« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月29日 (火)

FUNKY MONKEY BABYS 

Dscn0002

元気? 元気♪ 元気! 元気heart 元気♭ 元気down 元気cake 元気~ 元気。 元気・・・

希望の唄 http://www.youtube.com/watch?v=qp2iHK6rXko

恋の片道切符 http://www.youtube.com/watch?v=gMFvZWfQNbk

告白 http://www.youtube.com/watch?v=5anqzKH6-ak

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

土と火と、実りの里の芸術祭2013in船坂 

Dscn0124

有馬からの帰り道、船坂に立寄ります。いまは『土と火と、実りの里の芸術祭2013in船坂』という陶芸を中心としたアートフェスが開催中です。

http://funasaka-art.com/minori/

会場となっている古民家の看板横にDSCを止めていると御年85歳の元ライダーのおじいちゃんに話し掛けられました。おじいちゃんは大型バイクに乗りたいが息子から待ったが掛かっていると言われます。息子さんの判断は正しいのですがこのスピリットは学びたいと思います。

明治6年からの歴史ある船坂小学校も2010年3月に閉校となり138年の歴史に終止符を打ちました。その教室は作品の展示室となってはいますが今なお児童たちの声が聞こえてくるようです。

Dscn0076 Dscn0083
Dscn0085 Dscn0086
Dscn0087 Dscn0088
Dscn0089 Dscn0091
Dscn0095 Dscn0097
Dscn0100 Dscn0103
Dscn0105 Dscn0106
Dscn0107 Dscn0108
Dscn0111 Dscn0113
Dscn0114 Dscn0115
Dscn0117 Dscn0118
Dscn0120 Dscn0121
Dscn0128 Dscn0129
Dscn0134 Dscn0136
Dscn0138 Dscn0142
Dscn0140 Dscn0141_2
Dscn0146 Dscn0147
Dscn0150 Dscn0154
Dscn0155 Dscn0156
Dscn0163 Dscn0165
Dscn0166 Dscn0172
Dscn0176 Dscn0183

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瑞宝寺公園 

Dscn0061 

11月一杯は瑞宝寺公園へのアクセスは通行止めとなって警備員が道路入口に立ち塞がりバイクでも近付くことが出来ません。でも今日はフリーパス。

まだ見頃は先ですが日暮の庭では一部が素敵に色付き始めていました。

Dscn0042 Dscn0052

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太閤の湯 

Dscn0024

スタシアカードを持っている人は1,000円引きの1,400円とメールで連絡がありました。この特典は10月末までと云うことなのでイソイソと出掛けてきました

有馬温泉のHPを見ると神戸市長選挙の投票券半券でも1,000円引き。昨日26日に箕面の温泉施設がオープンしたことで競争原理が働いているようです。

http://www.ooedoonsen.jp/minoh/

箕面の温泉も気になりますがオープン仕立てで大混雑必至です。ここは有馬に軍配が上がります。

勝手知ったる場所です。いきなり岩盤浴という反則技から入ります。汗をたっぷり流した後、金泉、銀泉のある露天風呂へと向かいます。

そこでびっくりする光景が。。なんと露天風呂でタブレットを操作している人がいます。折角浮世から離れるべく温泉に来ているのになんか寂しい感じがしました。

有馬にも国際化の波が打寄せ風呂で聞こえてくるのは日本語以外の言葉たちです。

大広間を独り占めして火照った身体をクールダウン。

Dscn0033 Dscn0029 

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月26日 (土)

ドミノピザ 

Dscn0010 

パクリ・・・やっぱりピザはドミノだなぁ~と思う瞬間です。一枚買うと一枚はタダ(無料)です(ただしお持ち帰りのみ)。

ドミノはアメリカ生まれ。アメリカでは4輪(=車)で配達しているらしい。日本ではホンダジャイロ(3輪)に屋根を付けた改造車。この日、僕はTODAY(2輪車)でお持ち帰り。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランフロント大阪 

Dscf0110

大阪。大空間が広がる。でもそこに人間がいるから面白い

Dscf0095 Dscf0098
Dscf0101_2 Dscf0112_2
Dscf0121 Dscf0126
Dscf0136 Dscf0138
Dscf0151 Dscf0157

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪市立愛珠幼稚園 

Dscf0092 

明治34(1901)年3月に竣工した国内最古の『愛珠(あいしゅ)幼稚園』。今なお現役で生徒さん約70名が通園されています。

御堂筋線淀屋橋駅から徒歩3分ほどの処にあります。これにはびっくりしました。ん十年前、慣れないスーツに身を包んだ初心(うぶ)な青年(=僕)はここ淀屋橋にある会社へと毎日足を運んでいましたが全くその存在を知りませんでした。

一般公開の開始時間である13時をちょっと過ぎて到着するも既にそこには長い列が出来ていました。結局その待ち時間は50分でありました。畏るべし幼稚園人気。

御殿風の立派な門構えを誇る入口からスリッパに穿き替えて入っていきます。すぐに高い天井のある広い遊戯室です。そこには明治42(1909)年に教具として導入されたイルムラー社(独)のグランドピアノが鎮座しており、近隣幼稚園の先生による生演奏が始まろうとしていました(先生もドレスアップして下さっていました)。遊戯室には他にも当時のままのシャンデリア、大時計、オルガンなどがあり大事に大事にされてきたことが分かります

園庭は盛り土が為され保育室や廊下と高さを揃え今のバリアフリーを先取りしたようになっています。滑り台も重要文化財に指定されているようです。

現役園舎ゆえ内部での撮影は禁止されています。お伝えすることが出来ないのが残念なくらい素敵でした。

毎年大阪市により開催されていた一般公開も今日を最後に数年間は取り止めとなります。耐震化が必要でその対応のためとの説明でした。今日が大混雑だったのもそれが在った為でもあったようです。僕の後ろに並んでいたご婦人たちは来年だったらまだ生きているかもしれないがそれ以降は分からないから、とカカッと笑っておられました

Dscf0006 Dscf0022 Dscf0024 Dscf0026
Dscf0027 Dscf0032
Dscf0065 Dscf0070

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫栄養調理製菓専門学校 学校祭 

Dsc_0025

阪急西宮北口駅から5分程の処に兵庫栄養調理製菓専門学校があります。今日は一年に一回、しかも10時から14時半までの僅か4時間半というプレミアムな学校祭が開催されます。

食の安全が大きく揺らいでいます。一流ホテルまでが偽装(責任は業者にあり偽装ではないと言っているようですが)を行い何を信じていいのか消費者は分からなくなっています。

彼ら彼女らが食の担い手になるときには人間として恥ずかしくない正直な人となって欲しいと思います。

Dsc_0003 Dsc_0011
Dsc_0014 Dsc_0016
Dsc_0017 Dsc_0019
Dsc_0022 Dsc_0023
Dsc_0038 Dsc_0039
Dsc_0047 Dsc_0048

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

フォトコンテスト入賞 

21824920130728190024

2013年7月27日、丹後半島の伊根町へと行ってきました。その時撮った一枚が上掲写真です。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/post-e71f.html

『ヤマハと海のある風景』第10回ワイズギア フォトコンテストに参加しました。そしてこの作品が入賞を頂戴しました。

http://www.ysgear.co.jp/mc/photo/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キティちゃん

Dsc_1389

なんか可愛い・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

君に幸あれ 

Dscn0067

この世に君が居るだけで僕は幸せになる。ふたりの幸せは零さないように銀のスプーンでそっと運んでみよう。色とりどりのバラ達も時間と共にやがて一つの色になる。定めを受け入れたとき、そこからまた新たな旅立ちが始まる・・・

Dscn0065 Dscn0092
Dscn0073 Dscn0021

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

足裏測定 

Dscn0012 

西宮市民健康フェアが西北アクタ西館5階の西宮市北口保健福祉センターで行われます。今日は夕方まで雨の予報です。バイクは諦め日頃の不摂生度を反省する意味で行ってきました。

腹回りを測ってもらうと測定したくれた娘さんが申し訳なさそうに『ちょっぴりメタボです』ときっぱりと言われます。85cmの限界点を3cm超えていました。腰を痛めて以来腹筋をサボっている副作用です。そろそろ腹筋を再開する必要があるようです。

なかでも面白かったのが足裏測定でした。整理券を朝一番から配る人気のコーナーです。上掲写真が僕の足の裏写真です。左足の小指が映っていないのが分かるでしょうか。

小指が無い訳ではありません。測定機に足を乗せているときに小指を意識して踏ん張るようにするとキチンと小指が認識されます。

接地足底形状 アーチもしっかり保たれ 問題なし

接地足圧分布 3点支持 両足のバランスも これもまた問題なし

歩くことがとても大事とアドバイスを頂戴します。初めて知りましたが赤ちゃんの時はその多くが偏平足、歩くことで土踏まずが形成され、そして年齢と共に筋力が落ちてきて再び偏平足となっていくとのことでした。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月19日 (土)

ひとりだ でも淋しくはない

Dscn0015 

普段TVを見ない僕ですが、夜中に目を覚ましチャンネルを回しているとグイグイと引き込まれる様にTVの世界の中に入り込んでいました。胸に沁み込む言葉が沢山出てきます。布団の中から抜け出し素敵な言葉をメモ帳に書き留めます

90歳となる詩人、加島祥造。心の拠り所であったAM(アム)さんというドイツ人の彼女を亡くして生きる目的を失くしていました。

『ひとりだ でも淋しくはない』

いつもはその舌鋒鋭い政治学者の姜尚中(カン サンジュン)さん。姜さんは26歳の長男を自殺で失った。そして姜さんも生きることを再び考えさせられることとなる。暗闇の中で出逢ったのが加島さんであった。加島さんの前では子供の様に素直になれる姜さん

加島さんは温かい笑顔で姜さんに接します。そして『ロンリーからアローンへ』へと乗り越えた姜さんをみて『これで大丈夫』と。

『幸せを求めるために生きているのではない』 姜さんが絞り出すようにその気持ちを整理しながら言葉を並べていきます。

時々、僕もそんな命題を自分に課すことがあります。生きることの目的や意義を。そしてそれを探すことが生きることだと。生きることが生きることの目的であることに気付きます。

人間はひとり愛する人がいれば生きていける。

そして

人間はひとり愛した人がいれば生きていける。

NHK HPより 

2013年10月19日(土) 夜11時

[再放送]2013年10月26日(土)午前0時45分 ※金曜日深夜 

ひとりだ でも淋(さび)しくはない 

~詩人・加島祥造 90歳~ 

信州・伊那谷の自然の中で暮らす詩人・加島祥造さん(90歳)の言葉が、この時代をどう生きるか悩める人々から注目されている。ベストセラーとなった詩集「求めない」、「受いれる」の中で加島は言う。会社や家庭の中で求めすぎる心を転換してバランスをとり、ありのままの自分を受け入れるとずいぶん楽になると。

もともと加島さんは横浜国大の英文学教授だった。ノーベル文学賞作家ウィリアム・フォークナーやアガサ・クリスティの数々の翻訳で名声も獲得。しかし、なぜか心は満たされず、逆に息苦しさを感じて生きていた。
そんなとき、野山で自由に遊び回っていた幼少期の頃の感覚を思い出せという内なる声が聞こえた。60歳になった加島は、我慢の限界に達し、社会から飛び出す。そして、たどり着いたのが伊那谷だった。その大自然に触れるうち、自分の中に可能性を秘めた赤ちゃんのようなもう一人の自分、いわば「はじめの自分」がよみがえった感覚を感じたという。
その後、伊那谷で暮らすうちに、なぜか詩が湧いて出てき、また、絵も描けるように変わっていった加島。精神のバランスも徐々に取れるようになっていった。

そんな加島さんの元を訪ねるようになったのが、政治学者の姜尚中(63歳)。順風満帆に見える姜だが、実は、4年前に長男を26歳の若さで亡くした。それがきっかけとなり、60歳を過ぎて、このままの人生を送っていいのか、何が自分にとっての幸せなのか考えるようになったという。そんなときに偶然出会ったのが加島さんだった。それ以来、たまに伊那谷を訪れて、加島とのやりとりを繰り返している。
わがままと言われようと、ただ命に忠実に向き合ってきた加島。番組では人生の晩年をどう生きるか、今もあがき続ける90歳の日々を見つめる。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソン ニューフォトフォーラム2013 

Dscn0010

『エプソン ニューフォトフォーラム2013』がハービスHALL 大ホールにて開催されます。先着400名にはA3ノビのプリントサービスが提供されるとあって開場前にすでに長蛇の列が出来上がっています。

年配の男性(じいさん)が殆ど(自分だけは違うと思っている自分も含め?)です。時間と金があるのでしょう(自分を除く。特に後者)。カメラ女子の台頭が叫ばれていますが今日の会場を見る限りは羊頭狗肉であります。

午前の目玉のひとつであるニコンカレッジ特別セミナー「写真作品に仕上げる為のプリントを意識した撮影術」に参加。写真家 岩田 賢彦氏が講師です。

岩田氏からは『心で撮る』ことの大切を教えて頂きました。

まず目を瞑って想像してみてくださいと言われました。目の前に一本の赤いバラがあります。ひとりは楽しい気持ちで撮る、もうひとりは悲しい気持ちで撮る。それぞれの撮ったバラはどんなバラだったでしょうか、というクエスチョンです。両者が同じバラをイメージした人は居らず前者は明るいバラ、後者は暗く寂しいバラが脳裏に浮かびます。このように写真を撮る前にどんな風に撮るかを人は決めている、即ちこういう風に撮るんだと云う心を置き直したものがその人の写真であり作品であるというものです。

なるほど。。。

後段はカメラの設定に関するものでした。屋外は晴天、屋内はオート。RAWプラスJPEGで撮る。ISOは低感度に拘るな。露出は適正で(マイナスに振らない)。基本はニュートラル、やってもスタンダード、ヴィヴィッドは論外。これは写真コンテストの審査員も務める氏が目が痛くなる程最近の作品は色鮮やかなことからの経験則です。 

そんな話を聞いて入江泰吉氏の言葉をふと思い出しました。奈良の風景をこよなく愛した氏が写真技術やフィルムの技術進歩で苦労したのが古代から続く奈良の色を再現することでした。その中で辿り着いた境地が『色を殺す』ことだったのです。

奈良の素敵はきらびやかなそれでなく和の落ち着きある色の構成であることを知ります。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月17日 (木)

第7回 にしきた音楽祭

Dscn0037

兵庫県立芸術文化センター阪急中ホールにて『LALALAミュージシャンコンテスト’13』の決戦が行われました。2度の予選会を勝ち抜いてきた精鋭たちです。

審査員の方達のアーティストを傷つけまいとする大人のコメントに少し、それじゃ彼ら彼女らの為にならないと感じていると、中盤頃から辛口の本音の言葉が出始めます。ギターの音が折角の艶ある声を消してしまっている、歌詞には伝えたいことがうまく載っていない等々、それは僕が感じたそのままでありました。そして『が』の発音の『a』の音が耳障りなどは素人の僕には分からないことまで指摘がありました。レコード会社の方の耳はそこまで聴いているのです。

突出した一押しの方は居ませんでした。その中でもFlower marketさんの「つなぐ」が優勝候補と思いましたが3位でありました。2位はLIKALIFEさんの「約束」。そして優勝は高校三年生の佐野仁美さん「With You」でした。

佐野さんは受賞の喜びを泣きじゃくりながら一生懸命に伝えてくれました。会場はこれで一気に佐野さんファンの集まりに変身。最後に受賞曲をちゃんと歌ってくれました。

http://www.youtube.com/watch?v=rJ55KyOSHOQ

Dscn0009 Dscn0013
Dscn0011 Dscn0018

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

グランフロント大阪

Dscf0414

2013年4月26日に開業した『グランフロント大阪』。買い物と云えばカメラとバイク関連ですと一生懸命になるのですが他には殆ど興味のない僕です。新しい大型商業施設といえども人混みの集積地と感じるだけでした。でも今日は天空の花園の帰り道、ちょっぴり寄り道することにしました。

でも入口からすぐに後悔。余りにも多くの人達にフロアーを上下することも無く一番奥までいってそのまま戻って本日の探訪終了。花たちとは楽しい時間を過ごすことが出来たのにこちらには降参でありました。

Dscf0387 Dscf0388
Dscf0401 Dscf0402
Dscf0412 Dscf0415
Dscf0417 Dscf0421
Dscf0428 Dscf0398
Dscf0420 Dscf0429_2

(FUJIFILM X20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フラワーアートミュージアム2013 

Dscn0125

『フラワーアートミュージアム2013』が大阪ステーションシティ5階 『時空(とき)の広場』で開催中(2013年10月11日~10月24日)です。

7色40種類、2万ポットの花たちがJR大阪駅の天空を覆い尽くします

Dscn0129 Dscn0138
Dscf0250 Dscn0134
Dscn0132 Dscf0271
Dscf0274 Dscf0284
Dscf0296 Dscf0314
Dscf0321 Dscf0329
Dscn0155 Dscn0164
Dscn0166 Dscn0168
Dscn0176 Dscn0184
Dscf0341 Dscn0190
Dscf0346 Dscn0197
Dscf0357 Dscf0358
Dscf0366 Dscn0201
Dscf0376 Dscf0384

(FUJIFILM X20、NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラヴィマーナ神戸 

Fscn0119 

スーツでバシッと決めたスタッフのお姉さんがバイクで乗り着ける僕を微笑んで迎えてくれます。

http://www.worldbridal.co.jp/ravimana/gallery/

真白のクラッシックカーとのコラボをDSCも楽しんでいました。

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸港

Fscn0118 

神戸へ向かう途中、コスモSSで給油。係りの方が「これからどちらへ?」と聞かれるので「ちょっと海を見に・・・」なんて鳥肌が立つようなこんな気障なセリフもサラリと言える厚かましさを具える御年となってきました。

久々にKADOYAの革ジャンに袖を通します。手袋もメッシュからクシタニの革仕様に替えてきました。少し暑いかなとも思いましたが、走っているときは丁度気持ち良い感じでありました。

【本日のコース】 西宮→43→六甲大橋→六甲アイランド→フェリーターミナル→神戸国際大学→六甲大橋→ハーバーハイウェイ(自動二輪無料)→神戸大橋→ポートアイランド→神戸空港→ラヴィマーナ神戸→計算科学研究機構(京)→ポーアイしおさい公園(神戸夙川学院大学・兵庫医療大学・神戸学院大学)→神戸大橋→ハーバーハイウェイ→43→西宮

しおさい公園でメリケンをバックにDSCをカメラに納めていると、「カッコいいバイクだ~。あんなバイクに乗りた~い」という子供の声が聞こえてきました。よっしゃ、ここはライダーのお兄さん!が少年の夢を叶えてあげましょう。少年は照れていましたがお母さんのデジカメにその勇姿を納めて貰いました。これで未来のライダーをひとりゲット。青年となった暁にはツーリングマップルを買って欲しいと思います(笑)。

Dscn0058 Dscn0064
Dscn0068 Dscn0075
Dscn0076 Dscn0086
Dscn0100 Dscn0103
Dscn0110 Fscn0116
Fscn0117 Fscn0120

(FUJIFILM X20、NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月13日 (日)

ツーリングマップル

Dsc_1355 

先日行った『シワガラの滝』。この素敵な滝が僕が持っていたツーリングマップル(TM)に載っていなかった(最新版には掲載済)ので昭文社さんに教えてあげようと思います、などとブログに偉そうに書いていました。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2013/09/post-3161.html

有言実行、TMの巻末にあるメルアドに素敵な滝をPR。そうしましたらすぐに昭文社さんからご返事を頂戴しました。

そして一緒にTMをライダーの為に良くしていきませんかと僕にとってこの上なき幸せなお誘いを頂戴しました。嬉しくて嬉しくてもう飛び上がらんばかりの極上ヒレ肉定食キャベツお替り自由です(もう何を言っているか自分でも分かりません)。

そして今日、最新版TMとグッズが届けられました。ハッピーセットです。さぁ~、頑張るぞ~♪

(NIKON D7000)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

荒牧バラ公園 

Dsc_1286 

荒牧バラ公園は春と秋の2回、その素敵な姿を魅せてくれます。HPで満開とあったこの3連休の中日に行ってきました。春の素敵を知っている人にとっては物足りなさを感じることとなったと思います。

それでも一人一人と向き合うと時間はあっという間に過ぎていきました。

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋色に染まる・・・

Dsc_0515 

ディスプレイの彼女たちは一足早く季節を運んできてくれます。秋色に日本列島が染まっていきます。

Dsc_0512 Dsc_0513

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

寅さん 

Dsc_0389 

グッドバイ。あっという間にこの世から去ってしまった寅さん。日本のこころを映画の中にたくさん感じます。笑いの中にある哀しさ。それを知るには年齢を重ねる必要があります。

旅先の鄙びた旅館の一室で小さいテレビに映し出される馴染みある四角い顔。ホッとする時間がそこにあります。

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都水族館 

Dsc_0166

JR京都駅の程近い場所に京都水族館はあります。この日の団体客は近隣の幼稚園児たち。イルカのパフォーマンスを観ることが出来る『イルカスタジアム』と名付けられた大水槽を前に園児たちは釘づけです。僕も一緒に観てみたい・・・ でも大人で水槽に張り付いている人はいません。ここはグッと我慢です。

Dsc_0024 Dsc_0046
Dsc_0039 Dsc_0042
Dsc_0103 Dsc_0207
Dsc_0239 Dsc_0302

(NIKON D7000)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

武庫川河川敷 ~コスモス~ 

Dscn0004

花はまだその気配すらありません。やっと芽が出てこれからという思春期にいます。背丈は20cmほど。まだ芽が出ていないエリアさえあります。

刈取りから逃れた去年の花がポツンとひとり、寂しそうに咲いていました。

昨年(2012年)満開のコスモスをここ武庫川河川敷で愛でたのは11月3日のことでした。

http://goodrider-bike.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-08e3.html#comments

コスモスの絨毯の様な圧巻の光景をこんなにもご近所で観ることが出来るのは幸せなことです。

Dscn0005 Dscn0009 

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博公園 ~風に吹かれて~ 

Dsc_0543

http://www.youtube.com/watch?v=pPGvI6unbSI

コスモスの花は少しの風でもからだ全体を揺らします。しなやかさ故であるのですが写真を撮る側からすると難儀でもあります。花を押さえて撮ることはしたくありません。風が止むのをファインダー越しにそっと待ちます

メインのカメラとなるD7000に着けるレンズはその日、最も多用するであろうレンズを選択します。今日はタムロン90のマクロを装着。D90には広角から望遠まですべてをカバーしてくれるタムロン18-270が相棒となっています。

下記写真たちはほぼ撮った順(Z並び)です。僕の心模様をなぞるように花たちの声を聞いてください。

気付くといつのまにか黒いジーパンは泥だらけ、坊主頭にはミツバチの様にコスモスの花粉が付いています。今日も花たちから勲章を頂戴したようです。

Dsc_0342 Dsc_0193
Dsc_0154 Dsc_0155
Dsc_0161 Dsc_0170
Dsc_0415 Dsc_0422
Dsc_0437 Dsc_0449
Dsc_0458 Dsc_0465
Dsc_0470 Dsc_0480
Dsc_0481 Dsc_0485
Dsc_0490 Dsc_0501
Dsc_0510 Dsc_0530
Dsc_0535 Dsc_0559
Dsc_0563 Dsc_0578
Dsc_0599 Dsc_0605
Dsc_0608 Dsc_0612
Dsc_0620 Dsc_0630
Dsc_0636 Dsc_0637
Dsc_0641 Dsc_0646
Dsc_0652 Dsc_0655
Dsc_0671 Dsc_0673
Dsc_0694 Dsc_0220
Dsc_0225 Dsc_0239
Dsc_0719 Dsc_0256
Dsc_0272 Dsc_0724
Dsc_0733 Dsc_0735
Dsc_0752 Dsc_0739
Dsc_0770 Dsc_0844

(NIKON D7000 & D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博記念公園 ~プレ コスモスフェスタ~

Dsc_0297 

http://www.youtube.com/watch?v=xHnDiCxPEa0

来週10月12日(土)から万博公園でコスモスフェスタが開催されます。3日時点では5分咲きとHPで案内されていました。ちょっと早いかもしれませんが遅いよりも良いだろうとDSCと一緒に行ってきました。

開園とほぼ同時に入ります。中央駐車場は入口側が20%程埋まっているだけでしたが昼過ぎに帰るころには満車となっていました。太陽の塔に挨拶してから上津道を西に花の丘を一直線で目指します。

コスモスは枯れている花も殆どなく見頃の入り口にあるようでした。たくさんのカメラマンが来ていました。自分もそうなので変なことを云う様ですが写真にばかり気を取られて目の前の素敵を十分に楽しんでいないのでは?と感じます。

コスモス畑の中に可愛い妖精を見つけました。コスモスたちも素敵な妖精との饗宴を楽しんでいる様でした。

Dsc_0324 Dsc_0822
Dsc_0830 Dsc_0294
Dsc_0295 Dsc_0349
Dsc_0814 Dsc_0835
Dsc_0266 Dsc_0260

(NIKON D7000 & D90)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

西宮酒ぐらルネサンスと食フェア 

Dscn0396 

今日と明日、『西宮酒ぐらルネサンスと食フェア』が西宮神社を始め市内8ヵ所で開催されています。バイクで行った僕はお酒を飲めません。『酒蔵通り』は18時から20時半まで『光の宴』と銘打ちライトアップされるようです。

みやたん(西宮の観光キャラクター)を発見。本物との出会いにちょっぴり興奮気味の僕でした。

Dscn0375 Dscn0378
Dscn0382 Dscn0385
Dscn0390 Dscn0386

(NIKON COOLPIX S8200)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しい茸園 有馬富士 

Dscn0263 

楽しみにしていた奈良県は吉野の山奥にある『しもきたやま きなりの郷』への一泊旅行。

途中、不動七重(ななえ)の滝に立寄り、その関西随一と云われる勇姿を間近に観たいと思っていました。でも雨による落石が怖い場所でもあります。以前行ったときは途中の橋が大雨により崩壊、知恵の輪のようにグニャッと曲がり渡ることが出来ずに途中で引き返しています。

天気予報で下北山村は雨模様。前日までギリギリ粘っていましたが仕方ありません。夜に宿に電話の上、泣く泣くじゃらんwebよりキャンセルの手続きをしました。

予約していた部屋のタイプは『平成の森Cタイプバンガロー】。料金は格安の2,500円、しかも温泉券付(600円分)です。これはバイク乗り限定のライダープランだからの料金で雨でも車での利用はNGです。

雨で仕方なくキャンセルしましたが、今朝起きてカーテンを開けると雨は降っておらず時折薄くですが日も射してきます。ウリャ~と変な雄叫びを上げざるを得ません。

ここは気分を一新し楽しい何かをしなければなりません。そこで食欲の秋に相応しく『栗ひろい』&『しい茸狩り』&『バーベキュー』の豪華3点セットを満喫できる『しい茸園 有馬富士』さんへと行ってみることにしました。お天気が心配でしたが雨はずっと降らずにいてくれました。

http://www.arima-fuji.com/

Dscn0266 Dscn0282
Dscn0295 Dscn0303
Dscn0341 Dscn0337

帰りには有馬温泉にちょっと寄り道です。太閤橋の袂にある『吉高屋』さん。ここのお土産はいつも懐かしいものたちで一杯です。見ているだけでほっこりします。

http://www.yoshitakaya.com/

Dscn0365 Dscn0366

(NIKON COOLPIX S8200)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »