« おはらい町 & おかげ横丁  | トップページ | 秋色に染まる ~明日香村~  »

2013年11月17日 (日)

2日目の伊勢 

Dscf1052 

横山展望台からは英虞湾の素敵が一望できます。伊勢に来たならここだけは是非立寄って欲しい場所です。この日は雲の隙間から太陽の日差しが注ぎ込んで神々しい景色を見せてくれました。

その後、浜島の「海ほおずき」に立寄ります。以前2度ほど立寄っていますがいつも休業日と重なっていました。中に入るもどうやらここは子供向けの磯遊びが出来る施設のようです。大人の僕はチョット見で引揚げです。

フィットを海沿いに走らせていくとビン玉が高く積まれていました。地元の方がこの辺りは「ビン玉ロード」となっていて夜は灯りが点いてとても綺麗だと教えてくれました。積まれたビン玉は遠洋漁業で親交のあった気仙沼の人達の協力で出来上がったもので「絆の灯」と名付けられ三陸の復興を願うものでありました。

磯笛崎展望台で「つばす(魚偏に翼)の鐘」を鳴らします。つばすは鰤(ぶり)の稚魚の幼名で縁起の良い出世魚と言われています。鐘を鳴らして祈ると出世と幸運をもたらしてくれます。

鐘の横にはあっぱ貝の絵馬が沢山ありました。道を挟んだ反対側のペンションで100円/枚で購入できます。雨で願い事が流されてしまって何を書いているのか分かりません。きっと願いの叶ったものから神様が消していくんだと思います。

十月桜の咲く「ないぜしぜん村 里の駅」で小さいけど甘いミカンをゲット。ミカン狩りも出来るようです。籠からはみ出す程ミカンを取ってきた家族が店の人からダメだしをされていました。

県道12号線の入り口に戻りテント市場でさんま寿司を買って腹ごしらえ。和太鼓の演奏もありました。

そしていよいよ12号線へと入っていきます。ちょっと不安になる様な佇まい。新しい道はこのドキドキ感が堪りません。少し行くと猿たちが悠然と歩いています。畑の真ん中ではおじいさんがお尻を出して野糞をしています。この田舎の感じが素晴らしいです。

剣峠(別名椿峠)に辿り着きます。小次郎池と名付けられた小さな池がありました。佐々木小次郎が山犬を切った刀をこの池で洗ったと伝えられています。野口雨情の石碑もポツンとありました。しばし峠から望む風景に見惚れていました。

五十鈴川沿いに進んでいきます。車を何度となく止めて水のせせらぎと森の素敵をたくさんたくさん感じます

途中驚くことに自転車に乗った中学生くらいの男の子4人組とすれ違いました。ちょっと冒険をしたかったのだと思いますが想像以上の道程に言い出した子が仲間から責められていると勝手に想像します。

12号線の終点はなんと内宮の駐車場でした。これにはびっくり。しかもそこは大型バスがトランプを切る様に僕の目の前で左右から雪崩れ込んでいます。その上まったく動きません。最悪の処に飛び込んでしまったようです。結局駐車場内で20分ほど足止めを食らうこととなりました。

帰路、亀山IC先で渋滞情報があり名阪国道を使いました。以前この選択が最悪の結果に繋がったことが脳裏を掠めます。途中パトカーがいて周りの車が面白い程突然にみんな優等生になります。パトカーが居なくなると途端に案の定状態です。この日の結果は幸いにして良好なものとなり家まで順調に帰ることが出来ました。

Dscf0694 Dscf0701
Dscf0720 Dscf0756
Dscf0759 Dscf0769
Dscf0775 Dscf0783
Dscf0789 Dscf0805
Dscf0813 Dscf0837
Dscf0852 Dscf0868
Dscf0885 Dscf0889
Dscf0892 Dscf0918
Dscf0922 Dscf0952_2
Dscf0974_2 Dscf0990_2

|

« おはらい町 & おかげ横丁  | トップページ | 秋色に染まる ~明日香村~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/58594400

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目の伊勢 :

« おはらい町 & おかげ横丁  | トップページ | 秋色に染まる ~明日香村~  »