« クリスマスの夜  | トップページ | 夜の橋杭岩  »

2013年12月28日 (土)

年末トラブル? 

Dscn0026

(上掲写真は通行止めとなっている大台ケ原入口にて)

串本の田原海岸という場所で『海霧』を見ることが出来ると素敵な映像と共にTVで紹介されていました。すぐにその場所に自分が居たいと感じました。冬季の寒い日の条件が揃った日だけに見ることが出来る自然現象です。

折角、紀伊半島最南端に行くなら泊りならではの夜と朝の橋杭岩も見たい。そうなると2泊3日のプランとなります。バイク(DSC)での今年最後の締め括りツーリングにするつもりでした。

しかし山越えをして行かなければなりません。前日まで天気予報とにらめっこ。雪、みぞれの予報、しかも寒波が襲来しているとの由。かと言って往復海沿いとはしたくありません。散々悩んだ末に万一の際にはチェーンで対応できるフィットで行くことにしました。

Dscn0023 Dscn0029 Dscn0032 Dscn0035 Dscn0041 Dscn0042 Dscn0061 Dscn0078

この選択は結果的に大正解となりました。途中まではこれだったらDSCで来られたのにと半分後悔をしていたのですが、大迫ダムを過ぎる頃から雪が気になり出し大台ケ原入口付近では立ち往生している車が3台、チェーンを装着することも頭を過ぎる状況でした。DSCでしたら走行不可能でありました。当然ながらすれ違うバイクは一台も無し。西原に差し掛かる頃から路面の雪の心配は無くなりましたが昼食を頂いた下北山では再び吹雪いてきたので急いで海に出るべく出発しました。

熊野灘に面する鬼ヶ城では雪とは無縁の世界が広がっていました。年末トラベルが年末トラブルとならなかったことにホッとしました

Dsc_0006 Dsc_0021 Dsc_0050 Dsc_0094 Dsc_0096 Dsc_0102 Dsc_0133 Dsc_0165 Dsc_0183 Dsc_0196

【旅の行程】

1日目  西宮→2→8→阪奈道路→1→24→京奈和自動車道→橿原神宮(169の渋滞回避)→169→道の駅「吉野路大淀センター」→222→169→東熊野街道→大迫ダム→大台ケ原入口→西原→道の駅「吉野路上北山」→下北山スポーツ公園(昼食)→309→42→鬼ヶ城→獅子岩→花窟神社→道の駅「パーク七里御浜」→道の駅「紀宝町ウミガメ公園」→新宮→那智勝浦新宮道路→那智→橋杭岩→民宿はし杭(夕食)

2日目 民宿はし杭→橋杭岩→喫茶海里(朝食)→42→40→コスモSS→くしもと大橋→金山展望台→樫野埼灯台→海金剛→くしもと大橋→41→潮岬(昼食)→馬坂園地→42→371→道の駅「一枚岩」→371→38→すさみ古座線→43→滝の拝→43→38→牡丹岩→227→虫喰岩→42→国民宿舎あらふねリゾート→(貸出自転車:荒船海岸→田原海岸)→国民宿舎あらふねリゾート(夕食)

3日目 国民宿舎あらふねリゾート(朝食)→42→弘法の湯→橋杭岩→双島→熊野街道(大辺路)→日本童謡の園→江須崎→道の駅「イノブータンランドすさみ」→道の駅「志原海岸」(昼食)→道の駅「椿はなの湯」→42→郵便橋→31→天神崎→南紀田辺IC→阪和自動車道→泉佐野JCT→関西空港自動車道→りんくうJCT→阪神湾岸線→西宮浜→西宮

|

« クリスマスの夜  | トップページ | 夜の橋杭岩  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/58848386

この記事へのトラックバック一覧です: 年末トラブル? :

« クリスマスの夜  | トップページ | 夜の橋杭岩  »