのSAでは潮岬を目指すハーレーの方と、帰りのSAでは有田の風車を愛でてきたというスポスタからBMWに乗換えた方と駐輪場で暫しのバイク談義。

さて本題に戻ります。

広川南ICを下り、海の方向へとDSCを走らせます。大きな看板は期待薄なので細心の周囲を払って石畳道へのアクセスを見落とさないようにします。通り過ぎてしまったのかな、と思う位の時に熊野古道の看板を見つけました。傍らにある看板地図を覗いていると軽トラが止まります。

軽トラの中からおじさんが出てきて熊野の色々を教えてくれました。なるべく歩く距離を少なくする為にバイクでどこまで奥に入っていけるかもお聞きすると予想以上に大胆な回答が。でも人に迷惑が掛かるからと言うと「誰も居ないから大丈夫」との由。人気スポットになっていると勝手に思っていましたがそうではなさそうです。案の定、石畳道で会ったのは全部で3人だけでした。おじさんは収穫帰りのトラックの荷台から甘夏を取り出して「甘いよ」と手渡してくれました。ご馳走様です。

折角のおじさんのアドバイスでしたが予定通りの駐輪場所(金魚茶屋のトイレ脇)にDSCを置いて石畳の道へと向かいました。途中には熊野古道公園もあり福島から来た滝桜が1分咲きでした。

小さな橋を渡るとそこから石畳道が続きます。石畳の上を歴史を刻む様にゆっくりと歩いていきます。聞こえるのは自分の足音だけです。立ち止まると鳥の声や風と遊ぶ木々の声が聞こえてきます。最高に贅沢な時間です。

Dscf0613 Dscf0634 Dscf0664 Dscf0626 Dscf0683 Dscf0691 Dscf0689 Dscf0685 Dscf0693 Dscf0698 Dscf0700 Dscf0702 Dscf0716 Dscf0706 Dscf0752 Dscf0735 Dscf0762 Dscf0763 Dscf0766 Dscf0770 Dscf0786 Dscf0793 Dscf0670 Dscf0824 Dscf0797 Dscf0798 Dscf0801 Dscf0805 Dscf0808 Dscf0813 Dscf0816 Dscf0836 Dscf0850 Dscf0858

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

神戸三田プレミアム・アウトレット

Dscf0578 

曇り時々雨の天気予報です。バイクでの外出は危険です。フィットを相棒に三田のアウトレットに行ってきました。西宮からは宝塚経由の下道で約1時間で到着です。10時開店に合わせて出発しましたがアウトレットの大型駐車場(無料)は次々と車で埋まっていきます。帰りに車をどこに置いたか忘れても困らないようにブロックナンバーをデジカメで撮っておきます。

ブランドに疎い僕でも知っている名前がいくつかありました(殆どが分かりませんでしたが)。ウィンドウズディスプレイからは其々のお店のコンセプトが発信されています。そんな飾り窓の中にも春がそっと訪れていました。

アウトレットにいる間、空は泣き出しそうでしたが傘の出番はありませんでした。車に乗っての帰り道、駐車場から出るとフロントガラスに大粒の雨が降ってきました。なんたるタイミング。宝くじは当たりませんがちょっぴりの幸せ

Dscf0561 Dscf0570 Dscf0580 Dscf0582 Dscf0587 Dscf0590 Dscf0591 Dscf0595 Dscf0598 Dscf0596 Dscf0602 Dscf0607

(FUJIFILM X20)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

菜の花 ~武庫川~ 

Dsc_0087 

今日を菜の花尽くしの一日にしたい、そんな想いで武庫川を下って菜の花を探します。バイクだから入っていける花園が見えてきます。

本当に河岸の一角に可愛くあるだけの花園ですがそれだけにゆっくりと見つめることが出来ます。菜の花と一緒に過ごす穏やかな時間を楽しみます

ワンちゃんが新一年生モードに可愛く着飾っていました。親御さん替わりのご夫妻が一生懸命に素敵な写真を撮ることが出来る様ポーズをお願いしていますがワンちゃんは中々言うことを聞いてくれません。可愛いなぁ

菜の花・・・

Dsc_0027 Dsc_0031_2 Dsc_0034 Dsc_0045 Dsc_0051 Dsc_0054 Dsc_0059_2 Dsc_0094_2 Dsc_0116 Dsc_0067 Dsc_0086 Dsc_0163 Dsc_0081 Dsc_0114 

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河津桜 ~武庫川~ 

Dsc_0010 

武庫川のコスモス畑に いまなら菜の花が咲いているかも・・と思い、神戸から一旦帰って昼食の後にTODAYと一緒に出掛けました。

でもそこには掘り返された土と芝生が広がっているだけでした。それでも諦めきれずTODAYで武庫川上流へと遡っていくとピンクの花を着けた小さな木が見えてきます。その樹下では家族連れがシートを敷いて花見を楽しんでいるようです。

なんとそこには早咲きの河津桜がありました。若木で、しかも2本だけでありましたが濃いピンク色の花たちはしっかりと自己主張して力強い存在感を伝えてきました。

Dsc_0032 Dsc_0031 Dsc_0014_2 Dsc_0015 Dsc_0018 Dsc_0006 Dsc_0036 Dsc_0029 

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菜の花 ~神戸総合運動公園~

Dsc_0014 

菜の花が咲いています。菜の花はたおやかで優しく美しい花です。今日はその菜の花にずっと包まれたくて神戸総合運動公園へ行ってきました。

西宮から山手幹線を西進し生田川から山麓バイパスを使うと小一時間で到着です。KADOYAの革ジャンからインナーを外し春モードに変身しています。山麓のトンネルを出入りすると春の訪れを感じることが出来ます。冬はトンネルに入ると暖かく感じ、夏は逆に涼しく感じます。春と秋の一時期だけその均衡が絶妙に取れるのです。

昨日16日に菜の花祭りが開催されたようです。色々なイベントがあって楽しそうでしたが今日はイベント目当ての参加者がいない分、ゆっくりと菜の花と向かい合うことが出来そうです。

公園のHPでは3月13日時点で7分咲きとありました。4日後の今日は満開に近い筈ですが丘陵のすそ野の菜の花たちは少し寂しい感じでした。

それでも望遠レンズで切り撮るとその圧縮効果で素敵なお花畑が見えてきます。レンズを通した世界は現実の世界とは少しだけ違う夢の世界へと僕を誘(いざな)ってくれます

今日は本気モード用のスリックの三脚を持参しています。黒いジーパンを泥だらけにして菜の花とマクロレンズ越しにご対面。彼女たちからは春の香りが放たれてキューピットの矢のようにココロをほんわかにしてくれます

Dsc_0003 Dsc_0059 Dsc_0007 Dsc_0001 Dsc_0011_3 Dsc_0011_2 Dsc_0023 Dsc_0041 Dsc_0064 Dsc_0072 Dsc_0073 Dsc_0112 Dsc_0096 Dsc_0076 

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月16日 (土)

中山寺 

Dscf0362

中山寺での梅林が見頃を迎えているとのことで行ってきました。首からぶら下げるは『X20』。パララックスを身体で覚えるために意識してファインダーを覗いてシャッターを押していきます。チャンチャンとそのシャッター音は軽やかであります。

アドバンスフィルターの効果確認や近接撮影には液晶モニターに頼らざるを得ませんがそれ以外は極力ファインダーを利用します。パッとカメラを右目に当ててシャッターを押す。このリズムが心地良く感じます

人が多くて梅の花だけを切り撮っているつもりが人の頭が連なるように沢山写っていたりする失敗写真もありました。一眼レフ(D90、D7000)やコンデジS8200は自分の感性と近いものが撮れるようになってきましたがまだまだX20はおっかなびっくりの感じの真っただ中にあります。でもこいつを首から下げているとなんか嬉しいのです

Dscf0321 Dscf0428 Dscf0307 Dscf0311_2 Dscf0338 Dscf0427 Dscf0496 Dscf0455 Dscf0526 Dscf0495 Dscf0531 Dscf0514 

(FUJIFILM X20)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年3月15日 (金)

関西フィルハーモニー管弦楽団 

Dscn0044

今宵、福島のザ・シンフォニーホールで関西フィルハーモニー管弦楽団の第245回定期演奏会がありました。

演目はモーツァルト『ピアノ協奏曲第24番 ハ短調K.491』とブルックナー『交響曲第3番 ニ短調「ワーグナー」』でした。

指揮者は2001年から関西フィルの常任指揮者に就任した飯守泰次郎。飯守氏は今、ブルックナーの全9曲のシンフォニーを一年に一度のペースで踏破するプロジェクトを遂行中で今年はその3年目。演奏前のご挨拶ではとてつもないことに挑戦してしまったことを嬉しそうに話されていました。

前回いつ行ったかも忘れた頃に再びオーケストラの音楽に包まれる時間を持つことは本当に贅沢でありました。夢の時間の前にまずは腹ごしらえ。ホール近くで一寸お洒落な屋台村の様なお店に入ってタコライスを注文しました。

Dscn0026 Dscn0036 Dscn0042 Dscn0059 Dscn0056 Dscn0050

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月13日 (水)

それまでの電池は・・・

Dscf0289


『今度いつ会えるんだろう それまでの電池は 

抱きしめながら言った あなたの「愛してる」の一言』

絢香 三日月

http://www.youtube.com/watch?v=AU5SsPlPuvY

悔しい位素敵な恋を・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

春宵一刻

Dsc_4566

『一刻千金値する 春の夜のひとときに こころ染み入る音吹雪 桜花爛漫』

定時に会社を終えるとすぐさま私服に着替えます。スーツからジーパンに変身して床に這い蹲っても撮影が出来る体制を整えます。

早春の訪れを全身で喜びを表現する様にライブハウスの空間は熱くエネルギッシュな音吹雪で満たされて行きます。

Dsc_0949 Dsc_2361 Dsc_2367 Dsc_2362 Dsc_2354 Dsc_0961 Dsc_1044 Dsc_0940 Dsc_1071 Dsc_2501 Dsc_1101 Dsc_1150 Dsc_2515 Dsc_2582 Dsc_1179 Dsc_2665 Dsc_2957 Dsc_3079 Dsc_3085 Dsc_3123 Dsc_1477 Dsc_3360 Dsc_3377 Dsc_3395 Dsc_1637 Dsc_3547 Dsc_3626 Dsc_4035 Dsc_1653 Dsc_3801 Dsc_3874 Dsc_1724 Dsc_4352 Dsc_4481 Dsc_4391 Dsc_4521 Dsc_4570 Dsc_4575 Dsc_4607 Dsc_1888 Dsc_5055 Dsc_5057 Dsc_1889 Dsc_1893

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

雪降る中で・・・

Dsc_0265

この日(2013年2月24日)は時折、雪が舞い散る寒い一日でした。前半に2点を先行される苦しい展開です。ハーフタイムには監督が喝を入れると思いきや、監督の口からは『良かった。このまま後半もやっていこう』との意外な言。

その監督の言葉を裏付ける様に生徒たちは後半に2点を奪取し、同点に追いついてしまいます。相手の反撃もスーパーセーブで食い止めます。逆転こそ出来ませんでしたがこの日の収穫は大きなものがあったと思います。

監督は生徒たちを信頼し、生徒たちは監督を信頼しています。その篤い信頼関係がこの日の試合が終わった後の生徒たちの充実した顔から伝わってきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 3日 (日)

阪神タイガース「西宮市民特別ご優待」 

Dscn0024

新聞広告に挟まっていた一枚の案内状。西宮市民を阪神タイガースがご優待価格で招待してくれます。甲子園は西宮市にある のです。抽選で7,000席(6日間合計)。めでたく当選し、本日チケットを購入しに行きました。10時から当選葉書と交換とのことで20分ほど前に到着したのですが既に長蛇の列が出来ていました。40分ほど並んでチケットをゲット。大応援団の中に入って盛り上がってくる予定です。

Dscn0026 Dscn0028 Dscn0040 Dscn0042

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 2日 (土)

スイセンの丘 ~千早赤阪村~ 

Dscf0223 

淡路島の黒灘水仙郷とはその規模を比較するのも可愛そうな位、小さな水仙畑が大阪府で唯一の村である『千早赤阪村』にあります。

http://www.chihayaakasaka.org/tourism/j_tanjochi.html#suisen

でもそのこじんまりさが堪りません。地域の人達が一生懸命支えています。これまた日本一小さいであろう道の駅「ちはやあかさか」(別名「日本一かわいい道の駅」、大阪府下で最初に設置された道の駅です)にフィットを止めて歩いていきます。

日当たりの良い斜面の水仙はそこそこ咲いてはいますが見頃はまだ少し先の様です。

水仙畑を後に道の駅で旬の食材を調達した後、荷物をフィットに入れて隣接する村立の郷土資料館に立寄りました。入館料200円。スリッパに履き替えて入館すると係りの方がビデオを流してくれます。館内の展示資料も寂しい限りで橋下市長ならずとも存続の是非を含めて検討する必要があるようです。

Dscf0194 Dscf0217 Dscf0199 Dscf0205 Dscf0211 Dscf0240 Dscf0249 Dscf0248 Dscf0253 Dscf0258 Dscf0260 Dscf0263 Dscf0276 Dscf0277 Dscf0282 Dscf0264_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »