« 北山貯水池 | トップページ | 2日目の京都 »

2013年6月 8日 (土)

嵯峨野 

Dsc_0164

【本日のコース】 阪急嵐山駅→中ノ島橋→日中不再戦の碑→嵐山公園→渡月橋→遊覧船乗り場→らんざん(今宵の宿)→時雨殿→宝厳院→天龍寺→嵯峨豆腐 稲(昼食)→野宮神社→竹林の道→大河内山荘→トロッコ嵐山→御髪神社→小倉池→アイトワ(人形工房&カフェテラス)→常寂光寺→落柿舎→二尊院→祇王寺→博物館さがの人形の家(夏季休館中)→八体地蔵→化野念仏寺→嵯峨鳥居本伝統的建造物群保存地区→大覚寺→大沢池→清凉寺→オルゴール博物館→トロッコ嵯峨駅(=JR嵯峨嵐山駅)→ジオラマ京都JAPAN→嵐電嵐山駅→OBU CAFE(夕食)→美空ひばり座(閉館)→らんざん→渡月橋→嵐山公園→渡月橋→らんざん

『そうだ 京都、行こう』 JR東海のCMで有名なコピーです。この旅ごころを誘うさりげない言葉が大好きです。

京都は嵐山に行ってきました。渡月橋を渡ってすぐのお宿「らんざん」に今宵お世話になります。夜を気にしないで嵯峨野を一日ゆっくりと歩いてその素敵をたくさん感じたいと思います。

幸せなことに京都には日帰りで行ける距離に住んでいます。いつでも来ることが出来るという贅沢を活かして今日は京都を隈なく巡るのではなく嵯峨野という場所に拘ってみることにしました。

それでも上記コースにあるようにキラ星の如く全国に名を馳せた寺社仏閣が居並びます。天龍寺は世界遺産でもあります。四季それぞれに其々の素敵があります。今は『青もみじ』真っ盛り、新緑がとても眩しく感じられました。

下記写真はZ(ゼット)順にほぼ歩き撮った順番に並べています。一緒に嵯峨野を歩いてみませんか。

Dsc_0001 Dsc_0009 Dsc_0010 Dsc_0011 Dsc_0019 Dsc_0020 Dsc_0024 Dsc_0025 Dsc_0028 Dsc_0027 Dsc_0036 Dsc_0037 Dsc_0038 Dsc_0045 Dsc_0047 Dsc_0048 Dsc_0071 Dsc_0081 Dsc_0082 Dsc_0053 Dsc_0083 Dsc_0092 Dsc_0061 Dsc_0104 Dsc_0110 Dsc_0122 Dsc_0124 Dsc_0129 Dsc_0133 Dsc_0086 Dsc_0143 Dsc_0141 Dsc_0098 Dsc_0100 Dsc_0104_2 Dsc_0153 Dsc_0157 Dsc_0139 Dsc_0153_2 Dsc_0166 Dsc_0175 Dsc_0179 Dsc_0178 Dsc_0190 Dsc_0193 Dsc_0197 Dsc_0185 Dsc_0189 Dsc_0199 Dsc_0196 Dsc_0202 Dsc_0217 Dsc_0208 Dsc_0210 Dsc_0199_2 Dsc_0226 Dsc_0205 Dsc_0227 Dsc_0228 Dsc_0206 Dsc_0229 Dsc_0234 Dsc_0209 Dsc_0246 Dsc_0221 Dsc_0249 Dsc_0256 Dsc_0228_2 Dsc_0262 Dsc_0234_2 Dsc_0235 Dsc_0274 

 

夕陽が沈んでいく、月が橋を渡っていく、その瞬間にその場に居たい・・・ 夕暮れから大堰川(保津川、桂川)の畔に佇み月を待つ僕が居ました。 (下写真。本日の最終楽章は「渡月橋」となりました) 生憎この日の空は厚い雲に覆われ茜色の夕焼けも渡り月も観ることは出来ませんでした。でも夕焼けや月を待つ素敵で贅沢な時間を楽しみました

Dsc_0448

化野念仏寺は弘法大師空海が野晒しにされていた沢山の遺骸を埋葬したことからその歴史が始まったと伝承されています。約8,000体の無縁仏が西院の河原を埋め尽くしています。

嵯峨野。多くの観光客で賑わいを見せる嵐山付近を過ぎ、竹林の道を抜け、落柿舎辺りまで来るとグッと人の数も減り本来の京の姿を感じることが出来ます。

寺社巡りに奔走するのも楽しいですが、嵯峨野が醸し出す悠久の時間の流れの中に身を置くことが一番の贅沢かもしれません。

それぞれの楽しみ方を見つけて欲しいと思います。宿では一日歩いた身体を大浴場で蕩けそうになるまで労わってやりました。部屋に戻りTVを付けると「幸せの黄色いハンカチ」が流れていました。途中からでしたが最後まで観てしまいました。健さんはやっぱりカッコいいな。

寝る前にもう一度、風呂に入ろうと思っていましたがいつの間にか夢の世界に誘(いざな)われていました

Dsc_0240 Dsc_0279 Dsc_0282 Dsc_0291 Dsc_0295 Dsc_0296 Dsc_0299 Dsc_0301 Dsc_0258 Dsc_0303 Dsc_0267 Dsc_0309 Dsc_0277 Dsc_0312 Dsc_0283 Dsc_0316 Dsc_0324 Dsc_0331 Dsc_0332 Dsc_0297 Dsc_0338 Dsc_0344 Dsc_0340 Dsc_0343 Dsc_0351 Dsc_0305 Dsc_0357 Dsc_0319 Dsc_0320 Dsc_0328 Dsc_0331_3 Dsc_0334 Dsc_0340_2 Dsc_0362 Dsc_0346 Dsc_0354 Dsc_0357_2 Dsc_0361 Dsc_0363 Dsc_0391 Dsc_0372 Dsc_0377 Dsc_0378_2 Dsc_0409 Dsc_0412 Dsc_0387 Dsc_0389 Dsc_0396 Dsc_0398 Dsc_0401 Dsc_0406 Dsc_0434 Dsc_0440 Dsc_0450 Dscn0028 Dsc_0431 Dsc_0458 Dsc_0465 Dsc_0467 Dsc_0454 Dsc_0481 Dsc_0484 Dsc_0518 Dsc_0529

(NIKON D7000&D90、セピア写真はS8200)

|

« 北山貯水池 | トップページ | 2日目の京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/57557791

この記事へのトラックバック一覧です: 嵯峨野 :

« 北山貯水池 | トップページ | 2日目の京都 »