« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月26日 (日)

クロスカブ 110 

Thumb02

(ホンダ公式HPより)

http://www.honda.co.jp/CROSSCUB/

出た~ ハンターカブの現代バージョン。カブはやっぱりカッコいいな~。そしてカブはやっぱり丸目じゃなくちゃ。5月21日に発表、6月14日から発売となっています。

当面はDSCとTODAYの2兄弟体制を継続していきますが、3兄弟体制のナンバーワン候補の出現に心躍っています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

株主

Dscn0002

エッヘン。僕は株主です。(注:以下のようにちょっとしょぼいですが・・・)

以前はカブ主(ホンダカブの所有者=主(あるじ))でしたがカブが誘拐されてからはカブ主返上となりました。

ダイエーのネットスーパーで買い物するときにいつも表示されている『株主優待』の4文字が気になり調べてみると買い物をするたびに5%引き特典があることを知りました。

100株の株主ですと半年で40万円までの買い物代金に付き5%割引適用となり最大で2万円の割引となります。ダイエーの決算が2月でしたので権利確定の前に200円でDONE。待望の『ダイエー株主様ご優待カード』が3日前にやっと届きました。

2万円で買った株は半年でチャラとなり、あとは割引のメリットのみ享受できるという夢の特典です。その後株価の高騰もあり一時400円を超えたりしました。200万円で買っていたら400万円となりとてもハッピーなのでありますが、原資は2万円という処が可愛い処です。

昨日はまだふらついたり頭が痛くなったりしていました。今日は少し良くなっているようです。でも玄関先に少し出て外の空気に触れてみると身体全体がSOSを出してくるのが分かります。

そこで早速先週届いたこの『ダイエー株主様ご優待カード』を利用してネット注文です。ダイエーOMCカード利用で日曜日は5%引き、その割引後の金額からの5%引きなので実質9.75%の割引となります。

ダイエーの大株主に手を上げているイオンの動向が気になるところです。赤字体質の一因が株主優待にありと判断されるとこの素敵な制度の見直しも予想されます。

最弱最少株主は隅の方でその行く末をそっと見守っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

生還 (ちょっと大げさですが・・・)

Qq_photo02

(写真は兵庫県立西宮病院HPより)

23日(木)の夜、もうすぐ24日となる頃、椅子から立ち上がろうとするとそのまま身体が崩れ落ちました。あとはもう頭を数ミリでも動かすと強烈な眩暈と吐き気が襲ってきます。身体も動かせず声も出せない状態で床にひっくり返っていました。

前回はヘルニアでやはり身体が動かせなくなり救急車の出動をお願いしましたが、今回もまたお世話になることとなりました。

救急隊員の方たちは怪獣に踏み潰されそうになった時に登場するウルトラマンのように僕にとっては神様のような存在です。この日もストレッチャーで狭い階段を僕を乗せて降ろしてくれたのですが隊長の「最後まで気を抜くなよ」と隊員たちを叱咤激励する言葉が耳に残っています。

救急車の中では(お食事中の方はここからは注意)身体を攀じる様に何度も嘔吐してしまいました。自分の身体がメルトダウンしていくのが分かります。

病院に着いて点滴の注射を射されたところまでは記憶にありますが、その次の記憶は朝4時頃に看護士詰所横にある重症緊急患者用病室にいる自分でした。胸には心電図のモニターが装着され詰所にその一部始終が分かるようになっています。脳梗塞の可能性は無いようです。記憶のない間に脳のCTスキャンも撮ったようです。

僕が治療室に救急搬送された時、ドアに耳を近付けて中の様子を窺っていると心電図のモニター音が『ピー』となって死んじゃったと思ったそうです。でも僕はまだ死にません。

10数年前から患っている不治の病とそれ以外の数々の悪戯っ子とともにまた新しい付き合うべき友人が増えたようです。もうこうなれば怖いものはありません。友達大歓迎です。

でも今回は「おかしいな?」と思った時から数分で自分では身体がコントロールできなくなってしまいました。どうやってリスクをコントロールしていくか。薬を貰ってはいるのですが生き甲斐であるバイクとの付き合いも含めて今後は考えていく必要があるようです。

救急救命医のM先生や看護士さん達のお顔を拝見したのは搬送から数時間後の24日の朝方のことでした。神様と天使さん達に感謝。

健康の大切はもちろん、生きていることの意味をまた考えさせられる事件でありました。それでもきっとカッコ良さとは無縁の不様な生き方しか出来ない僕が居るのだと思います。

http://www.youtube.com/watch?v=FsFS0HnUe9o

人は他人(ひと)を傷つけて生きている生き物だということを気付かぬ様にしているズルい自分を時にとても嫌になり時に納得させたりしながら記憶の先の見えない道を歩いていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月23日 (木)

自宅カラオケ 

Dscf0012

本格カラオケが自宅でお気軽にできる環境となりました。その立役者は任天堂のWii Uです。

http://www.nintendo.co.jp/wiiu/hardware/features/karaoke/index.html

インターネットで繋ぐとなんと10万曲の歌がその先に待ってくれています。ランニングコストは90日間の使用の権利が2,000円です。

Dscf0002 Dscf0007 Dscf0015 Dscf0017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月19日 (日)

荒牧バラ園 

Dsc_0110 

今日は午後から雨が降るとの予報です。9時の開園に合わせて荒牧バラ園へとフィットと出掛けました。いつもはバイクで行く場所です。駐車場の場所も知りませんでしたが近くまで行くと警備員さんが角々に立っています。親切に教えてくれて無事到着(500円/日)。

デジ一眼2台を首からぶら下げてバラ園へと向かいます。9時前でしたが既に開門されて多くの人がバラ達と戯れていました。

今が見頃のピークを迎えています。と思っていましたが園内を散策する途中で枯れたバラを摘み取る作業をされている方々を見かけました。そのお陰でいつも綺麗な花だけが残っていることに気付きました。大変な作業です。感謝。

今日のレンズはタムロン90と同じくタムロン28-300の二本立てです。三脚はスリックの旗艦を持参しています。気持ちよくシャッターを切っていくためにはこの旗艦スリックが欠かせません。

三脚の置き易い人通りの少ない端っこのバラ達には特に念入りにご挨拶。そこで一期一会のシャッターをそっと押していきます。もちろん黒いジーパンの膝は泥だらけ。これがバラへの感謝の気持ちの現れです。

Dsc_0004 Dsc_0007 Dsc_0040_2 Dsc_0002 Dsc_0042 Dsc_0040 Dsc_0046 Dsc_0051 Dsc_0043 Dsc_0059 Dsc_0054 Dsc_0063 Dsc_0073 Dsc_0082 Dsc_0101 Dsc_0038 Dsc_0089 Dsc_0102 Dsc_0114 Dsc_0113 Dsc_0111_2 Dsc_0117 Dsc_0120 Dsc_0132 Dsc_0134 Dsc_0143 Dsc_0192 Dsc_0140 Dsc_0146 Dsc_0203 Dsc_0302 Dsc_0201 Dsc_0231 Dsc_0280 Dsc_0291 Dsc_0289 Dsc_0290 Dsc_0317 Dsc_0326 Dsc_0319

(NIKON D7000&D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深紅の薔薇 

Dsc_0149_3

情熱の薔薇。迸る想い。

恋のバカンス(ザ・ピーナッツ)

http://www.youtube.com/watch?v=fE4cCOCvRzs

恋のフーガ(小柳ゆき)

http://www.youtube.com/watch?v=NZBYTDjILis

愛はかげろう(雅夢)

http://www.youtube.com/watch?v=_5DSwiLp1bA

荒牧バラ園にて

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

西宮流(にしのみやスタイル) 

Dscf4596_2 

週末は雨、の予報でしたが暑い位の晴れの天気。午前中はDSCの火入れを行いに海を見に行きました。一旦家に戻り、クリーニングに出していたコート類を今度はTODAYを相棒に回収です。

http://nishinomiya-style.jp/

西宮流さんから招待券のプレゼント。午後からはちょっとお洒落に兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールで開催されるギターコンサートへと行ってきました。

小ホールと云っても結構なキャパシティを持った素敵な会場でした(場内は撮影禁止の為写真はありません)。

演奏は古典や民族音楽でありましたが、アンコールに応えての追奏では『影を慕いて』『大きな古時計』『禁じられた遊び』など馴染みあるものを聴かせてくれました。

Dscf4599 Dscf4614

(FUJIFILM X20)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新西宮ヨットハーバー

Dscn0098 

堀江謙一。1962年、マーメード号と名付けた小型ヨットで西宮からサンフランシスコまで太平洋を単独横断した日本の誇るべき冒険家です。

その母港たる新西宮ヨットハーバー。豪華なヨットがズラッと並んでいます。海を覗くとクラゲたちがのんびりと泳いでいました。

Dscn0054 Dscn0084 Dscn0136 Dscn0063 Dscn0064 Dscn0138 Dscn0152 Dscn0065 Dscn0070 Dscn0169 Dscn0160 Dscn0167  Dscn0176 Dscn0132

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平和の証 

Dscn0035_2

瓶投げアート。ガラス瓶の中にペイントを入れ高さ10mから投げ落とします。これを数年毎に繰り返していくようです。

芸術は理屈で理解しようとすると難しくなります。好き嫌いだけで良いのでしょう。

新西宮ヨットバーバーにて。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月17日 (金)

バリカン

Dscn0029

通い慣れた床屋が遠くなって何軒か違う床屋へと行きましたがイメージが違います。坊主なのにどこに拘りがあるのか分かりませんがなんか違うのです。

そこで思い切ってバリカンを購入しました。髭剃りでお世話になっているフィリップス社製のバリカンです。同社製だけがオイル差し不要です。面倒くさがりの僕にはこれしかありません。

充電式は電気が弱まるとガシッと毛を挟んだりしそうでここは交流オンリー式としました。

ヨドバシでネット注文。ヤマダはシステムが替わって指定の競合8社だけが対抗価格に対応することとなり価格コムの最安値は対象外となってしまいました。残念。

ヘアカッター 1,750円、青スキカルハット 1,240円 の計2,990円。

バリカンがこんなに安いとは驚きでした。早速断髪式の決行です。ツルツルの僕の出来上がりです。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月12日 (日)

母の日

Dscf4562 

母の日の花 『カーネーション』。

母を亡くした子は白いカーネーションだと云う。小さな子供には悲し過ぎる気がしてなりません。

感謝は言葉にし難いものです。言葉をケーキに代えて。

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月10日 (金)

ありがと

Dscn0847

http://www.youtube.com/watch?v=VurjjQunglo

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

一緒に泣いてあげる

Dscn0221

「先生、何もしてあげられないけど 一緒に泣いてあげる」

絶対的な想いの前に言葉は時として暴力的で空虚な存在に成り下がります。寄り添うことの力強い優しさを知っている人は深い深い悲しみの中に謀らずも落ちてしまった人たちです。

菜の花は海の風に揺れて哀しく甘い香りをそっと連れてきてくれました。

Dscn0268 Dscn0258 Dscn0724 Dscn0725 Dscn0917 Dscn1033 Dscn0849 Dscn0641 Dscn1040 Dscn1104 Dscn1113 Dscn1182 Dscn1186 Dscn1115 Dscn1257 Dscn1317 

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

祈り Ⅱ

Dscf3824 

ひとりひとりの想いが大きな数珠のように繋がり地球というひとつの星を創っています。 手を繋げる人がいる幸せを・・・

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祈り Ⅰ

Dscf3841

多くの人たちの祈りが天に届きますように・・・

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追憶 Ⅲ

Dscf3866

内海の穏やかな波の音に揺られながらそっと想いに寄り添います。

現在、過去、未来。 

歴史の中の自分は本当にちっぽけな存在ですがひとりでもその記憶に残してくれる人がいればそれで良いんだと・・・

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追憶 Ⅱ

Dscf3845

農村の風景には心を穏やかにさせてくれる何かがあります。その朧げ(おぼろげ)な感覚が心に優しいのかも知れません。

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追憶 Ⅰ 

Dscn0193 

追憶・・・

http://www.youtube.com/watch?v=uM7LOK5uRWM

「遠い海の記憶」  

いつか 思い出すだろう 大人になった時に
あの輝く青い海と 通り過ぎた 冷たい風を

君を育み 見つめてくれた 悲しみに似た風景
追憶の片隅で そっと溶けてしまうのだろう

今だ 見つめておけ 君のふるさとを
その美しさの中の 本当の姿を

いつか大人になって 君はふと気づくだろう
あの輝く青い海が 教えてくれたものは
なんだったのだろうと

小さい頃ドラマで見ていた主題歌。子供心になぜか気になり大人になった今でも口ずさむことが出来ます。そんな風景が目の前に広がっていました。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »