« 善通寺 | トップページ | 大歩危峡遊覧船  »

2013年8月24日 (土)

大歩危小歩危 

Dscn0219 

大股で歩いては危ない大歩危(おおぼけ)、小股で歩いても危ない小歩危(こぼけ)。

吉野川はラフティングのメッカであります。激しさを求めるなら小歩危に軍配が上がるようです。大人の僕は危険に近寄らないように橋の上から見物です。昨日からの雨にゴムボートは出ていないと思いましたがたくさんの人たちがスリルを楽しんでいました。

橋からその様子を見ていると背後でドーンという物音が。びっくりして振り返るとボス猿でしょうか、大きな図体の貫録ある猿が山に向かって悠然と帰って行きました。こちらに向かってこなくてホッとしました。

Dscn0217 Dscn0213
Dscn0220 Dscn0222

(NIKON COOLPIX S8200)

|

« 善通寺 | トップページ | 大歩危峡遊覧船  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/58064775

この記事へのトラックバック一覧です: 大歩危小歩危 :

« 善通寺 | トップページ | 大歩危峡遊覧船  »