« 芦屋 | トップページ | 国東半島 ~昭和の町~  »

2014年5月 3日 (土)

国東(くにさき)半島 ~フェリーさんふらわあ~ 

Dscn0080


『昭和の町』がある豊後高田市(大分)に行きたくてGW後半の初日、僕はフェリーの人となり大阪港を出発しました。

【旅のコース】 大阪南港コスモフェリーターミナル(ATCのりば、18:20乗船手続き・18:30乗船、18:40風呂、19:05夕食・19:55出航)→フェリー内レストラン(6:30朝食)→別府観光港(7:35着港・8:05下船)→10→日向街道→豊前街道→岩崎→213→日本一の仁王像(9:00)→昭和の町(9:15-11:10)→真玉海岸(11:30)→粟島公園(11:45)→長崎鼻(12:00)→道の駅くにみ(12:40昼食)→富来(13:25)→弥生のムラ遺跡公園(13:40)→29→行入ダム(14:00)→両子寺(14:15-14:50)→31→49→杵築(15:35-15:50)→213→10→別府観光港(16:30着・16:40乗船手続き・17:15乗船・17:25風呂・17:45夕食・19:05出航)→大阪南港コスモフェリーターミナル(6:30着港・6:50下船)

幸せの総走行距離 215km 

大阪南港のATC乗り場へ海遊館を経由し咲洲トンネルを利用しました。ETCも利用できない不便な処でポケットに100円を忍ばせておきましたが去年秋より土日は無料となっていました。小さな幸せ。

でも不安もありました。DSCのエンジンがストンと落ちる現状が発生。しかも港に着く前に3度も。信号で止まろうとするとエンジンがストップしてしまいます。すぐにセルを回しても唸るだけで掛かってくれません。しばらく時間を置くと機嫌を直してくれます。旅の途中でJAFを呼ばなければならない状況には遭遇したくありません。計画がご破算になってしまう可能性を孕みながら港へと向かいます。

フェリーは通常時期は1時間前、繁忙期は2時間前に乗船手続きを行うようリクエストがあります。ネット予約すると乗船名簿がそのまま出力できるので便利です。行き帰りとも1時間半程前に乗り場に到着。GW真っ只中でしたが然したる混雑も無く手続き完了。バイクの場合は乗船してからサッと船室に行けるように荷物を切り分けしておくことが肝要です。

本日寝る自分のスペースを確認し荷物をベットに置いてすぐに風呂へと直行します。芋の子状態になる前に、また風呂の水が汚くなる前に入るのがお勧めです。

あとは目的地に着くまでのんびり&ゆっくりと船旅を楽しみます。時折デッキに出ては海風と遊びます。揺れは殆どありませんでしたがベットに横になると余計にエンジンの微振動が感じられます。中々寝付けず枕元の灯りをつけては現地での行程をシュミレーションします。

僕のセレクトしたプランは0泊3日の『バイク弾丸フェリープラン』。ツーリスト(雑魚寝仕様)はしんどいので一つ上のツーリストベッドで申込み。

http://www.ferry-sunflower.co.jp/fs-topics/detail/20120801e.html

カーテン一枚あるだけですが格段と快適性はアップします。ただ今回は往復とも上段でしたのでハシゴを使うことになりました。まだまだノープロブレムです。

別府には予定より少し前の7時35分に到着しました。ただバイクは混雑ゆえ安全確保の観点から乗用車が降り終った後の下船となりました。8時5分に別府に上陸となりました。さぁ、国東半島の旅の始まり始まり~♪

Dscn0006 Dscn0007
Dscn0010 Dscn0054
Dscn0012 Dscn0063
Dscn0110 Dscn0130
Dscn0143 Dscn0150
Dscn0165 Dscn0181

|

« 芦屋 | トップページ | 国東半島 ~昭和の町~  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/59585435

この記事へのトラックバック一覧です: 国東(くにさき)半島 ~フェリーさんふらわあ~ :

« 芦屋 | トップページ | 国東半島 ~昭和の町~  »