« シワガラの滝  | トップページ | 西宮酒ぐらルネサンスと食フェア  »

2013年10月 5日 (土)

しい茸園 有馬富士 

Dscn0263 

楽しみにしていた奈良県は吉野の山奥にある『しもきたやま きなりの郷』への一泊旅行。

途中、不動七重(ななえ)の滝に立寄り、その関西随一と云われる勇姿を間近に観たいと思っていました。でも雨による落石が怖い場所でもあります。以前行ったときは途中の橋が大雨により崩壊、知恵の輪のようにグニャッと曲がり渡ることが出来ずに途中で引き返しています。

天気予報で下北山村は雨模様。前日までギリギリ粘っていましたが仕方ありません。夜に宿に電話の上、泣く泣くじゃらんwebよりキャンセルの手続きをしました。

予約していた部屋のタイプは『平成の森Cタイプバンガロー】。料金は格安の2,500円、しかも温泉券付(600円分)です。これはバイク乗り限定のライダープランだからの料金で雨でも車での利用はNGです。

雨で仕方なくキャンセルしましたが、今朝起きてカーテンを開けると雨は降っておらず時折薄くですが日も射してきます。ウリャ~と変な雄叫びを上げざるを得ません。

ここは気分を一新し楽しい何かをしなければなりません。そこで食欲の秋に相応しく『栗ひろい』&『しい茸狩り』&『バーベキュー』の豪華3点セットを満喫できる『しい茸園 有馬富士』さんへと行ってみることにしました。お天気が心配でしたが雨はずっと降らずにいてくれました。

http://www.arima-fuji.com/

Dscn0266 Dscn0282
Dscn0295 Dscn0303
Dscn0341 Dscn0337

帰りには有馬温泉にちょっと寄り道です。太閤橋の袂にある『吉高屋』さん。ここのお土産はいつも懐かしいものたちで一杯です。見ているだけでほっこりします。

http://www.yoshitakaya.com/

Dscn0365 Dscn0366

(NIKON COOLPIX S8200)

 

 

|

« シワガラの滝  | トップページ | 西宮酒ぐらルネサンスと食フェア  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/58326366

この記事へのトラックバック一覧です: しい茸園 有馬富士 :

« シワガラの滝  | トップページ | 西宮酒ぐらルネサンスと食フェア  »