« 青森ねぶた祭 | トップページ | 神戸市立森林植物園 ~森の中のあじさい散策~ »

2014年6月28日 (土)

大山崎山荘美術館 ~野口哲哉の武者分類図鑑~ 

Dscn0204 

武者分類と書いて『むしゃぶるい』と読ませます。そこには野口哲哉の世界が広がっていました。

http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/syosai40/

中学の学園祭で『擬古展』なるものを開催しました。古(いにしえ)の物を擬して展示するのです。なかなか出し物の決まらない1年生の僕たちを見かねた担任の先生からの提案でした。

僕はトイレットペーパーを泥で汚して古文書を作ったり、カッパの目玉を梅干しの種で作ったと記憶しています。

そんな自分の世界を野口氏は大人になっても本格的に、そして思いっ切り自分勝手に創り上げています。氏自身の言葉を借りれば『でっちあげ』。

シャネル侍には思わず商標権の心配をしてしまいました。ちょっと良いです、野口哲哉。

先日、DSCで来たもののバイク置き場に困って門前で引き返した悲しき思い出の地です。大阪まで所用で出た序でにJRで山崎まで足を伸ばしました。

美術館そのものが素敵でありました。本館に隣接する地中館は安藤忠雄の設計です。建物を一歩出ると庭がまた素敵でした。くちなしの花の甘い香りにいつものようにフラフラとしてしまいます。

巨大な兎の像と格闘していると(もちろん構図上)雨がしっかりと降ってきました。折り畳みは持参して来ていますが差すのも面倒なので帰路を急ぎます。出口のトンネルを出ると駅までのシャトルバス(無料)がちょうど来たところで乗り込みました。JRで一旦停車の後、阪急の大山崎に向かいます。JRと阪急、予想外の近さにびっくりしました。

Dscn0014 Dscn0038
Dscn0047 Dscn0059
Dscn0074 Dscn0089
Dscn0096 Dscn0101
Dscn0113 Dscn0130
Dscn0125 Dscn0129
Dscn0142 Dscn0149
Dscn0161 Dscn0167
Dscn0178 Dscn0179
Dscn0193 Dscn0202
Dscn0215 Dscn0216

|

« 青森ねぶた祭 | トップページ | 神戸市立森林植物園 ~森の中のあじさい散策~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182480/59892024

この記事へのトラックバック一覧です: 大山崎山荘美術館 ~野口哲哉の武者分類図鑑~ :

« 青森ねぶた祭 | トップページ | 神戸市立森林植物園 ~森の中のあじさい散策~ »