« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月29日 (月)

仁川の郷

Dscn0171

三田からの帰り道、ちょっと仁川の郷に寄り道してきました。深層心理に芝桜への想いがあったのかもしれません。

所々歯抜けのようになって『花のじゅうたん』状態にはなっていませんでしたが可愛い花たちが春の喜びを精一杯表現してくれる様はそれだけで嬉しくなってきます

Dscn0169 Dscn0158 Dscn0130 Dscn0146 Dscn0145 Dscn0152 Dscn0170 Dscn0176 Dscn0182 Dscn0184

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尼ン滝 

Dscn0076

【本日のコース】 西宮→宝塚→33(塩瀬宝塚線)→長谷→319→323(上佐曽利木器線)→大阪峠→羽束川→37→蓮花寺→後川下(看板あり)→永澤寺→芝桜園「花のじゅうたん」→母子(もうし)→母子大池(今回もまた辿り着けず)→308(曽地中三田線)→尼ン滝→青野川→308→千丈寺湖→小野峠→49→花山院→68(川西三田線)→千刈湖→33→宝塚→仁川の郷→西宮

春うらら。寒の戻りもようやく後ろ姿を見せる様になって気持ちの良い春の一日をDSCと一緒にいつもは余り通らない裏道を選択しながら走ってきました。

人の居ない田舎道。日本の原風景が広がっています。水の張った田んぼに映る山々の姿。青葉が眩しい緑のトンネル。春の忘れものの様な花びらを散らした桜たち。もう堪らない程の春が溢れています

ライダーたちも春に浮かれていました。大きくピースサインを送ってくれる人が居たり、挨拶返答率も80%程と高率をキープ。みんなこの時期を待ちに待っていたようです。自販機の前で地べた座りをしていたライダー達に挨拶をすると座っていた二人が同時にピースサインを送り返してくれました。思わずヘルメットの中が笑顔になります。

芝桜で有名な花のじゅうたんをひとつの目的地にしていましたが、走っていることの方が楽しくて目の前を素通り。風を切るのではなく風と遊んでいる自分がそこにいます。車だったら絶対にこの素敵は味わえません。なんか嬉しいぞ~とココロの叫び声を上げてしまいます。

尼ン滝で小休憩です。有名な滝では無いので殆どの人達が素通りしてしまいます。小さな看板がありますが耳を澄ましていると道を走っていても滝の落ちる音が聞こえてきます。木立が邪魔をして道から直接に滝を見ることは出来ませんが、滝が醸し出す音が滝の存在を教えてくれます。そんな素敵な小さな滝です。

Dscn0038 Dscn0052 Dscn0056 Dscn0094 Dscn0067 Dscn0080 Dscn0102 Dscn0112

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

青もみじ

Dscf3410

新緑に魅せられて・・・

『青もみじ』という言葉を知ったのはつい最近のことでした。でもその素敵に気付かせてくれたこの言葉に感謝。どこかの学者さんが言っていました。『動物は痛さを知らない。なぜなら言葉を持たないから。』 人間の言語とは違うコミュニケーションツールを持っているとは思いますが言葉の範囲しか人間自身(僕自身)も思考できないことは分かります。たくさんの言葉を持ち知り使うことの大切さに気付きます。

歌の中に出てくる『私』を『あたし』と読むのか『わたし』とするのか、その基準は自分の中にあります。『あたし』の『私』は世の中には少ないのかもしれません。ないものねだりの僕が居ます。

Dscf3045 Dscf3298 Dscf3374 Dscf3377 Dscf3401 Dscf3408

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北山緑化植物園 

Dscf3228

生けりしすべてのものたちの息吹が苦しくなる程に素敵な春がここにありました。

色とりどりの花弁を身に纏い誘惑する花々たち

新緑の青もみじたちが眩しい程に生命の存在を教えてくれています。

ただ寄り添うだけでいい、そんな時間が穏やかに流れていくことの大切さにふと気付く一瞬があります。こころをふんわりと包んでくれるように春は人を優しくしてくれます。

ここ数日続いている腰痛がこれ以上悪化しないように今日は家でじっとしている筈でしたが、家にいると頭が痛くなってきました。頭痛薬を飲んでX20と北山緑化植物園へ。本当は万博公園へ行って満開を迎えているチューリップやポピー、そして芝桜達を相手にデジ一眼を相棒に戯れる筈でしたが腰のことを考えてここはちゃんと大人の選択をいたしました。偉い←自画自賛。

Dscf3054 Dscf3062 Dscf3055 Dscf3066 Dscf3071 Dscf3076 Dscf3082 Dscf3089 Dscf3101 Dscf3102 Dscf3107 Dscf3109 Dscf3117 Dscf3125 Dscf3140 Dscf3148 Dscf3150 Dscf3160 Dscf3163 Dscf3174 Dscf3175 Dscf3183 Dscf3186 Dscf3189 Dscf3195 Dscf3203 Dscf3214 Dscf3216 Dscf3220 Dscf3223 Dscf3226 Dscf3234 Dscf3304 Dscf3311 Dscf3321 Dscf3323 Dscf3326 Dscf3327 Dscf3334 Dscf3352 Dscf3342 Dscf3346 Dscf3359 Dscf3364 Dscf3366 Dscf3369 Dscf3384 Dscf3425 

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅葉一番乗り

Dscf3253

桜が異常な早咲きとなった2013年でしたが、紅葉も桜に負けてなるものかと今が盛りを迎えていました。

とも思える様な不思議な光景がそこにはありました。

北山緑化植物園 北山墨華亭にて

Dscf3275 Dscf3249 Dscf3287 Dscf3252

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

甲子園

Dscn0197

『西宮市民特別ご優待 阪神タイガースvsヤクルトスワローズ』の試合を観戦しに行ってきました。

レフト側外野席でありますがここは甲子園、周りはもちろんタイガースファン一色であります。

外野席最前列ブースの端っこが指定席でした。その僕の隣の席の無いコーナースペースにトラの尻尾をつけた女の子が舞い降りてきました。タイガース応援団の可愛いマスコットガールさんです。

タイガース攻撃回には大きな声と大きな手振りで一生懸命応援されていました。一緒に写真を撮らせて頂いたり、阪神タイガース『ヒッティングマーチ』の歌詞カードも頂戴しました。

7回にはジェット風船もプレゼントしてくれてタイガース応援団の一員となって応援することも出来ました。とても素敵な応援デーとなりました。どうもありがとうございました。感謝。

試合は1回に取った1点を守り抜いたタイガースの勝ち。お天気も試合途中何度か傘を差す場面もありましたが長く降り続くことも無くなんとかもってくれました。

Dscn0001 Dscn0040 Dscn0056 Dscn0055 Dscn0068 Dscn0083 Dscn0093 Dscn0062 Dscn0130 Dscn0177 Dscn0180 Dscn0198 Dscn0210 Dscn0212 Dscn0004 Rscn0229 Dscn0214 Dscn0219 Dscn0226 Rscn0230 

(NIKON COOLPIX S8200) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

エアスルー ライディングシューズ 

Dscn0009

本日、HONDA投稿サイトで入賞した賞品が届きました。『Honda エアスルー ライディングシューズ TN-M71(レッド)』です。カッコいいです。ホンダさん、ありがとう。

http://www.honda.co.jp/ridersvoice/sc-sm/2013/013.html

これを履けば太陽ギラギラの暑い夏も大丈夫。TODAYで日本の原風景を颯爽と走りたいと思います。

Dscn0014 Dscn0001

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

造幣局 ~桜の通り抜け~

Dscf2890 

今日4月16日(火)から22日(月)までの7日間、造幣局で桜の通り抜けが行われます。こちらは八重の桜が多いので近隣の名所の桜が散っても例年ならば十分に楽しむことが出来るのですが今年はやはり異例で通り抜け初日にも拘らず多くの木が既に見頃のピークを過ぎていました

行かれるならば一刻でも早い方が良さそうです。咲く桜よし、散る桜もよし、ではありますが花見では首が痛くなる位上を向いていたいものです。

Dscf2857 Dscf2861 Dscf2888 Dscf2899 Dscf2900 Dscf2882 Dscf2906 Dscf2915 Dscf2918 Dscf2926 Dscf2931 Dscf2932 Dscf2942 Dscf2949 Dscf2958 Dscf2955 Dscf2964 Dscf2974 Dscf2983 Dscf2998_2 Dscf3003 Dscf3009 Dscf3014 Dscf3037

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

ハーレーダビッドソン 

Dscn0035

ハーレーのデモライドフェスティバルがサンシャインワーフ神戸にて昨日今日の二日間開催されています。でも場所柄家族連れが多く、なかなかお客さんが寄り付きません。強風でパラソルが吹っ飛びました。スタッフの方が危険を察知してスーツ姿にも係らず身を挺してパラソルを押さえようとしました(←本物のカッコ良さ)がパラソルの方が上手でした。風に舞うパラソルは小さいお子さんを連れたお父さんが確保し誰も怪我をせずに済みました。良かった良かった。空気を入れた大型ゲートもその後すぐに撤収されていました。フォーティエイト、カッコいいな~。

Dscn0017 Dscn0019_2 

(COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PEKO 

Dsc_0039 

音楽の専門学校の同窓生。ジャンルは違っていたのだそうですが友人となりユニット『PEKO』を組んだそうです。ボーカルの彼女はもうお母さんです。守るべき人がいると歌に奥行きと広がりが出てきます。キーボードの彼女はクラシックを専攻。真摯に向き合う瞳が素敵でした。

『D-Stage ~inサンシャインワーフ神戸~』にて3月デビューのおふたり。今日は2度目のステージでした。前回は雨だったそうです。今日は雨は心配ありませんでしたが海風が強く譜面が吹っ飛ぶ程でありました。そんな中でも一生懸命な姿が印象的でした。客席の後ろの方ではご家族が見守っているようでした。

Dsc_0217 Dsc_0089 Dsc_0270 Dsc_0388 Dsc_0097 Dsc_0438 Dsc_0017 Dsc_0056 Dsc_0189 Dsc_0270_2 Dsc_0446 Dsc_0524 Dsc_0580 Dsc_0590 Dsc_0641 Dsc_0345 Dsc_0542 Dsc_0546 Dsc_0180 Dsc_0442

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

廣田神社 ~コバノミツバツツジ~ 

Dsc_1937 

昨日のミツバチ症候群(花が無くて悲しい気持ち)を埋め合わせるために見頃を迎えていると云う廣田神社のコバノミツバツツジを観に行きました。

ツツジは小さな花たちが順繰りに主役を務めており下の方は枯れていても上の方が満開を迎えていたりしてミツバチを喜ばせてくれました。

Dsc_1356 Dsc_2092 Dsc_1924 Dsc_1945 Dsc_1943 Dsc_1961 Dsc_1978 Dsc_1965 Dsc_1983 Dsc_1990 Dsc_1995 Dsc_2010 Dsc_2015 Dsc_2026 Dsc_2030 Dsc_2046 Dsc_2058 Dsc_2077 Dsc_2082 Dsc_2089

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

吉野千本桜 

Dscf2579 

日本一の桜の名所、奈良県は吉野の桜にチャレンジ(この言葉がピッタリでした)してきました。吉野へ満開の時期に行って桜との時間を存分に楽しむことは至難の業であります。マイカーは交通規制で身動きがとれませんし、電車ではアクセスに不安を残します。ここはその両方を一挙に解決してくれるバスツアーに参加することで春爛漫の吉野を満喫しようと考えました。

ところが・・・ 今年は桜の開花時期が例年より1週間、もしくは2週間も早まり吉野もその例外ではなく、正に本日見頃満開の筈であった下千本、中千本、上千本の桜たちは既に散り終えていました(注:散り始めではありません)。

それでも本日は364台の桜目当ての観光のバスが押し寄せ、吉野山観光駐車場はバスが数珠繋ぎの状態でした。桜が無いのに桜を観に来た人たちでごった返している何とも不思議な光景です。

桜が満開の時期、この場所はどんな状況であったのでしょう。凄まじいことになっていたこと間違いなしです。想像もしたくありません。

今日でも何とか奥千本には僅かに桜があるとの情報に竹林院前の奥千本行のバス停には長蛇の列が出来ています。これはいけません。バスだと20分程で行けるらしいのですがいつバスに乗れるかも分かりません。こちらは吉野で許されている時間が4時間のツアー客です。バスは諦めちょっぴりだけ上千本へと足を延ばします。そこには民家チックな(トイレを借りようとしたらそこはお風呂だったりします)お休み庵『花錦』があり、葛きりを戴きました。疲れた身体に甘い蜜が優しくありました。

駐車場に戻る前に金峯山寺(きんぷせんじ)にお参りです。丁度「蔵王堂秘仏ご本尊 金剛蔵王大権現 特別ご開帳」が為されており(拝観料1,000円)、日本最大の秘仏、青の慈悲に触れてきました。

Dscf2502 Dscf2505 Dscf2562 Dscf2569 Dscf2598 Dscf2524 Dscf2613 Dscf2698 Dscf2645 Dscf2655 Dscf2730 Dscf2734 Dscf2713 Dscf2747 Dscf2751 Dscf2758 Dscf2759 Dscf2767 Dscn0002 Dscf2783

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

願い・・・

Dscf2352_2 

春の匂い 余呉湖にて

Dscf2293 Dscf2364_2 Dscf2402 Dscf2254 Dscf2405 Dscf2456

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想う・・・ 

Dscf2081 

琵琶湖湖北 海津大崎にて

Dscf1950 Dscf2057 Dscf1914 Dscf1985 Dscf2192 Dscf1982 Dscf2208 Dscf2200_2 

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホンダライダーズボイス入賞 

Dsc_0003

2005年8月、明石大橋のたもとで撮ったカブの一枚がベストショット賞を頂戴しました。

http://www.honda.co.jp/ridersvoice/bl-cub/2005/015.html

コメントに『tetsuさんの生活にCubが溶け込んでいることがよくわかります』と最高の賛辞がありました。

そして2013年4月の今日、トゥデイの一枚がホンダファン賞を頂戴しました。

http://www.honda.co.jp/ridersvoice/sc-sm/2013/013.html

武庫川の河津桜とのツーショットです。ホンダさん、そしてヤマハさん、ともに選者の方たちは排気量の大きさでなくバイクがどれ位大好きなのかをご覧になっているようでなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

武庫川 

Dscn0242

桜たちの下では多くの人達が賑やかにしている筈でした。でも花を散らした桜の下には僕とTODAYと散歩を楽しむ人たちがいるだけでした。

花散らしの雨と風をちょっぴり憎んでしまいました

(COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西学院大学 

Dscn0218 

2週間前の関学はまだ桜の気配をチラホラと感じるだけだったのに、今日の関学は花びらを残している桜を数えるようになっていました。

一番素敵な時の姿を知らずして桜の季節は去っていきました。それでも生命の息吹が溢れる新緑に少し元気を貰ってきました

Dscn0183 Dscn0193 Dscn0202 Dscn0206 Dscn0210 Dscn0216 Dscn0229 Dscn0231 Dscn0240 Dscn0232_2

  (COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

66666km 

Dscn0176 

2003年8月9日、DSCが僕の相棒となった日です。あれから10年の日が来ようとしています。

66,666km。一年あたり6,666kmか。もっともっとDSCに乗りたいなぁ。

(COOLPIX S8200)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

有馬温泉 

Dscn0110

今日はもう桜の優美な姿は見ることが出来ないかもしれない、そんな風に思いながら有馬へと向かいました。太閤橋下のスポットは車では一寸入り難い場所です。DSCをガードレール沿いに止めて有馬川を覆うように咲き誇る桜たちに思わずありがとうを言いたくなります。

ヘッドライトに映り込む桜に以前の恐怖体験が蘇ります。気持ち良い青空の下、DSCで川沿いの道を快適に走っていました。空にはポツンポツンと初夏の雲がゆっくりと流れています。ヘッドライトにその素敵な光景が映り込んでいることに気付きました。お~素敵と思わず見とれていて前の車と衝突しそうになりました。急ブレーキを掛けてギリギリセーフ。事故検分でヘッドライトに映る空と雲に見とれていたからと陳述せずに済んで助かりました。

Dscn0041 Dscn0057 Dscn0075 Dscn0044 Dscn0077 Dscn0081 Dscn0084 Dscn0097 Dscn0105 Dscn0112

ゆけむり広場の太閤秀吉像の前にある枝垂桜が見頃を迎えていました。太閤さんも桜たちに包まれて幸せそうでありました。

Dscn0125 Dscn0137 Dscn0149 Dscn0139 Dscn0089 Dscn0165 

善福寺の枝垂桜(糸桜)は残念ながら多くの花びらを落としていました。それでもその姿は一幅の掛け軸でも見る様に幽玄で神秘的でさえありました。 

Dscn0155 Dscn0159 Dscn0170 Dscn0163

(COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬莱峡

Dscn0020 

宝塚から旧街道のJR生瀬駅前を抜けて有馬方面へと蓬莱峡を眼下に見ながらDSCで高度を上げていきます。クシタニの革手袋からメッシュ手袋に変えてきましたがまだ一寸早かったようです。

岩肌を剥き出しの荒々しい山の風景の中に桜の木が優しくポッと咲いていました

Dscn0024 Dscn0030

(COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝塚 花の道 

Dscn0006

来週は予定が入っているため、この土日にDSCのエンジンを掛けてやらなければ1ヶ月乗ってやれないことになります。天気予報では雨雲が五月雨式に来そうですが空を見上げると所々に青空も見えています。近場であれば大丈夫そうです。

まずは宝塚大劇場前の花の道を訪れます。桜は殆ど散ってしまって若葉たちが今度は自分たちの番と張り切っていました。

(COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

夙川さくら道 

Dscf1523

近畿地方でも東京より少し遅れて桜が満開を迎えています。でもこの土日は生憎の雨の予報です。しかも土砂降りとのことで花散らしの雨となりそうです。

そこで朝一番に夙川の桜を訪ねてきました。空はいつでも雨を降らしますと云っているようなのでバイクでなくここは素直に電車で行ってきました。

今日の相棒はX20です。そしてちょこっと設定を弄ります。X20では撮影画面の表示を3種の中から選びます。アイセンサー(自動表示切替)、LCD(液晶モニターに固定)、OVF(光学ビューファインダーに固定)。いつもはアイセンサーとして一枚撮るごとに直ぐモニターを確認しています。今回はOVFに設定しフィルム時代の状況を再現します。それでも最初はシャッターを押すとすぐにモニター確認する癖が抜けずついつい液晶を覗いてしまいます。でも時間が経つにつれ写真に集中してゆきフィルム時代の昔に戻ったような感じに捉われます。今の素敵を確認作業なく連続して切り撮っていくそのリズム感が堪らなく嬉しく感じます

Adv.モードはトイモード、SPモードは接写モードをセレクト。僕のデフォルトのPモードから時折露出補正をしながらAdv.やSPモードに切り替えます。その時だけ液晶モニターとなります。Pモードに戻す時、露出を戻すのを忘れて白トビ写真を大量生産してしまいました。これもまた経験値の積み重ねとなりました。

オレンジレンジ 「花」 http://www.youtube.com/watch?v=E0zdQmgfDGs

『花びらのように散りゆく中で 夢みたいに君に出逢えたキセキ 愛し合ってケンカして色んな壁 二人で乗り越えて 生まれ変わってもあなたのそばで 花になろう』

花びらが風にハラハラと舞い落ちています。花嵐の素敵がドリカムの歌を運んできました。

ドリームカムトゥルー 「スノーダンス」 http://www.youtube.com/watch?v=bcKq1nU0Wro

『ハラハラ舞う雪になって あなたのホホをそっと撫で サヨナラサヨナラ 歌って 街を渡って どこへ行こう 吹かれて行こう』

Dscf1448 Dscf1451 Dscf1453 Dscf1459 Dscf1463 Dscf1472 Dscf1488 Dscf1490 Dscf1491 Dscf1493 Dscf1494 Dscf1499 Dscf1501 Dscf1507 Dscf1510 Dscf1513 Dscf1523_2 Dscf1541 Dscf1554 Dscf1556 Dscf1560 Dscf1615 Dscf1656 Dscf1635 Dscf1682 Dscf1662 Dscf1691 Dscf1689

雨がポツリポツリと降り出してきました。時計を見ると8時45分。午前中、なんとか天気が持ちそうなら一旦家に帰ってから宝塚へも行ってみようかと考えている矢先でした。

Dscf1769_2

夙川の駅に近付きます。川沿いではありませんが道を挟んだ向うから枝垂桜が僕を呼んでくれました。集合を掛けられた警備員の方達も思わず立ち止まってしまう程素敵な佇まいをしています。

Dscf1787_2 Dscf1822 Dscf1811 Dscf1815 Dscf1806 Dscf1813 Dscf1738 Dscf1832

(FUJIFILM X20)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

王子動物園 ~夜桜通り抜け~

Dscf1336

本日からの3日間、王子動物園で夜桜の通り抜けが開催されます(18時から20時半まで)。350mに亘り480本ものソメイヨシノの桜並木が続きます。

森山直太朗 「さくら」 http://www.youtube.com/watch?v=p_2F2lKV9uA

ケツメイシ 「サクラ」 http://www.youtube.com/watch?v=9oEgvG3mbfY

コブクロ 「桜」 http://www.youtube.com/watch?v=jcvW18gWhc0

スピッツ 「チェリー」 http://www.youtube.com/watch?v=Eze6-eHmtJg

レミオロメン 「sakura」 http://www.youtube.com/watch?v=rDB_yC3vN8Q 

JUJU 「桜雨」 http://www.youtube.com/watch?v=-d0N4bwBEEE

『来年の桜は見ることができるのかなぁ』 桜の季節が来るとこんな言葉を小さくつぶやいていた亡き父親の心情が今は手に取るように分かる自分がいます。

Dscf1298 Dscf1301 Dscf1330 Dscf1306 Dscf1366 Dscf1345

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

寅さんの伝言 

Dscn0003

結婚式の翌日、ホテルでは朝日新聞を部屋に届けて貰いました。朝日の地域総合面では『寅さんの伝言』と銘打った企画が2年に亘り全90話の最後を迎えていました

寅さんの大ファンである僕はそのページだけ切りとって持ち帰ってきました。

『私、このごろよく思うの。人生に後悔はつきものなんじゃないかしらって。ああすればよかったなあという後悔と、もうひとつは、どうしてあんなことをしてしまったんだろうという後悔

マドンナは手の届かない処にいるからこそマドンナなのかもしれません。寅さん、僕も後悔だらけ、反省だらけの人生ですが寅さんのように不器用でも真っ直ぐに歩いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »