« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月29日 (日)

シワガラの滝 

Dscf0115

小又川渓谷にある『シワガラの滝』。滝マニアにはとても有名らしい。その理由は近くに行っても外からは滝を見ることができず、滝壺のある洞窟に入って初めて滝と逢うことができると云う神秘性にあるようです。愛読書のツーリングマップルにはその名前すらありませんでした。昭文社さんに教えてあげようと思います。

そんなことを聞けばワクワクして絶対に観に行きたいと想うのがライダーの習性です。しかし行かれた人たちのブログを拝見すると滝に近付くためには長靴やサンダルが不可欠。そのうえ熊との出会いもオプションで用意されているらしい。

そこで家の中で迷子になっていた熊鈴を探しだし、ランクルの洗車の為に買った長靴を久し振りに社会復帰させて準備を整えました。

早速、ツーリングマップルとにらめっこ。舞鶴若狭自動車道の福知山か、播但連絡道路の和田山か、距離(=時間)と料金とを調べているとなんと北近畿豊岡自動車道(逢坂トンネル以外無料)が春日ICから和田山(実際は八鹿氷ノ山まで)まで延びていることを知ります。これだから古い地図はいけません。

高速と自動車道をぶっ飛ばし、地道を快適に走れば気持ちよく滝の入り口にある駐車場に到着。車は5台ほどしか止まれません。でもバイクならノープロブレムです。早速、長靴をリュックに入れて熊鈴をウェストバックに着けて山道へと入っていきます。

途中、急な場所には鎖(くさり)が掛けられて山を下りていくのを助けてくれます。無数の蛙が足を置くたびに飛び上がります。う~ん、なんという素敵な光景。

高所恐怖症の僕には辛い場所もいくつかありましたが、なるべく見ないふりをして過ごします。だからその辺りの写真はありません。

やっと滝のある沢に降り立ちます。リュックから長靴を取り出し穿き替えます。ここからは長靴でないとリスキーです。それでも水が綺麗に透き通っているために水深を読み違えて深みに嵌まってしまいました。右足の後ろ側がビチョビチョです。

肝心の滝は音はすれども姿は見えず。これです。これこそが幻の滝の由縁です。足を滑らせないように気を付けながら音源に近付いていくと洞窟の入り口に辿り着きます。入口の下方に滝のスカート部分が見えてきます。気持ちが高鳴ります。洞窟に一歩足を踏み入れるとそこには憧れの滝が華麗な姿で出迎えてくれました

洞窟の天井から落ちてくる水滴たちにめげず、暫し滝と向き合います。ここまで人っ子ひとり会う人はいませんでした(熊さん含む)。大自然の中で人知れず優美な姿を魅せるシワガラの滝。至福の時間を楽しみます。『そう、君に逢いに来たんだよ。』

本当は桂の滝にも行きたかったのですが体力と気力が大幅に不足し分岐にて3秒ほど考えましたが断念しました。駐車場に戻るとX20の保護フィルターが外れかけていました。光が変に屈折していないか心配になりました。撮り直しで再び滝まで行く元気はもうありません。

【本日のコース】 西宮(7:30)→宝塚IC(IN)→中国自動車道→神戸JCT→吉川JCT→舞鶴若狭自動車道→春日IC→北近畿豊岡自動車道→和田山IC(OUT)→312→一本橋→9→出合橋→262→おもしろ昆虫化石館(10:00)→シワガラの滝→262→9→湯村温泉(夢千代)→猿尾滝→道の駅「ようか但馬蔵」→八鹿氷ノ山IC(IN)→北近畿豊岡自動車道→和田山→道の駅「あおがき」→春日IC→宝塚IC(OUT)→西宮(15:45)

Dscn0014 Dscn0013
Dscn0016 Dscn0017
Dscn0026 Dscf0039
Dscf0045 Dscf0046
Dscf0047 Dscf0052
Dscn0027 Dscn0034
Dscf0065 Dscf0071
Dscf0073 Dscf0087
Dscf0085 Dscf0086
Dscf0096 Dscf0099
Dscn0053 Dscf0112
Dscn0077 Dscf0129
Dscf0155 Dscn0107
Dscf0196 Dscf0198
Dscn0124 Dscn0133
Dscf0201 Dscn0157

湯村温泉(夢千代)では吉永小百合さん(像)とご対面。

Dscn0164 Dscn0172
Dscn0174 Dscn0179

猿尾滝は駐輪した場所からその姿を観ることが出来るお手軽で素敵な滝です。もちろん熊鈴も長靴も要りません。

Dscn0197 Dscn0200
Dscn0209 Dscn0212

(FUJIFILM X20、NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

想うはあなた一人

Dsc_0052

彼岸花、またの名を曼珠沙華。その花言葉は『想うはあなた一人』、『悲しい思い出』、『また会う日を楽しみに』。いずれも想いを遂げることの出来なかった寂しい言葉たちです。

そんな彼岸花を観に京都亀岡は穴太寺(あなおうじ)へと行ってきました。奈良明日香の彼女らは先週が見頃のピークだった様で、少し北にある亀岡ならば少しは状況が良かろうと考えた次第です。

ところが既にその見頃は過ぎて枯れて黒くなったり、赤色が抜けてしまっていたり残念な状況でした。多く居るだろうと予想していたカメラマンたちもひとり、ふたりと数えるほどです。

それでもなんとか画になる個体を見つけては一生懸命話し掛けてきました。

【本日のコース】 西宮→171→池田→五月山→423→伏尾→コスモスの里→穴太寺→ひがん花の里→道の駅「ガレリアかめおか」→423→605→野間峠→能勢妙見山→4→604→知明湖→173→171→西宮

蠱惑(こわく)、妖艶、小悪魔。翻弄される男たちをチャーミングな笑顔で見つめる天使がそこに居ます。

Dsc_0007_2 Dsc_0007
Dsc_0008 Dsc_0011
Dsc_0017 Dsc_0023
Dsc_0031 Dsc_0051
Dsc_0059 Dsc_0064
Dsc_0073 Dsc_0138
Dsc_0078 Dsc_0097
Dsc_0099 Dsc_0105
Dsc_0152 Dsc_0153
Dsc_0129 Dsc_0155
Dsc_0163 Dsc_0172
Dsc_0193 Dsc_0196
Dsc_0201 Dsc_0205
Dsc_0214 Dsc_0223
Dsc_0170 Dsc_0250
Dsc_0253 Dsc_0257
Dsc_0269 Dsc_0293
Dsc_0296 Dsc_0276
Dsc_0348 Dsc_0352
Dsc_0354 Dsc_0097_2 

(NIKON D7000 & D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

umi  

Dscn0053

大草原ならぬ大海原の向こうにキリン達がスクッと立っています。

夏の終わりを告げる風がそっと男の頬を撫でていきます。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

菜穂子 

Dscn0109

毎月1日は映画の日として入館料が1,000円となることは知っていましたが、同様に14日もTOHOシネマズの日として1,000円になるとメール案内がありました。

では『少年H』を観ようかな、と思いましたが夜の回がありません。そこで良くも悪くも様々な評判のある『風立ちぬ』を観に行きました。

ネット予約の時に中央段のほぼ中央にポツンと空いた席がひとつ。それをクリックして予約完了です。アベックが隣同士にならないように空けていた席です。坊主頭の僕が席に座ると当然ながら男性が僕側に座ります。これで男3人串団子の出来上がりです。

メッセージ色の強い作品は苦手です。また堀辰雄でなく太宰に傾倒していた自分です。綺麗過ぎる世界には気付くと距離を置いてしまいます。

たった一人の女性をも守ることの出来なかった男の底なしの悲しみと後悔。そんな心中にフォーカスしても良かったかもしれません。

それでも菜穂子の可愛さと愛おしさに救われました。

Dscn0067 Dscn0069
Dscn0070 Dscn0072
Dscn0078_2 Dscn0083
Dscn0087 Dscn0088
Dscn0091 Dscn0096
Dscn0101 Dscn0103

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デカンショ節

Dscn0059 

おわら風の盆以降、この編み笠の魅力に惑わされています。ここ篠山でもデカンショ踊りの際、その編み笠が被られます。

橋の袂に飾られているこの像を撮っていると観光バスが信号で止まります。中の乗客が一斉にこいつは何をしているんだろうと訝しげに視線を投げつけてきます。なかには写真を撮る人も・・  はい、僕は『変なおじさん』です

Dscn0057 Dscn0054 

(NIKON COOLPIX S8200) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丹波篠山・まちなみアートフェスティバル 

Dsc_0169 

大好きな篠山へDSCと一緒に行ってきました。メッシュジャケットだけだと一寸寒いかな?と思いながらもその下は半袖Tシャツ一枚。ジャケット内は寒すぎず暑すぎず快適な環境でした。

宝塚からいつものコースを北上していきます。途中、大型バイクを操る男2女1組が前を走っているのに追いつきます。遅い車が居なくなると峠道を気持ちよく駆け抜けていきます。それにしても女性ライダーがあの重い機体をこうも楽々と操作できるのかと感心します。ヘルメットからはみ出た後ろ髪が風に揺れています

篠山ではアートフェスティバルが開催されています。混雑とは無縁のフェスです。町の人は多くの観光客が来て貰えるように色々と工夫をしてると思いますが余り効果が上がっていません。フェスも一寸中途半端な規模で微妙です。でも僕にはその塩梅(あんばい)がお気に入りです。

アートに解放されている古民家には、齢85の老猟師が森の中で出逢ったという『青い鹿』が置かれていました。

Dsc_0006 Dsc_0007
Dsc_0008 Dsc_0009
Dsc_0010 Dsc_0011
Dsc_0120 Dsc_0124
Dsc_0012 Dsc_0013Dsc_0018 Dsc_0019
Dsc_0020 Dsc_0027
Dsc_0139 Dsc_0026
Dsc_0028 Dsc_0029
Dsc_0035 Dsc_0038
Dsc_0042 Dsc_0043
Dsc_0047 Dsc_0051
Dsc_0053 Dsc_0056
Dsc_0057 Dsc_0153
Dsc_0059 Dsc_0065
Dsc_0163 Dsc_0170
Dsc_0069 Dsc_0067

(NIKON D7000 & D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 8日 (日)

ズームレンズ検証 

Dsc_2570

おわら風の盆、そして神戸垂水よさこいまつり、この『静』と『動』の踊りに相棒デビューしたタムロン高倍率ズームレンズ 『18-270mm F/3.5-6.3 B008』。

風の盆では感じなかった違和感をよさこいで感じることに。どうも自分の撮りたい画が撮れていません。28-300では感じなかったことです。

午前中は雨、午後からは晴れ間も見えるようになってきました。DSCのエンジンを掛け終えるとTODAYに乗換えます。そしてB008レンズと一緒に北山緑化植物園へ。花たちにモデルになって貰いました

花や葉っぱ、トンボにアメンボ、空や壁など様々な被写体にチャレンジ。じっくりと構えて撮る分にはなんら問題はありませんでした。

でもイメージを具現化するツールがカメラである筈なのにそれが上手く表現できないとフラストレーションとなります。

動く被写体に僕の腕が追いついていないことが原因だったらそれはそれで良いのですが。

実はAFの僕自身のデフォルトを変更中です。従来はAFーS(シングルAFサーボ)、フォーカス優先の設定でした。

ただ最近はカメラ雑誌などを読んで最新カメラの優秀なAF能力を信頼して、よりカメラ任せの設定であるAFーA(AFサーボモード自動切り換え)、カメラ側がAFーSとAFーCを状況により自動的に切り換えとしていました。

それでも真夜中の撮影となった風の盆ではシャッターが切れずAFーAからAFーC(コンティニュアスAFサーボ)、レリーズ優先に。

そこにピントを合わせるフォーカスポイントをカメラがどのように選択するかを決めるAFエリアモードを組み合わせます。

その設定をそのままによさこいに持ち込んだ訳です。ボケてもぶれても素敵だと感じた瞬間を切り撮る、そんな気持ちの設定であります。

写真の世界には正しい答えが無いからまた面白いのだと思います。しばらくは試行錯誤が続きそうです。

もう一つはマクロ機能の検証。前玉にはあったカタログ記載名に『MACRO』の文字が新玉には付いていません。悩んでも分からないのでメーカーに直接聞いてみました。

すると「名前が長過ぎる」とのカスタマーの声を反映して省略したとの由。

パンフレットには1:4(0.25倍)以上の接写能力を持つレンズにはMACROの名を付けているとの記載がある一方、B008やB011は除くとありました。しかし、その理由は書かれていませんでした。なぜか釈然としない気持ちだけが残りました。

Dsc_2546 Dsc_2549
Dsc_2554 Dsc_2555
Dsc_2558 Dsc_2559
Dsc_2563 Dsc_2566
Dsc_2569 Dsc_2573
Dsc_2588 Dsc_2592
Dsc_2595 Dsc_2597
Dsc_2600 Dsc_2601
Dsc_2608 Dsc_2612
Dsc_2618 Dsc_2619
Dsc_2627 Dsc_2628
Dsc_2630 Dsc_2632
Dsc_2633 Dsc_2638
Dsc_2645 Dsc_2647
Dsc_2650 Dsc_2655
Dsc_2656 Dsc_2657 

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

神戸垂水よさこいまつり 

Dsc_2086

第14回『神戸垂水よさこいまつり』が開催中です。

今日はDSCのエンジンを始動しようとフル装備をして家の玄関を出ると外は雨でありました。朝晩は雨で昼は晴れとの予報でしたので海を見に行ってすぐに帰ってくる予定でしたが仕方ありません。

そこで前日に開催を知った『よさこいまつり』へと阪急とJRを乗り継ぎ行ってきました。

今日は本祭の初日。会場はデュオこうべ、スペースシアター、高浜岸壁、はねっこ広場の4会場です。前ふたつが屋内開催です。

JR神戸駅で下車します。デュオこうべは駅を出て階段を下りるとすぐの場所にあります。慣れない場所で僕にとってはちょっと中途半端な感じがしたので早々にスペースシアターに移動します。最前列横にポジショニング。もちろん立ち見です。幾つかのチームの演舞を見ますがもう少し正面から撮りたいと欲が出てきます。でも舞台正面第一列の折畳椅子の人たちは多分開演する1時間以上前から頑張っている人たちです。殆どすべての人がカメラマンで白レンズ所有者であります。

だが奇跡が舞い降りました。椅子に座っていたカメラマンが帰られます。空いた席にチョコンと座らせて貰いました。ラッキー。

ひとつだけ悩まされたのが大音量のスピーカーでした。前列の端っこでしたので丁度スピーカーの前となり特に右耳の鼓膜が振動するように感じました。一時(いっとき)でしたがスピーカーの不具合で音が出なかったので助かりました。

おわら風の盆の『静』に対して、よさこいの『動』。それぞれの素敵がありました。

おわらには無く、よさこいにあるもの。それは『笑顔』です。たくさんの笑顔に幸せを貰ってきました。

撮影の途中、窓から雨が激しく降っているのが見えました。中断や遅れがあったようですが雨の中でも演舞は行われていたようです。風邪を引かれないようにして欲しいと願いました。明日の本祭2日目。垂水会場で開催ですが天気が気になるところです。

Dsc_0002 Dsc_0014
Dsc_0150 Dsc_0004
Dsc_0210 Dsc_0247 Dsc_0408 Dsc_0435
Dsc_0426 Dsc_0477
Dsc_0525 Dsc_0543
Dsc_0546 Dsc_0569
Dsc_0689 Dsc_0694
Dsc_0711 Dsc_0722
Dsc_0744 Dsc_0761
Dsc_0781 Dsc_0787
Dsc_0843 Dsc_1006
Dsc_0893 Dsc_0981
Dsc_1017 Dsc_1037
Dsc_1053 Dsc_1183
Dsc_1057 Dsc_1062
Dsc_1191 Dsc_1221
Dsc_1244 Dsc_1265
Dsc_1218 Dsc_1290
Dsc_1335 Dsc_1386
Dsc_1392 Dsc_1428Dsc_1437 Dsc_1470
Dsc_1530 Dsc_1548
Dsc_1554 Dsc_1570
Dsc_1578 Dsc_1616
Dsc_1620 Dsc_1656
Dsc_1650 Dsc_1754
Dsc_1609 Dsc_1870
Dsc_1812 Dsc_1842
Dsc_1865 Dsc_1998
Dsc_2015 Dsc_2019
Dsc_1994 Dsc_2022
Dsc_2026 Dsc_2030
Dsc_2036 Dsc_2042
Dsc_2068 Dsc_2074
Dsc_2073 Dsc_2096
Dsc_2124 Dsc_2143
Dsc_2151 Dsc_2155
Dsc_2168 Dsc_2223
Dsc_2227 Dsc_2240
Dsc_2262 Dsc_2282
Dsc_2390 Dsc_2400
Dsc_2459 Dsc_2466Dsc_2487 Dsc_2502 Dsc_2519 Dsc_2526 Dsc_0109 Dsc_2542_2 

(NIKON D7000 & D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

おわら風の盆 ~雨の八尾~ 

Dsc_1479

天満町で今宵3つ目の踊りを観させて貰いました。でもそれからはびっくりする様な激しい雨。大きな傘はバスに置いてきています。折り畳傘をポシェットから取り出し、合羽を着込んで暫し雨宿りの為、バス停のベンチで過ごします。

真夜中に独り、雨のバス停にいる自分は決して嫌いではありません。

足早に駆け抜けていく人、寄り添うようにゆっくりと傘を揺らしていくカップル。日本の道百選にも選ばれた東町から諏訪町、東新町へと続く雨に濡れた道は提灯の灯りと様々な人間模様を映し出していました。

午前2時45分の集合時間の大分前に集合場所である観光会館に到着してしまいます。他の同乗してきたバスの乗客たちの多くも既に集合しているようです。

集合時間間近になると雨が上がります。皮肉なものです。そんなこともありギリギリまで粘って踊りを求めていた人たちもいました。僕は一寸草臥れたようです。素直にバスに戻りました。 

添乗員のYさんは相変わらずメルトダウンの中にいます。座席を倒し、タオルで目隠しして少しでも楽になるようにお手伝い。

冬、きっと雪の中に埋もれるようになる町で繰り広げられる夏の静かな盆の踊り。いつかまた来ることが出来るのでしょうか。しっかりと心に刻まれた素敵な想い出の地となりました。

タムロン18-270。雨のこの日、レンズ交換など考えられぬ状況でこの画角の対応力の広さに助けられました。全体観から踊り手の息遣いまで、D7000のISO6400という途轍もない能力の手助けがあったとはいえ、手振れ補正機能と相まって心の写真が撮れたと思います。

Dsc_0629 Dsc_0632
Dsc_0635 Dsc_0641
Dsc_0642 Dsc_0644
Dsc_0655 Dsc_1451
Dsc_1453 Dsc_1471
Dsc_1501 Dsc_1509

(NIKON D7000 & TAMRON 18-270 F3.5-6.3 B008)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おわら風の盆 ~天満町~ 

Dsc_1055 

十三石橋を渡り再び町の中心部へ入っていきます。天満町では踊り終わったのかそこそこに小さな人の輪が出来ています。次の支部へと向かうべく歩き出しますが、近道をしようとした道は暗闇の中です。そこで再び天満町に戻ると踊りが始まろうとしています。これは幸せでした。路肩の少し高くなった場所に腰を下ろし、始まりをそっと待つことにします。

待っている踊り子さん達の立ち姿もそれだけで素敵です。そして静かに踊りが始まります。明るく元気でないといけないような世の中ですがそれだけでは疲れてしまいます。静かで憂いある風の盆はきっとそんな義務感に駆られた張り詰めた心をそっと癒してくれるのでしょう。

終盤も近付いてきた頃、大粒の雨がポツリポツリと落ちてきたと思うと急に激しく降り出してきました。ギリギリまで3人の踊り子さん達が踊ってくれました。ありがとう。

Dsc_0839 Dsc_0843
Dsc_0845 Dsc_0847
Dsc_0872 Dsc_0877
Dsc_0869 Dsc_0904
Dsc_0916 Dsc_0923
Dsc_0924 Dsc_0928
Dsc_0936 Dsc_1099
Dsc_0947 Dsc_0960
Dsc_0986 Dsc_0994
Dsc_1018 Dsc_1027
Dsc_1301 Dsc_1101
Dsc_1146 Dsc_1154
Dsc_1175 Dsc_1189
Dsc_1198 Dsc_1306
Dsc_1220 Dsc_1058_3
Dsc_1229 Dsc_1234
Dsc_1237 Dsc_1242
Dsc_1245 Dsc_1250
Dsc_1259 Dsc_1260
Dsc_1273 Dsc_1278
Dsc_1283 Dsc_1289
Dsc_1310 Dsc_1434
Dsc_1325 Dsc_1353
Dsc_1357 Dsc_1418

(NIKON D7000 & TAMRON 18-270 F3.5-6.3 B008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おわら風の盆 ~福島~ 

Dsc_0759 

11ある支部のうち唯一、越中八尾駅寄りの井田川を渡った処に福島があります。ここで5つ目の支部ですが最初の上新町を除き後はずっと暗闇を歩いてくるだけで流しの踊りを期待していたのにその片鱗さえ感じることが出来ませんでした。

福島でも暗い道が目の前に続いています。ここも駄目かと思い少し悲しい気持ちで歩いていると小さいながらも三味線の音が聴こえてきました。夜店が流すカセットテープでなければいいな、と少し足早になって音に引き寄せられるように向かっていきました。

公民館のような建物の下スペース(駐車場?)で本日2件目の踊り子たちに出逢うことが出来ました。ただ真正面の一等席は幾重もの人の波で入り込む余地もありません。仕方なく真横に位置する場所に移動します。写真を撮っていると前の方ら座って下さり眺望が開けます。

ファインダーを覗いていると周りの状況を忘れてしまうことがあります。この時も世界に在るのは踊り手の彼女たちと僕だけ。思わず『ありがとう』と感謝の言葉が心の底から出てきます。

Dsc_0664 Dsc_0677
Dsc_0690 Dsc_0695
Dsc_0705 Dsc_0708
Dsc_0711 Dsc_0716
Dsc_0720 Dsc_0721
Dsc_0730 Dsc_0739
Dsc_0744 Dsc_0750
Dsc_0786 Dsc_0788
Dsc_0756 Dsc_0800

(NIKON D7000 & TAMRON 18-270 F3.5-6.3 B008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おわら風の盆 ~上新町~ 

Dsc_0429 

【町内のコース】 バス→高熊落合橋→越中八尾観光会館→上新町→鏡町→西町→下新町→十三新橋→福島→十三新橋→天満町→下新町→今町→東町→諏訪町→日本の道百選→東新町→西新町→上新町→越中八尾観光会館→バス

観光会館にて解散し、自由行動の開始となります。まずは一番近いメインストリートへ。上新町です。そこでは2m四方の小さな舞台に男女の踊り手が上がろうとしている処でした。踊りの輪が観光客も交じって段々と大きくなっていきます。

5時間あるフリータイムですが踊りを全く見ることが出来ない運の悪い人もいると添乗員さんから聞いていました。がこれでその最悪な状況からは脱出したことになります。ちょっぴりホッとします。

しばし撮影に没頭します。素敵と思った瞬間、シャッターを切って切って時間を記憶から記録に置き直していきます

少し意外だったのが女性の踊り手の多くの皆さんがとても若いこと。中高生のように感じる娘さんたちもいました。でも編み笠を被り踊っている姿はなんとも云えぬ色気を醸し出していました。そこがまたこの踊りの大きな魅力のひとつとなっています。

人は皆、自分の理想とする女性像を勝手に編み笠の下に創っていきます。この時空間に自分を置きたくてここ越中の地に来たのかもしれません。ライトの照らされた踊り子を夜の闇が一層引き立て夢と現実との間を魂が揺れ動き、哀しき心が虚空を彷徨(さまよ)います。

支部によっては、という言い方でしたがフラッシュ撮影を禁止している処もあると云うことでした。夜の踊りをカメラに納める為にはオートの設定では必ずフラッシュが焚けてしまいます。所々でピカッと光り、暗闇の中での静寂の美を楽しんでいるのに興を削がれる場面も多く在りました。

Dsc_0244 Dsc_0168
Dsc_0071 Dsc_0205
Dsc_0245 Dsc_0250
Dsc_0256 Dsc_0337
Dsc_0363 Dsc_0422
Dsc_0170 Dsc_0205_2
Dsc_0264 Dsc_0266
Dsc_0281 Dsc_0314
Dsc_0328 Dsc_0387
Dsc_0413 Dsc_0438
Dsc_0422_2 Dsc_0220
Dsc_0445 Dsc_0470
Dsc_0454 Dsc_0460
Dsc_0463 Dsc_0519
Dsc_0538 Dsc_0543
Dsc_0588 Dsc_0622
Dsc_0614 Dsc_0625

(NIKON D7000 & TAMRON 18-270 F3.5-6.3 B008)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おわら風の盆 ~プロローグ~

Dsc_0285


胡弓や三味線が奏でる憂いある調べの中で編み笠を深く被りしなやかに踊られる風情ある光景をいつか見てみたいと思っていました。

http://www.yatsuo.net/kazenobon/index.html

『おわら風の盆』 この言葉だけでその素敵が分かる気がするから不思議です。

越中八尾(やつお)、富山と高山の中間地点にある小さくも歴史ある宿場町は9月1日から3日3晩、歌と踊り一色となります。

近年は大勢の観光客が押し寄せ、風の神様を敬う地元の祭りが汚されているように感じる人も居るようです。残念ですがそんな場面を短い滞在時間でしたが見かけることもありました。

この祭りを見るために色々なツアーが出ています。その中で僕が選んだのはJTB旅の物語『深夜版 越中八尾おわら風の盆 2日間(夜行日帰り)』プランでした。宿泊付きのプランもありましたが観光客向けでない本来の姿の踊りを楽しめるというコピーに惹かれました。

スケジュールは次の通りです。お値段9,980円。

三宮(15:00)→西宮北口(15:40)→名神・北陸→加賀・月うさぎの里(自由食)→北陸→越中八尾(約5時間の自由見物)→車中(泊)→北陸・名神→西宮北口→(8:00頃)→三宮(8:40頃)

僕は西北からの乗車組です。添乗員さんのすぐ後ろの席です。結構な人気のツアー故、最後尾の列以外は満員です。僕の隣に座った方が乗車後すぐに最後尾に移られたので2席を僕ひとりで使う贅沢仕様となります。

バスは渋滞も無く順調に21:45に現地到着。交通規制で車は町中へと入れない為、井田川沿いにて一旦全員バスを下車して解散地兼再集合場所である八尾観光会館(曳山展示館)まで全員で歩いていきます。日付変更線を越えた9月2日(月)の真夜中2:45に再集合です。

間もなくバス到着という段で添乗員のYさんの具合が悪くなりました。富士山を16回も登ったと元気に話されていたのにどうも無理をされていたようです。本当にしんどい時にはそっとしてあげるのが一番です。でもお客さんの皆に『大丈夫?』と声を掛けられしんどいのに笑顔で対応されていました。僕たちが八尾の町を楽しんでいる間に点滴を打ってこられたようです。運転手さんたちも優しくてYさんの仕事を進んで対応されていました。帰りのバスでもYさんは「大丈夫です」と云いながら全然大丈夫ではありませんでした。今はもう良くなっているのでしょうか。早く元気になって欲しいと願います。

雨が降るとの前提でデジ一眼はD7000の一台のみ。そこに買ったばかりのタムロン18-270を装着して挑んできました。ISO6400に設定し、WBを調整しての撮影です。撮影環境はとても厳しくてピンボケ、被写体ブレ写真は勿論たくさんありましたが、手振れ防止機能はキチンと効いてくれていたと思います。今日の午後、ニコンSS(大阪)に寄って70-200(2.8)を触ってきましたがやはり重量級。これを持って動き回るのはしんどいと自分を説得していました。

5時間のフリータイムは前半曇り、後半雨というなんとかギリギリ踊りを観ることが出来たという状況でした。少しの雨でも高価な楽器や衣装ゆえ、踊り手さん達は出て来られません。このことはバスの中で初めて教えて貰いました。少々の雨では決行すると勝手に思っていました。それでも天気予報では終日雨でしたので良しとしましょう。

(NIKON D7000 & TAMRON 18-270 F3.5-6.3 B008)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »