« アナと雪の女王  | トップページ | 源泉かけ流し  »

2014年6月21日 (土)

十津川村 

Dsc_0408

(上掲写真 今宵の宿 『山水』の前庭より川向うの山を望む)

日本で一番大きい村 『十津川村』。総面積では奈良県の5分の1を占め、村の98%が山林で覆われています。村へのアクセスは相当に悪く、度々主要道が崖崩れにより通行止めになったりします。この旅でもあちこちで道路工事が行われていました。

今でもそんな感じです。車の無い時代は正に人の往来を拒絶する僻地でありました。それゆえに独立独歩の精神が育まれました。十津川郷士、胆力ある孤高の士を輩出し明治維新の際には少なからず日本を動かす力となりました。

http://totsukawa.info/

土日は生憎の雨模様です。当日はギリギリまでバイクで行くか車で行くか悩みました。出発直前まで天気予報と睨めっこ、時折強い雨があるとのことでフィットを相棒にすることとしました。

DSCで行くものと思ってTMで描いていたアクセスは一旦リセットしてナビに任せて新しい道を楽しむことにしました。

そのお陰で御所香芝線(30)という素敵な道との出会いもありました。168(十津川街道)に入ってからはいつもの大好きな道ゆえリラックスして南下して行きます。小さな滝に急ブレーキしてバックで戻ると初めての脱輪を体験。左前輪を側溝に落としてしまいました。最初バックしようとしたのですが空回り。前進でピンチを切り抜けました。JAFを呼ばずに済んで一安心。下回りが気になり少し走った処で覗き込みますがどうやらセーフ。ふ~。

十津川村では「源泉かけ流し宣言」10周年を記念して6月一杯は温泉無料券(対象銭湯下記①~④)が配布(村内の宿、飲食店、商店を利用すると貰えます)されます。無料券が無くても100円で利用可能です。もちろんこの旅で全湯制覇してきました。

下の写真は『野猿』。今は観光用として誰でも利用することが出来ます。高い処が苦手の僕は見ているだけ、でありました。

Dscn0348 Dsc_0364

【旅のコース】  

(1日目)西宮→43→弁天町→阿倍野ハルカス→25→国豊橋北詰→165(長尾街道)→道の駅ふたかみパーク→當麻寺→30→261→本陣→168→道の駅吉野路大塔→168(十津川街道)→風屋ダム→道の駅十津川郷→滝の湯①→泉湯②→庵の湯③→野猿→静響の宿『山水』→果無(はてなし)集落→めん滝→宿(温泉三昧&夕食) 

(2日目)宿→玉置(たまき)神社→昴の郷(星の湯)④→425→出合橋(吊り橋)→大野出合のビーナス(顔面石)→瀬野の滝→谷瀬のつり橋→168→往きと逆順→西宮

|

« アナと雪の女王  | トップページ | 源泉かけ流し  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/59859471

この記事へのトラックバック一覧です: 十津川村 :

« アナと雪の女王  | トップページ | 源泉かけ流し  »