« 祇園祭 Ⅰ | トップページ | 夏の一日 »

2013年7月14日 (日)

祇園祭 Ⅱ 

Dscf0366

一千百年の伝統を有する祇園祭ですがその山鉾を飾るタペストリーにはヨーロッパなど諸外国の絵柄が描かれているものもあります。

これは町衆が支えてきた祇園祭だからこその理由があるようです。経済的に成功した町の有力者は競うように自分の町の鉾を着飾り、自分と町の繁栄を誇示したそうです。

異文化との融合は歴史ある京都の進取の気象をよく表現していると思います。

この日は歩行者専用道路となった四条通り全体が満員電車状態となっていました。山鉾が立ち並ぶ南北の通りは一方通行になっています。

「おわら風の盆」は人生で一度は行ってみたいと思うのですが、京の町の数分の一の規模しかない場所に多くの観光客が押し寄せます。しかも宿泊場所は殆ど町の中にありません。大きな心の壁が立ちはだかります

Dscf0236 Dscf0262 Dscf0270 Dscf0280 Dscf0291 Dscf0298 Dscf0306 Dscf0312 Dscf0319 Dscf0332 Dscf0337 Dscf0343 Dscf0349 Dscf0365 Dscf0372 Dscf0379 Dscf0387 Dscf0404 Dscf0390 Dscf0418 Dscf0425 Dscf0428 Dscf0452 Dscf0467 Dscf0480 Dscf0481 Dscf0489 Dscf0505 Dscf0512 Dscf0520 Dscf0534 Dscf0535 Dscf0495 Dscf0554

(FUJIFILM X20)

|

« 祇園祭 Ⅰ | トップページ | 夏の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/57798240

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭 Ⅱ :

« 祇園祭 Ⅰ | トップページ | 夏の一日 »